誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    山崎豊子

山崎豊子

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 山崎豊子
テーマ「山崎豊子」のブログを一覧表示!「山崎豊子」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4    次のページ
山崎豊子の秘書を長く務めた著者が、山崎豊子の思い出と、各作品において山崎豊子と一緒に資料を収集した時の思い出を綴っている本であり、興味深い。 山崎豊子の執筆に対する姿勢、秘書に接する態度、その他、日.. » more
テーマ 山崎豊子

この頃、山崎豊子の長編を読んでいるが、この本も全4巻である。題材は外務省機密漏洩事件である。ご承知のように沖縄返還時のアメリカとの交渉の中で、密約があり、それを掴んだ新聞記者とその情報を漏らした外務省.. » more
テーマ 山崎豊子

これを読み終わったことで、山崎豊子の戦争関連三部作を読み終えたことになる。 「大地の子」http://mirakudokuraku.at.webry.info/201510/article_3.ht.. » more
テーマ 山崎豊子

山崎豊子の大阪商人ものの一冊である。これで直木賞を受賞している。この小説は戦前に大阪において、寄席、演芸場の経営で財をなした女性を主人公にした小説である。吉本興業の創業者がモデルと言われている。 頼.. » more
テーマ 山崎豊子

戦前の大阪商人の生き様を描いている。主人公は母からもらったわずかなお金を持って、淡路島から大阪に渡る。頼るべき所も不明となり、行きくれている所で、昆布問屋の隠居に拾われる。そこで丁稚から奉公する。 .. » more
テーマ 山崎豊子

表題の作品も含めて、山崎豊子の短編集である。他に「晴着」、「へんねし」、「醜男」が納められている。 ムッシュ・クラタとは、山崎豊子が新聞社時代に出会った記者の逸話を、学生時代、会社時代、パリ特派員時.. » more
テーマ 山崎豊子

一度は読みたいと思っていた不毛地帯を読んだ。文庫で全5冊の長編である。山崎豊子の言によると、シベリア抑留におけるシベリアの「雪の不毛地帯」、商社マンとなって砂漠において石油を発掘する事業を支えるが、そ.. » more
テーマ 山崎豊子

山崎豊子はセンセーショナルな話題を取り上げているように感じられるが、そうではなく、彼女が小説の題材に取り上げたことで世間が認識して、その結果、世間の話題になるということだったと思う。実に偉い作家である.. » more
テーマ 山崎豊子

山崎豊子全集に所載されている「大地の子」を読む。上下2冊である。文庫だと4冊に分かれている。山崎豊子の小説はどれも長編であるが、長編を一気に読ませる筆力は凄い。この小説の場合は、戦争直後の満州開拓団の.. » more
テーマ 山崎豊子

大地の子(四)
とうとう最終巻。 何だか読み終わってしまうのが寂しいなあ。 『大地の子(四)』 山崎豊子 (文春文庫) 思い返せば最初の頃は、人名や地名の中国語読みに辟易としていたんだった。 北京.. » more
テーマ 山崎豊子

大地の子(三)
いよいよ一心が日本の地を踏む! 『大地の子(三)』 山崎豊子 (文春文庫) 宝華製鉄建設の準備が進む中、日本への工程考察ミッションのメンバーとして、一心は日本へ行くことになった。 最.. » more
テーマ 山崎豊子

大地の子(二)
(一)では、苛められ蔑まれ暴力を振るわれ、牛馬のごとく働かされている一心を、うるうるしながら震える気持ちで見ていた。 寒さと飢えと痛みが、読んでいるこちらまで伝わってくるようだった。 しかし、.. » more
テーマ 山崎豊子

 
前のページ    1  2  3  4    次のページ

テーマのトップに戻る