誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    朝日連峰

朝日連峰

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「朝日連峰」のブログを一覧表示!「朝日連峰」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「朝日連峰」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「朝日連峰」の記事を新着順に表示しています。(3ページ目)

朝日連峰縦走 二日目 狐穴小屋〜大朝日〜鳥原山〜古寺鉱泉 朝日連峰大井沢〜天狗角力取山〜以東岳〜狐穴小屋泊〜大朝日岳〜鳥原山〜古寺鉱泉→大井沢一日目大井沢〜狐穴小屋はこちら二日目狐穴小屋4:40→寒江山5:30→竜門小屋6:20〜30→西朝日岳7:30→大朝日小屋8 ... » more
テーマ 自転車利用の登山 花の山 朝日連峰

祝瓶山(平成22年9月16日) 去年平成21年の紅葉の頃、長井の祝瓶山荘からの登山口まで車で下見に行こうといたが、対向車が多く諦めた。今年の9月の夏休みに満を持して小国の針生平から鈴振尾根を経て山頂を目指した。祝瓶山は長井葉山からの眺望がすばらしく、今年の早春にも雪に覆わ ... » more
テーマ 過去の山行 朝日連峰 登山

大木のシルエット(平成24年9月29日) 雲の下に尾根を縁取る大木がシルエットになって見える。日差しが雲の切れ間から急に差し込めてきたからだろうか。雲は湧くように浮かび上がり、天上に溶けていく。色づき出した稜線の灌木も日差しのおかげで輝き出した。大きく揺らぎ変わり出す山の天候と展望 ... » more
テーマ 朝日連峰 登山

消化不良のこころ(平成24年9月29日) 雨は随分前に上がっていたがガスと寒さの為に気がつかなかったが、下るにつれてからだが暖かくなったので、足をとめて雨具を脱ごうとした。すると秋晴れの空が後ろから追いかけて来ていた。大朝日岳山頂は真っ青なスクリーンに浮かび上がって見えた。しまった ... » more
テーマ 朝日連峰 登山

銀玉水をパスする(平成24年9月29日) 小朝日岳を越えるとまた急な下りになる。何度も歩いた道だが、ダケガンバが見事なことに今まで気がつかなかった。熊越を過ぎるとやっと登山者に何人かあった。早出して、もう山頂から下山して来たようだった。それでも登りの後ろ姿が見える頃にまた雨になった ... » more

ミストサウナ(平成24年9月29日) 鳥原山からは石畳を少し下る。展望はなかったがガスの中を歩くと真夏の時期とは違って裸でミストサウナに入っているような心地良さを感じた。風はあまりなかったがガスの粒子が頬に当たってひんやりするのだろうか。周囲の木を愛でる余裕も出て来た。小朝 ... » more
テーマ 朝日連峰 登山

鳥原山の湿原(平成24年9月29日) 鳥が上をみて横になったような山容から名づけられたのだろうか。鳥原山はなだらかな尾根が続く。トラバースの道なので展望もなく、雪山時期に来たように脇道に逸れるわけにもいかなかった。雨も降り出し雨具を着るとゴワゴワして歩きにくくなった。鳥原山 ... » more
テーマ 沼巡り 朝日連峰 登山

古寺鉱泉から鳥原山を目指す(平成24年9月29日) 自宅を出た頃には明るくなっていたから古寺鉱泉の駐車場に着いた時には10台くらいがもう停まっていた。秋山シーズンだが今日は天候も悪いので満車になってはいないのだろう。鉱泉前には二人が立ち話をしている姿が見えて頭を下げた。鳥原山は橋を渡らずにす ... » more

速報 朝日連峰の錦秋(平成24年10月13日) 夜明け頃の雨も上がり、秋晴れに恵まれた。いつもと同じ時間に目覚め、何とか8時前には歩き始めた。古寺鉱泉から古寺山を経由して4時間程で大朝日岳山頂に立った。西風が強く、岩陰に隠れて祝瓶山へとの稜線を初めて展望できた。帰りは鳥原山を経由してなん ... » more

葉山・中沢峰・御影森山・上倉山  2012.10.7 葉山山荘5:28→八形峰6:27〜34→御前御小屋平7:52〜8:03→中沢峰8:54〜9:04→だまし御影10:18〜24→御影森山11:23〜36→上倉山13:12〜21→古川家墓前14:29〜40→猿渡ダム入口駐車地15:03中沢 ... » more

