誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon.co.jp 商品検索

ブログ商品ポータル

話題のモノの評判が、ブログを通じて見えてくる! それが「ブログ商品ポータル」です。

ブログ商品ポータルは、商品がブログでどれだけ取り上げられているかを調べることができるトレンドサイトです。

連城三紀彦”でブログの記事とアイテム情報を探す

連城三紀彦 のことをもっと良く知りたいなら、商品に言及したブログを探してみましょう。

  • Amazon.co.jp では 連城三紀彦 に関する商品が 173 件 見つかりました。
  • 楽天市場 では 連城三紀彦 に関する商品が 940 件 見つかりました。
  • 連城三紀彦 に関連する商品に言及しているブログ記事が少なくとも 9 件 以上あります。

ブログ商品ポータル は、ブログで取り上げられた商品の情報を収集・分析するトレンド情報サイトです。

連城三紀彦 の関連商品に言及したブログ記事を探します。

戻り川心中 (光文社文庫)
(ASIN: 4334740006)
著者 : 連城 三紀彦
レーベル : 光文社
ブログ記事 : 3 件

 亡くなったのをきっかけに読み始めるのもいい加減やめたほうがいいとは言うものの、追いかけ切れないほどの作家がこの世にいる限りそうなることもむべなるかな。連城三紀彦氏の傑作短編。 たしか、話題になった『 ... (続きを読む)
夾竹桃日記太宰治と小説「戻り川心中」
06/16 08:04 ブログ : 夾竹桃日記
太宰治が1948年(昭和23年)6月13日、玉川上水で山崎富栄と心中し、その遺体が発見されたのは、太宰の誕生日である6月19日でした。この日は桜桃忌とし太宰ファンが墓所を訪れるようになっています太宰治 ... (続きを読む)

戻り川心中連城三紀彦花にまつわる人間模様を描いた短編ミステリ集。それぞれの物語が落ち着いた調子で語られるのだが、急展開で真相が明らかとなる流れが秀逸。人の心を文学的タッチで語る著者特有の世界観が、物語 ... (続きを読む)

» もっと見る : 3 件 戻り川心中 (光文社文庫) / ブログ商品ポータル

変調二人羽織 (光文社文庫)
(ASIN: 4334747140)
著者 : 連城 三紀彦
レーベル : 光文社
ブログ記事 : 2 件

『暗色コメディ』を読んでいたらたびたび変調二人羽織の名が出てきたので…。どの短編も意欲的でとても面白い!「メビウスの環」はシナリオを研究していたという著者にふさわしく心理劇の舞台を見ているようでした。 ... (続きを読む)
 そうか、「幻影城」出身だったんだな、と思い出す。  この実質上の処女短編集では、まだ「戻り川心中」などの〈当たり〉を掴む前の、ややトンガッたミステリー書きである連城三紀彦が読める。 何が、どう、トン ... (続きを読む)


» もっと見る : 2 件 変調二人羽織 (光文社文庫) / ブログ商品ポータル

夜よ鼠たちのために (宝島社文庫)
(ASIN: 4800231736)
著者 : 連城 三紀彦
レーベル : 宝島社
ブログ記事 : 1 件

蟲毒の歌声夜よ鼠たちのために
10/07 23:22 ブログ : 蟲毒の歌声
旅行三日目、日曜日。台風が近づいているため天気、帰りの飛行機が心配…美保神社を参拝し、長年の憧れ、水木しげるロードへ。ヤバイ、楽しすぎる…雨も止んで良い感じ。東京に帰るまで天気が持つといいなあ…米子空 ... (続きを読む)

» もっと見る : 1 件 夜よ鼠たちのために (宝島社文庫) / ブログ商品ポータル

人間動物園 (双葉文庫)
(ASIN: 4575510440)
著者 : 連城 三紀彦
レーベル : 双葉社
ブログ記事 : 1 件

人間動物園連城三紀彦著者が2002年、「白光」と同時発表した作品。大雪の日に東京の住宅街で起きた誘拐事件。犯人は被害者宅の隅々まで盗聴器を張り巡らしており、警察による捜査は難航。やがて一人の人物が主犯 ... (続きを読む)

» もっと見る : 1 件 人間動物園 (双葉文庫) / ブログ商品ポータル

白光 (光文社文庫)
(ASIN: 4334744648)
著者 : 連城 三紀彦
レーベル : 光文社
ブログ記事 : 1 件

白光連城三紀彦「こんなミステリが読みたかった。」と誰もが認めてしまうほど鮮やかに展開されていく、「サスペンスミステリの傑作」。平凡にみえる一家で起きた残忍な幼児殺害事件。真犯人がわからないまま少しずつ ... (続きを読む)

» もっと見る : 1 件 白光 (光文社文庫) / ブログ商品ポータル

恋文 (新潮文庫)
(ASIN: 4101405042)
著者 : 連城 三紀彦
レーベル : 新潮社
ブログ記事 : 1 件

時代背景が古いのですが、それ以外は全く古くなく… 人間の、男と女の、いつの時代も変わらぬ部分を描いているな、と思いました。 『恋文』 表題作です。 最初の数ページを読んだところで、 「あれ?この作者さ ... (続きを読む)

» もっと見る : 1 件 恋文 (新潮文庫) / ブログ商品ポータル


ログイン 「ログイン」をクリック