誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    6922差動ラインアンプ

6922差動ラインアンプ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 6922差動ラインアンプ
テーマ「6922差動ラインアンプ」のブログを一覧表示!「6922差動ラインアンプ」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1    次のページ
Y氏より6DJ8差動ライン・プリアンプにおいてElectro-Harmonixの6922のみ高周波発振?してDCが出力される、というので真空管を借り受けた。 私もY氏とほぼ同じ回路の差動.. » more

6922差動ラインアンプの歪率特性を測定してみた。 出力電圧の範囲は、オーディオインターフェースの最小入力電圧から0.07V、またオシレータの最大出力から12Vとした。 結果は以下の通り。.. » more

製作当初からツマミがフロントパネルから浮いているのが気になっていたので交換してみた。最初のツマミはシャフトが深く入らない、薄いタイプで、フロントパネルを2重構造にしないと浮いてしまう。ロータリーSWや.. » more

6922差動ラインアンプが完成した。基板が完成していたから、配線をつないでいくことが主で、シールド線の処理が面倒だったくらい。フロント・リアパネルが外れるので作業が非常にやりやすかった。パネルの文字入.. » more

やっと全部の部品がついた。RCAピンジャックはソケットレンチとモンキースパナで固定しているが、アースラグが一緒に回ってしまうので非常に締めづらい。皆さんはどうしているのだろうか?ちなみにタカチのケース.. » more

暑いので遅々として進まない。やっと4つの基板が出来上がったところ。 ヒーター・-C基板は、テストでは-6.22Vの出力、リプルはミリボルの測定限界以下。LM337Tの発熱が多く、大きめの.. » more

毎日暑い日が続くねえ。こう暑いと作業をやる気がおきない。前回からほとんど進んでないけど、途中経過を少々。 部品を並べて配置を決定。こんな感じになる。部品の干渉ないかな?まだわからない。写真では底.. » more

本日は真空管取り付け用金具の加工。アルミ板を金ノコで切断し、MT9P用の穴と金具取り付け用の穴を開けただけ。 その後、秋葉原へパーツを買い出しに行ってきた。今回の買い物は、CR類がメイン.. » more

タカチのWSシリーズは、フロントパネルとリアパネルに1.2t位のアルミが使用されている。これくらいだったら、手回しドリルとヤスリで加工できる。 下の写真は、それぞれのパネルの加工が終わったところ.. » more

昨日に続いてデザイン検討と回路設計。 デザインはこんなかんじになる。タカチのケースに合うデザインのツマミはないかなあ? 回路設計は、あちこちからパクってきたのでこんな感じになった。まだ.. » more

唐突ではあるが、ラインアンプを作ることになった。リビング用にもう1台、ラインアンプが欲しいと思ったからだ。 ラインアンプの構想は、利得が2~3倍でバスブーストがあるもの。入力は2系統、出.. » more

 
前のページ    1    次のページ

テーマのトップに戻る