朝日鉱泉から愛染峠経由葉山  2012.10.6 猿渡ダム入口8:08→朝日鉱泉8:14→愛染峠9:46〜10:05→追分(高玉コース分岐)12:04〜14→奥の院13:14〜19→葉山山荘13:31(泊)奥の院にて6月30日に、朝日鉱泉から御影森山・大朝日岳・中ツル尾根の周回をし ... » more

朝日鉱泉から愛染峠を経て葉山(平成22年10月14日) 朝日岳をいつどこから眺めるか。10月の昼下がり長井葉山から愛染峠への山道の紅く色づいた木々の向こうに朝日連峰は鋭角のいただきを誇らしげに私に見せつけた。四季を通して眺める朝日連峰はさまざまに色づき、望む場所の違いは絵画の額縁のように三角形の ... » more
テーマ 過去の山行 朝日連峰 登山

秋の以東岳2(平成22年10月7日) 秋の強風で泡滝ダム登山口までの林道が通行止めになり以東岳初登山を諦めかけていた頃、開通したとの情報を得、まだ暗いなかを車を飛ばし登山口に着く。大鳥小屋までは朝霧の向こうに朝日を浴びた山肌に見とれながらの快適な登りだったが、直進コースでは明ら ... » more
テーマ 過去の山行 朝日連峰 登山  コメント(2)

朝日連峰 報御&主稜線縦走 一日目 朝日連峰大井沢〜天狗角力取山〜以東岳〜狐穴小屋泊〜大朝日岳〜鳥原山〜古寺鉱泉→大井沢2012/08/04-05晴れ時々曇り一日目大井沢5:18→焼峰6:04→粟畑7:58→天狗小屋8:11〜26→天狗角力取山8:34 ... » more
テーマ 自転車利用の登山 花の山 朝日連峰

速報 古寺鉱泉から鳥原・小朝日・大朝日(平成24年9月29日) 古寺鉱泉を7時前に出発し畑場峰・鳥原山・小朝日岳・大朝日・古寺山・ハナヌキ分岐を経由して古寺鉱泉に4時30分過ぎに着いた。大朝日山頂ではガスと風のなか昼食をとって休んだが、その後日差しが出て来た。銀玉水を通る頃には秋晴れになった。しかし、そ ... » more

障子ヶ岳周遊(平成22年9月18日) 大井沢を朝日とともに登り始め、障子ヶ岳を望む頃にはガスも晴れて絶好の山行となった。なぜか山頂はブヨの大群が占領していた。お昼は天狗小屋でゆっくり昼寝。帰りの石段が苔むして滑りやすかったが、その後は駆けるように下山した。 ... » more
テーマ 過去の山行 朝日連峰 登山

日暮沢から周回(平成23年9月15日) 日暮沢小屋から清太岩山、竜門山を経由して西朝日岳、中岳、大朝日岳、小朝日岳、古寺山、ハナヌキ峰を登り竜門滝をみて日暮沢小屋に戻った。長距離となるため先日の日没下山の教訓から今の時期がタイムリミットと思い夜明け前の薄暗い頃から歩き出した。午前 ... » more
テーマ 過去の山行 朝日連峰 登山

鈴振尾根から祝瓶山(平成22年9月16日) 往路は秋雨と横殴りの風に悩まされ、祝瓶山の山頂はガスが濃く今にも雪が降りそうだった。風道を避けて昼食をとってから、復路は小国から朝日連峰への山道が眺められた。 ... » more
テーマ 過去の山行 朝日連峰 登山

総集編 中ツルから大朝日・平岩山・御影森山を周回(平成24年8月18日) 大朝日岳は私が登山を始めたばかりの頃に山頂を憧れた山だ。最初は古寺鉱泉から古寺山を経由してのピストンで登った。このコースは2年後に20歳年下の相棒と登った。古寺鉱泉からは鳥原山を登って、小朝日岳に登り銀玉水まで登ったところで雨のため古寺山を ... » more

出会いは永遠に(平成24年8月18日) 朝日鉱泉の駐車場に彼がいた。いつ戻ったのだろうか。聞いてみても今だよとしか答えなかった。新調した靴で靴ずれに悩まされたようだった。鳥原山から小屋までが長かったとのこと。私の方は一生懸命に歩いてやっと着きましたと答えた。雷のなか山頂を目指すパ ... » more
テーマ 朝日連峰 登山

