誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    鉄のお話

鉄のお話

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 鉄のお話
テーマ「鉄のお話」のブログを一覧表示!「鉄のお話」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2    次のページ
構造材としての鉄 その二
アメリカはその後、1970年代にソビエト連邦、 1980年代に日本に、粗鋼生産量で抜かれます。 鉄の消費量の多い国、生産量の多い国こそが、 近代国家であると考えられた時代でした。 鋼鉄.. » more
テーマ 鉄のお話

構造材としての鉄 その一
19世紀の後半まで、製鉄技術はイギリスが 圧倒的にリードしていました。 それは、産業革命の延長線上の技術であり、 銑鉄(鋳鉄)の技術が主で、ベッセマー転炉などの 鋼鉄技術の萌芽期でもありま.. » more
テーマ 鉄のお話

鋼材価格の今後 その二
「銑鋼一貫製鉄所 その六」でお話したように、 希望的判断として、鉄需要は、2050年ころには 収斂しそうです。 開発途上国でインフラ整備がひと段落し、 後進国における人口増加も横ばいに転じ.. » more
テーマ 鉄のお話

鋼材価格の今後 その一
鉄の価格が、この半世紀の間、低価格に抑えてこられた理由を、 「銑鋼一貫製鉄所」の恩恵として説明してきました。 さて、製鉄産業後進国である韓国、中国、インドの粗鋼生産量は、 日本の技術援助もあ.. » more
テーマ 鉄のお話

鉄の価格
わたしが社会人になった頃、 つまり大阪万博のあった年、 八幡製鉄と富士製鉄が合併して 新日本製鉄が誕生しました。 当時、鋼材価格は、大雑把に トン当たり五万円でした。 大卒初任給が.. » more
テーマ 鉄のお話

鉄という素材
私たちの生活を支えている素材の中で、 金属は大きな役割を担っています。 その金属の中で、生産量や用途からみて、 鉄は、まさに「金属の王」にふさわしい存在です。 プラスティックが生活を席.. » more
テーマ 鉄のお話

ふいご祭り
昭和40年ころまで、当社にも火造り場がありました。 工具に焼きを入れたり、クランクシャフトを鍛えたりしていました。 毎年11月8日になると、火造り場の火を落として、 しめ縄を張り、ふいごの横.. » more
テーマ 鉄のお話

鍛冶屋
鋳物師(いもじ)と並んで金工の基本とされるのが、鍛冶屋です。 日本古来の倭(やまと)鍛冶は、やはり奥出雲に端を発するようですが、 古代に朝鮮半島から新技法をもって渡来した韓(から)鍛冶職人が .. » more
テーマ 鉄のお話

鋳物師
鋳物師と書いて、「いもじ」と読みます。 鋳物職人のことです。 滋賀県栗東市の辻は、江戸時代、鋳物業が盛んで、 鍋釜の一大産地でした。 鋳物生産には良質な鋳物砂が必要ですが、 辻村の近くを.. » more
テーマ 鉄のお話

「いど抜き」は河童のこと?
製鉄マニュアルなどなかった当時、たたら場は 製鉄ノウハウを得ようとするスパイで溢れていました。 裸の背に甲羅(極秘技術を盗むための小道具)を背負って 笠をかぶり、小柄な人夫風に化けたスパイは.. » more
テーマ 鉄のお話

「たたら」の謂れ
日本古来の製鉄法、「たたら」の語源を探ります。 古事記に登場する絶世の美人、 富登多々良伊須々岐比売命(ほとたたらいすずきひめのみこと)は、 神武天皇の妃であったとされています。 燃え.. » more
テーマ 鉄のお話

かんな流し
良質の山砂鉄を産する奥出雲地方は、日本で最初に製鉄が行われた地で、 その製鉄法は 「たたら」と呼ばれています。 たたら製鉄は、砂鉄と木炭を用い、粘土でつくった使い捨ての炉で、 砂鉄から一挙に.. » more
テーマ 鉄のお話

 
前のページ    1  2    次のページ

テーマのトップに戻る