誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    下北半島

下北半島

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 写真・カメラ
テーマ「下北半島」のブログを一覧表示!「下北半島」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4    次のページ
2008年8月31日  恐山には何度かいっている。最初は郡山に住んでいたとき。それがイタコ日向恵子の恐山デヴューの時だった。それからしばらく続けていっていた。京都.. » more
テーマ 下北半島

 下北半島の横浜は最近ますます好きな場所になっている。これは今年の9月17日の写真。六ヶ所村から横浜に行く道があって、山道だろうとは思ったが、入るとやはりあまり整備されていない道だった。ゆっくり走.. » more
テーマ 下北半島

 青森県東通村村境のお人形様(正式な呼び方不知)。原発で知られる東通村だが、このお人形様はもちろん村の外に向いて立っている。外とは六ヶ所村。(核燃料)再処理工場よりは原発のほうがましという思いが暗.. » more
テーマ 下北半島

 もう一週間以上経ってしまった。尻屋崎に行ったのは9月17日のこと。21日からは写真展《草木国土悉皆成仏》がはじまり、22, 23日は、花巻の宮沢賢治研究会に行き、そして今日はもう25日の未明。写.. » more
テーマ 下北半島

 弘前を出たのが2時半を周っているくらいだったので、むつ市に着いた時はもう夜になっていた。旅館はいつものところ。  朝早い目に出て、とりあえず恐山に行く。恐山は、岡本太郎が的確に取り出しているよ.. » more
テーマ 下北半島

 16日、津軽の授業が終った後、下北へ行った。久しぶりに尻屋崎に行きたくなったというのがその理由。だが今年はもっと大きな反省があった。津軽の授業で一体なにを学生に学ばせようとしているのか、という問.. » more
テーマ 下北半島

 前日は疲れていたので弘前でそのまま泊った。起きるとだいぶ疲れは取れていた。当初から念頭にあったように恐山に行くことにした。最近行っていない恐山大祭のようすをうかがうこと。もし31日に弘前で長野隆.. » more
テーマ 下北半島

前回の「大間崎へ、下北西部要塞地帯への旅 前編」からの続き。  牛滝を発ったのは午前十時に近かった。これから五里(二十キロ)、佐井まで、津軽海峡に沿った旅が始まる。仏ヶ浦へは断崖絶壁続き.. » more
テーマ 下北半島

今回は少々長いので、前後編に分けて掲載。  尻屋崎の旅では死ぬほどひどい目に遭ったはずなのに、なぜか私には下北を恋うる気持ちが消えなかった。昭和十七年の春、突然、徴用が解除になって東京へ.. » more
テーマ 下北半島

文中に「腹が減って死にそうだ」とあり、なおかつタイトルの「飢餓」とは、たかが一日のことなのに、あまりにも大袈裟ではないかと思うのは飽食の今を生きる現代人の感覚であり、当時の食糧事情を鑑みれば仕方な.. » more
テーマ 下北半島

下北半島(19)~八戸駅東口
恐山からむつ市内へ戻り地元のスーパーへ寄りました。 そこのスーパーでびっくりしたのがリンゴ売り場なんですよ。 8種類ほどのリンゴが並べられているのですが、その全てが試食出来るようになっていました。.. » more
テーマ 下北半島

下北半島(18)~恐山極楽浜と宇曽利山湖
地獄と呼ばれる岩場を過ぎ”血の池地獄”や”三角堂”の先は平らな河原になっています。 そう、犀の河原なんですよ。{%!?webry%} あちこちに小石が積み上げられています。.. » more
テーマ 下北半島

 
前のページ    1  2  3  4    次のページ

テーマのトップに戻る