鋭鋒を振り返る(平成24年8月18日) 雷が近づいて来るかと思うとゆっくり森を楽しむ分けにもいかず、日本一のクロベには寄れなかった。雨がすぐにやんでくれたので雨具を脱いでザックに入れた。最後の水場は道の脇にあったがもう冷たくはなかった。そこからは根の張り出したとても急な下り坂が続 ... » more
テーマ 朝日連峰 登山

御影森山から長井葉山(平成24年8月18日) 御影森山から長井葉山までは一度歩いてみたい道だ。2年前の秋に朝日鉱泉から林道を歩いて愛染峠まで行った。そこから静かな尾根を遠くの大朝日岳を望みながら長井葉山まで歩いた。その時はピストンだったが長井葉山から御影森山までコースタイムは6時間を越 ... » more
テーマ 朝日連峰 登山

命の水(平成24年8月18日) ペットボトルで天上から落ちる水を汲んで飲んだ。冷たくてとても美味しかった。この水が大沢峰の水場の水かは自信がないが、この時は銀玉水よりおいしいと思った。頭を冷やす程の場所はなかったが1Lくらいを詰めて、もう渇きの心配はなくなった。ふと脇に目 ... » more

山の水場(平成24年8月18日) 朝日連峰は美味しい水場が至る所にあることで有名だが、できれば火照った頭を冷たい湧水で生き返らせたい。銀玉水の清水も年によってその水量は異なる。大沢峰に水場まで100mの標識があった。水場を確認することは次回のためにも大切だ。左に曲がると ... » more
テーマ 朝日連峰 登山

縦走の気分(平成24年8月18日) 平岩山から御影森山山までは幾つもの尾根を登っては下る。一つの頂きを越えるまでは次の尾根はガスの中だった。辛くもあったが、この山行を選んだ理由もここにあった。単一峰では体験できない歩きがある。先月のぼった大日杉から飯豊本山よりも奥深い尾根歩き ... » more
テーマ 朝日連峰 登山

荒川源流を望む(平成24年8月18日) 平岩山を目指してガレ場を九十九折りに下った。ここからは未踏の尾根が続き私の胸は高鳴った。山の奥深く進めば、自分を自然の中に沈められるように思えた。袖朝日は霧の向こうにその山襞をのぞかせる。荒川源流の堰らしきものが望めた。そこに下るように尾根 ... » more
テーマ 朝日連峰 登山

ヤセ尾根の花々(平成24年8月18日) ダケカンバが見える頃には例によって展望も開けてきた。一瞬、ガスの切れ間から大朝日岳の山頂も見えた。ヤセ尾根を歩くが日差しがそう強くはないから背中を焼かれることもない。でも、やはり風が吹かず蒸し風呂は麓から同じだ。踏み跡の土から藪の方に細長い ... » more
テーマ 白色の花 朝日連峰 登山

足慣らしで大朝日岳を登る彼(平成24年8月18日) 出合を過ぎいよいよ直登を開始する頃に先ほどの彼に追い付かれた。やはり健脚だった。なにせこの中ツル尾根を足慣らしの場だと言いきった。秋には北アルプスに登る予定だと言う。山形の山にはまだあまり登っていないそうだ。お先にどうぞと道を譲ったが遠慮さ ... » more
テーマ 朝日連峰 登山

水分3リットルは十分か(平成24年8月18日) kiyoshiさんからのアドバイスである水分はザックに3リットルをいれたので安心していたが、歩きだして一時間もすると喉が渇いた。まったくの無風状態の中を歩くと沢沿いの道もむっとしてしまう。湿度も高いのだろう。朝日が登ったのもわからずどんより ... » more

朝日鉱泉までの暗い林道(平成24年8月18日) ブログ仲間のkiyoshiさんからのアドバイスは10時間はかかるだろうということと水を十分に用意することだった。猛暑の期間に10時間の山行には夜明け前の出発が必須だ。ぶな峠から朝日鉱泉への林道を入ろうとすると宮宿からの車のヘッドライトに気付 ... » more

 

最終更新日: 2018/09/17 18:38

「朝日連峰」ブログのユーザランキング

HITOIKI Blog 1 位.
HITOIKI Blog

テーマのトップに戻る