誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    皇室と論語

皇室と論語

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 皇室と論語
テーマ「皇室と論語」のブログを一覧表示!「皇室と論語」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3    次のページ
 本稿は日本の至宝である皇室の伝統が、『論語』という、「賢者の石」ならぬ、言わば「賢者の杖」に支えられて、これまでの困難にして高尚な長い道のりを歩んできたことを明らかにしてきました。國體はこの賢者の杖.. » more
テーマ 皇室と論語

 「からごころ」による大嘗祭の考察は、要するに、これを創始し、伝統として保持してきた人々の中に、「からごころ」に引かれ、天子の大祭である「郊社」「禘嘗」の祭を誠実に執り行うことによって、.. » more
テーマ 皇室と論語

 ここまで紹介した、神道および皇室祭祀に精通しておられる諸氏の説はそれぞれ強い説得力があります。まさに「心、誠に之を求むれば、中らずと雖も遠からず」(『詩経』『大学』)と言ったところでしょう。しかし、.. » more
テーマ 皇室と論語

大嘗祭という、この広大にして神秘的な儀式の歴史・伝統を山に譬えるなら、日本というものを表象する山である富士山がもっともふさわしい。その秀麗にして神秘的な姿は山頂部のみで成立しているわけではなく、その.. » more
テーマ 皇室と論語

 令和の御代で第百二十六代を数える歴代天皇の事跡は六国史を中心とする各史書に明らかです。皇室の本質を知るうえで最も重要なのは『日本書紀』と最古の史書『古事記』ですが、これらの書にあって皇祖皇宗の事跡は.. » more
テーマ 皇室と論語

 『かのやうに』の主人公五條秀麿の父の精神上の教養は、その世代にとって一般的であった、朱子の註によって『論語』の講釈を聴いたぐらいのものであったという設定になっています。それは当時一般に行われていた慣.. » more
テーマ 皇室と論語

 かつて、西尾幹二氏が、日本の文明観、國體を次のように語っていました。  〔日本人は天皇を超える神を必要としている。  日本の文化は二重性があって、神仏信仰で、神と仏の両方があった。天皇を超え.. » more
テーマ 皇室と論語

 大東亜解放の大義に殉じた英霊は靖国神社に祀られていますが、ここは本来、幕末維新以来の国難に殉じた英霊たちが祀られている場所です。  故に反日勢力が目の敵にしている場所で、参拝を遠慮したことを痛恨の.. » more
テーマ 皇室と論語

 ここからは大東亜戦争における日本軍の闘いを鳥瞰しての、直観的な話になります。  筆者は大東亜戦争における日本人の闘いに、西郷隆盛を中心に見た王政復古討幕運動と西南戦争、さらにさかのぼって、討幕に成.. » more
テーマ 皇室と論語

 西欧流文明国の体裁を整えるという政治的課題に応えるために制定された大日本帝国憲法を発布し、これを補う目的で教育勅語を下賜した日本は、明治二十七年八月、宗主国として朝鮮半島に対する支配を強めようとする.. » more
テーマ 皇室と論語

 維新精神の本来的回復運動の内、まずは大日本帝国憲法の制定作業を見ていきます。  国会開設の詔により、その基礎となる憲法が欽定により制定されることが決定すると、大久保の後継者としての地位を固めつつあ.. » more
テーマ 皇室と論語

 「維新」という言葉は、詩経にある「周は旧邦なりと雖も、その命は維(こ)れ新たなり」に由来していて、革命とは異なります。あくまでも王朝政治の復古を表しますが、古色蒼然たるままの復古ということではありま.. » more
テーマ 皇室と論語

 
前のページ    1  2  3    次のページ

テーマのトップに戻る