誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ヘルマン・ヘッセ

ヘルマン・ヘッセ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「ヘルマン・ヘッセ」のブログを一覧表示!「ヘルマン・ヘッセ」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「ヘルマン・ヘッセ」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「ヘルマン・ヘッセ」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

《夕暮の階調/上高野》 ヘルマン・ヘッセに『木々』(Bäume, insel Taschenbuch)という本がある。著作の中から木々について考察した文章と木々が重要な役割を負っている詩とを選んでまとめたものだ。 ... » more
テーマ 夕暮の階調 ヘルマン・ヘッセ 写真

“孤独について” 〜今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます〜 『孤独』【Wekipedia より】孤独とは、他の人々との接触・関係・連絡がない状態を一般に指す。となっていますが、後述で、これは何も深山 ... » more

《ヘッセの詩:「眠りにつこうとして」》(Beim Schlafengehen) Beim SchlafengehenHermann HesseNun der Tag mich müd gemacht,Soll mein sehnliches VerlangenFreundlic ... » more
テーマ シュトラウス ヘルマン・ヘッセ ニーチェ・なう

今日同志社の春学期の期末の試験をして、これで前期の授業は終り。ドイツ語応用2、3の授業はこれで終わりになるので、授業でその学生たちと会うのも今日が最後だ。毎回疲れたが、今日の試験の学生のできは素晴らしかった。応用2ではヘッセの"Bei ... » more

《浅川マキの「少年」》 きのう、浅川マキの「少年」が、なぜか心に浮かんできた。いろんなことがからまっているんだろう。ひとつはその二日前にみた日没。愛宕山へ沈んでゆく陽をずっと見ていたこと。またその次の16日に授業で学生たちに見せた「嘆きの天使」のビデオ。そして ... » more

「ヘルマン・ヘッセ 空の旅」 そして近しいものすべてが遠ざかった エッセイ「ヘルマン・ヘッセ空の旅」1994年ドイツヘルマン・ヘッセ著フォルカー・ミヒェルス編天沼春樹訳株式会社ゼスト1999年4月10日初版発行2013年6月1日読了本書はヘルマン・ヘッセ「空の旅」(1994年)の全訳である。「 ... » more

「欲望」は、肥大化し続けて。。。 先程、母に依頼されゴミ出しに行って来た。去年は例外的に「大晦日」にも回収があったのだが、やはり普段より量は多い。回収時間までには、まだまだ増え続ける事だろう。ゴミの数は、「人間」の欲望に比例しているのではないだろうか?「 ... » more

夏だけでなく青春の逃げ足もまた速い こんにちはことりです。8月に入った日の天声人語にヘルマン・ヘッセの『青春は美(うる)わし』が取り上げられていた。「夏休みに故郷に帰った青年が両親や弟妹とひと夏を過ごす。昔恋した少女に再 ... » more

「少年の日の思い出 ヘッセ青春小説集」 美しい別れ 小説(短編集)「少年の日の思い出ヘッセ青春小説集」ドイツヘルマン・ヘッセ著岡田朝雄訳草思社2010年12月28日第1刷発行2011年5月3日(火)読了短編集。全4編収録。いかにもヘルマン・ヘッセらしいノスタルジックでセンチメ ... » more

小説「荒野の狼」1927年ドイツヘルマン・ヘッセ著手塚富雄訳集英社世界文学全集第20巻(トーマス・マンヘッセカロッサ)1966年7月28日発行2011年3月6日(日)読了再読。といっても前に読んだのは高校生のころだったから、かれ ... » more

完璧な卵「車輪の下で」
小説「車輪の下で」1906年ドイツヘルマン・へッセ著松永美穂訳光文社古典新訳文庫2007年12月20日初版第1刷発行2010年1月1日(金)読了読書時間150分エーリヒ・ケストナーの「飛ぶ教室」を読んだらなんだかヘルマン・へッセ ... » more

「へルマン・ヘッセ昆虫展〜少年の日の思い出」〜2 「へルマン・ヘッセ昆虫展〜少年の日の思い出」 詳報 掲載文は、「ヘルマン・ヘッセ蝶」(岡田朝雄訳)からの引用1.マダガスカルの蛾(ニシキオオツバメガ)……おまえ、やさしい客よ。心を奪う異国のものよ!冬の夕べ、色彩の夢で ... » more

「へルマン・ヘッセ昆虫展〜少年の日の思い出」〜1 ドイツの文豪へルマン・ヘッセが昆虫少年だったことは広く知られている。ヘッセの著作の中に、自然、とりわけ蝶や蛾とのふれあいの様子がふんだんに散りばめられていることからも分かる。うれしいことに、ヘッセの作品や昆虫標本などを紹介する「 ... » more

ヘルマン・ヘッセと蝶 ヘッセの多くの著作の中から、蝶と蛾を主題にした散文9編と、詩11編を集めた「ヘルマン・ヘッセ・蝶」(編:フォルカー・ミヒェルス、訳:岡田朝雄、朝日出版社刊)と題する翻訳本が手元にある。そこに納められた散文「幼い日の思い出」(私の幼年 ... » more

『ガラス球遊戯(上)』(著・ヘルマン・ヘッセ 訳・井出賁夫 角川文庫)題材はガラス球遊戯という架空(多分)の芸術。ヘルマン・ヘッセって作家は『車輪の下』が有名なもので、俺もそれをちょうど小学六年の終わりに読んだわけで ... » more
テーマ 井出賁夫 文学 ヘルマン・ヘッセ

 

最終更新日: 2019/01/12 04:46

テーマのトップに戻る