誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    絢爛豪華な歴史絵巻

絢爛豪華な歴史絵巻

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 絢爛豪華な歴史絵巻
テーマ「絢爛豪華な歴史絵巻」のブログを一覧表示!「絢爛豪華な歴史絵巻」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2    次のページ
いやぁ、えらい勢いで読了しちゃいましたよ!とにかく、面白かった!古川日出男さん、異本・異説というのかな、そういうの上手ですねぇ。とても惹き込まれました!〈正本とされる平家物語〉とは別の物語が繰り広げら.. » more

今回も、重厚で緻密な展開、読者を魅了する外連味を持ちながら確固たる歴史を描く宇月原清明さんに、してやられました・・・。殺生関白と呼ばれた豊臣秀次の真実、遠くヨーロッパから発生し彼に至るイエズス会の異端.. » more

私、宇月原晴明さんの作品、根性がないと読めないのですよ(笑)。でも、大好きなんです。幻想と退廃と史実と理想と露悪と・・・・さまざまなものが入り混じり、一つの物語を作り上げるその緻密さ、絢爛豪華で華々し.. » more

時は戦国。武田家隆盛期から衰退期までの裏側で、太古から諏訪の地にいる〈兇神〉を操り天下を取らんと画策するもの、〈兇神〉を下される巫女、戦乱のさなかにも己が一族の地所を守らんと心を砕くもの、様々な人々の.. » more

重かったわぁ・・・・。緻密でねぇ・・・。歴史の知識もあんまりなくて・・・。こういうとき、無教養であることを大変悔いますね(^_^;)。ただ、「みやこ」というものは、場所もそうだけど「人とその思いを含む.. » more

今までも、美しい矜持や、ほほえましい事件、壮大な歴史など、様々な舞台で物語を繰り広げてくれた、森谷明子さん。今回も、「物語」を操り、深山とそこに棲む人々を守る、複雑に織り上げられた世界を見せてくれまし.. » more

壬申の乱前夜、そして乱に続く天皇家継承の悲劇を描いた、王朝ロマンである。梨木香歩さんの作品は、ソコソコ読んでますが、珍しい傾向の作品だと思います。でも、どこかほかの作品ともつながるような・・・不思議な.. » more

塩野七生さんは、久しぶりですねぇ。卒業旅行に、イタリアへ行ったとき(かなり昔)、「ルネッサンス絵3部作」を予習として読んで以来、一時期結構塩野さんの作品は読んでたんですが、『ローマ人の物語』の壮大さに.. » more

『グロテスク』で、人の心の闇にひそむ悪意と狂気を鮮やかに描きだした、桐野夏生さん。あの妄執はすごかったなぁ。 本作『女神記』(じょしんき)も、激しく猛り狂う怨みと怒りの描写が、とてつもない迫力でした.. » more

桜庭さんの『桜庭一樹読書日記』で、桜庭さんがお勧めしてた作品です。なるほど~ですね。室町幕府末期、老名医師(推定100歳前後)が解く謎の数々。斬新な歴史解釈が、なかなか目覚ましかったです。 本作『砂.. » more

『テンペスト~若夏の巻~』上・『テンペスト~花風の巻~』下で、壮大な呪術的歴史ロマン物語を繰り広げ、水無月・Rの度肝を抜いてくれた池上永一さん。 今作は、温暖化が進んだ近未来の、とある時代の終焉と新.. » more

 『テンペスト』上・若夏の巻に続いて、『テンペスト』下・花風の巻です。 絢爛豪華な歴史絵巻ですなぁ・・・。落日の輝きのいや増す、琉球王朝。男装の麗人が駆け抜ける政治舞台。美と教養の自尊心で、外交を行.. » more

 
前のページ    1  2    次のページ

テーマのトップに戻る