誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    フォーム-ハイバック

フォーム-ハイバック

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: フォーム-ハイバック
テーマ「フォーム-ハイバック」のブログを一覧表示!「フォーム-ハイバック」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2    次のページ
体のしなりを伝え、 腕を振らずに飛ばすのが前提。 その打ち方を実現するためには、 インパクトポイントと体が(左右に)離れていては 力が伝わらない。 なるべく左右は体の近く、かつ前後は.. » more

1.体の収縮とみぞおちの平行移動 一旦ヒジをたたんでから、みぞおちの平行移動を意識して 胸を開いて体の力を伝える。  2.インパクトの意識 サーブ前ハーフ処理をクロスにもっていくように、 .. » more

真後ろに向かって胸を張る動作自体は正解だが、 それだけでは足りない。 出した上体部分を引き戻す動作までやることで威力が出る。 ドライブでもクロスでも一緒。 » more

最後の一歩を出している最中(空中ね)の 利き手側の腕の付け根と逆手側の足の付け根の距離を縮め、 その力を回転ではなく真後ろへ伝える。 この体を縮めた時に腹斜筋に力を貯めるようなイメージかな。.. » more

ハイバックでの体幹の使い方
利き手と逆側の腹筋(腹斜筋)に一瞬力を貯めて、 伸ばした瞬間に力を伝える。 メディシンボール投げで感覚は掴める。 腹斜筋を伸ばした力は、 胸を真後ろ方向に持っていくことで 正しくシャトル.. » more

背を向けた状態でのバックハンドショット (ドライブ、クリアー) では、体を後ろから前に向かって回転させると 体幹の力を使えない。 後ろに向けて胸を張り(胸を後ろに向かって開く感じ)、 体.. » more

ハイバックの体の利かせ方
スマッシュでは肘の高さを固定して 背筋をきかせることで 体が入るのが理想。 ハイバックはこれの逆で 肘の高さを固定して 腹筋を利かせた結果、 肩甲骨と腕が勝手にスウィングの形を取る、 .. » more

肩甲骨の回転軸と 体の回転軸を合わせて使うのではなく、 肩甲骨を中心とした回転は 上から下(というか後ろから前?)にして 回転半径を小さくしてやることで ヘッドスピードが上がる。 (力は変.. » more

引く動作を手先だけで行うのではなくて、 肩甲骨を開く動き、 肘を引く動き、 手首を引く動きの全てが必要になる。 出来る状況ならもちろん体重移動もすべき。 » more

ハイバックも引きつけて打つ
前で前で(ネット方向)とろうという意識が強すぎて、 ハイバックを打つときに手打ちになっている。 もっと充分引きつけてから打つことで 上半身全体の力を伝えられる。 ハイバックのスマッシュ.. » more

スマッシュと逆方向の動きになる。 利き手側の腰をネット側に入れると同時に、 逆側の腰をバックバウンダリーライン側に入れ、 その次に肩を一瞬「グッ」と入れる。 » more

ハイバックの腕の振りだし
肩甲骨を入れて、 肘は上に居向かってひじ打ちするように、 手首は裏拳で当てて引くようなイメージで弾く。 肘部分はあまり意識出来ていないかも… もう一回見直してみよう。 もちろん、この.. » more

 
前のページ    1  2    次のページ

テーマのトップに戻る