誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    3A5トリプルプッシュプルアンプ

3A5トリプルプッシュプルアンプ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 3A5トリプルプッシュプルアンプ
テーマ「3A5トリプルプッシュプルアンプ」のブログを一覧表示!「3A5トリプルプッシュプルアンプ」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3    次のページ
3A5トリプルプッシュプルアンプを解体した。他のアンプと聴き比べるとどうしても聴き劣りする。3A5に対しOPTケースの高さがありすぎて気に入らない。 駄作はやはりあるもので、聴かなくなったア.. » more

先日のミニオフ会で低域の歪率が悪かった3A5トリプルプッシュプルアンプなのだが、オーディオアナライザVP-7721Aで測定後に再調整してみた。 調整は100Hz 0.1Wの歪率を見ながら、DCバ.. » more

3A5はフィラメントを並列にし、1.4V0.22Aとしている。それを3本並列にしているため、1本のフィラメントが切れると供給電圧が上がってしまう。 電池管のフィラメント断線はうっかり過電圧を.. » more

三土会でデモ
2015年4月18日(土)に三土会で3A5トリプルプッシュプルアンプを出品させて頂いた。 会場はいつもとちがう万世橋区民会館の6F洋室。天井は石膏ボード、床はPタイル、左側は窓にカー.. » more

発端は3A5パラシングルアンプにさかのぼる。この真空管を使ったアンプはとても良い音がする。数ヶ月前にA2級に改造したが、それでも出力は350mW。ではトリプルプッシュプルにしたら3倍の1050mW.. » more

NFBをかけることにし、裸特性が良いので軽く3dBだけにした。NFB抵抗は2.7KΩとなった。 諸特性を上記に示す。周波数特性の高域は-3dB点が120KHz~140KHzとなった。DF.. » more

電源関係の事前チェックが済んでいるので、簡単にアンプ部基板まわりの配線チェックをした後に真空管を挿し、電源投入。どかーん!? カソード電圧と+B電圧をまず確認。+Bは134Vの設計に対し132V.. » more

3A5トリプルプッシュプルアンプの配線の続きをやる。 電源回路の平ラグを取り付けようとしたら、LED回路の立ラグと平ラグが干渉する。 立ラグの取り回し変更で回避。 電.. » more

3A5トリプルプッシュプルアンプの配線を進める。 ソケット周りの配線が気になり、先に全てのピンの配線を済ませた。配線がトグロを巻いてしまったが、発振やノイズとか大丈夫かな? 真空管ソケッ.. » more

塗装が乾いたようなので組立を開始した。 外装部品を取り付けおわったところ。シャーシ左上の、リューターで溶接跡を削ったところがすこし波打ってしまっている。もっとちゃんと下地処理をしなければ.. » more

加工の終わったシャーシは、塗装の前に溶接の跡や罫書き線を消すためにペーパーで水研ぎするが、その前にフト思い立ってリューターでその跡を消してみた。 保護用ビニールを剥がし、表側のバリ取りをした後で.. » more

3A5トリプルプッシュプルアンプはロッカースイッチにネオンランプが仕込まれているので、電源オン状態がわかる。 でも3A5はフィラメントの点灯状態を全く確認できないので、3A5パラシングルアンプで.. » more

 
前のページ    1  2  3    次のページ

テーマのトップに戻る