誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. IS〈インフィニット・ストラトス〉 8 (オーバーラップ文庫)

IS〈インフィニット・ストラトス〉 8 (オーバーラップ文庫) の商品情報

IS〈インフィニット・ストラトス〉 8 (オーバーラップ文庫)
IS〈インフィニット・ストラトス〉 8 (オーバーラップ文庫)を Amazon.co.jp で見る
IS〈インフィニット・ストラトス〉 8 (オーバーラップ文庫)
弓弦 イズル (著者)

CHOCO (イラスト)

レーベル : オーバーラップ
発売日 : 2013-04-24
ASIN : 4906866123

24 users

過去最高ランク:

26 位 (2013/05/04)

最近:

2013/06/24 105
2013/06/25 122
2013/06/26 147
2013/06/27 174
2013/06/28 198
2013/06/29 88
2013/06/30 112

ピーク時:

2013/05/01 33
2013/05/02 46
2013/05/03 56
2013/05/04 26
2013/05/05 39
2013/05/06 56
2013/05/07 70

この商品を取り上げているウェブリブログ

「織斑先生!急患です!」「解りました。」 カルテの整理を終えた、長い髪を後ろで纏めた若い医師が医局を出る。 名を、織斑一夏という。「20代男性。オートバイに乗っていましたが、酔っぱらった挙句に信号を無 ... (続きを読む)
楽しい筈の修学旅行は、亡国企業の襲撃で一変。一夏達専用機持ちは、皆を守れるでしょうか?束が開発したと思われる新型IS黒騎士。その性能に、エムは満足していました。救援要請で駆け付けた軍のIS部隊を、次々 ... (続きを読む)

「只今、戻りました。」 さすがに堪えたぜ。 リヨンとロンドンの、強行日程。 疲れたぜ。 ニルセン事務総長と五嶋国際部長の口添えで、協議はスムーズに進んだ。 インターポールは逮捕権こそない物の、世界各国 ... (続きを読む)
あるミュージカル女優は、言いました。男は、胃袋で掴めと。そして、とある少女の果敢な戦いと周囲の悲劇が始まります。とある日の食堂。いつもの面子が、揃っていました。そして、その前にいるのは簪。雰囲気は刺々 ... (続きを読む)

「くっ!強い。」 ディースの超高速震動ブレードを右の金鵄で受け止め、左の金鵄で斬りかかるが即座に防がれる。 ゴーレムならばとっくに決着はついているが、段違いの性能を持つディースに箒は苦戦していた。『ほ ... (続きを読む)
 明日か…。 俺は所有しているマンションで論文に目を通しながら、明日の事を考えている。 明日は、IS学園の日本での筆記試験が始まる。 無論警備体制は厳重にしているし、セキュリティも可能な限り万全にして ... (続きを読む)

一夏の前に現れた、エム。織斑マドカを名乗る、その少女の正体は?騒動は、これで終わるのでしょうか?襲われた一夏を救ったのはラウラでした。ここで戦いを長引かせるのは得策ではないと判断したエムは、撤退します ... (続きを読む)
「もう大丈夫ね。今日から、登校していいわよ。但し、トレーニングに関しては放課後からね。その後、もう一回診察をして明日からの事を決めましょう。」 聴診器を首に掛けながら、水田先生が今後の方針を俺に話す。 ... (続きを読む)

「そうですか。お友達の手助けを。」「私も、納得いたしました。」 ふう。やれやれだ。 俺は今、菫の家にいる。 冬菊と菫が、真理亜の手助けや、モデルのツーショットの件を知っていたからだ。 ああいう雑誌って ... (続きを読む)
 ん〜。何か、奇妙なことになってるな。 ていうか、俺は安保理に出席して、亡国企業の新型機動兵器と戦って、翌日の会議も終わったから、とっくに帰路についてるはずなんだが…。「一夏。リハーサルの時間だよ。」 ... (続きを読む)

「よし。これで終わり。」「すまんな。」 俺は、千冬姉の着物の着付けを、していた。 何しろ、着物の着付けは慣れていないと、大変だからな。 もうすぐ、初日の出。 おせちは出来上がってるし、雑煮の準備も完了 ... (続きを読む)
 今日は大晦日。 1年の終わりだ。 とにかく、いろいろありすぎた。 男としては、初めてIS学園に入学した生徒であり、その事で、セシリアと決闘をして、一時は険悪な状態になったが、その後、和解。 それから ... (続きを読む)

 静かだな。 もう、年末に差し掛かっているから、当たり前だけど。 だが、ちょうどいい。 この静寂の中が、最もこの土地の“気”を感じ取れる。 多くの修験者が訪れ、厳しい修行を積んだ、聖なる地。 そして、 ... (続きを読む)
「やっほー、いっくん。元気にしてたかな?」「まあ、元気ですけど。」 何しに来たんだ?この人。 それにしても、特殊作戦群の演習施設に来るなんて、何考えてるんだか。 後で問題になるとか、考えてるわけないか ... (続きを読む)

 よし。 これで、巴御前は大丈夫だな。 新型の兵装、改良型極高初速レールカノン「天狼」。 通常兵装も、これで憂いは無いな。 固定兵装は大丈夫かと思ったから、戦衣の改良をメインにしたけど、念のためにやっ ... (続きを読む)
 2学期も、今週で終わる。 24日からは、冬期休暇。 けど、俺の場合、それでのんびり休むという風には、いかない。 2学期になって、亡国企業の襲撃が多くなっている。 今の、セシリア達の腕なら問題ないだろ ... (続きを読む)

「最悪を、遥かに超えているわ…。それ以前に、織斑一夏は、本当に人間なの?」 報告書に目を通したスコールは、絶望的な気分になっていた。 更識家の本邸を、グレイが独断で襲撃したが、兵装だけを展開した一夏が ... (続きを読む)
「はあ。大した情報は、引き出せないか…。」 俺はため息をつきながら、報告書にサインをする。「溜息をつくと、幸せが逃げるわよ。一夏君。」 もう、とっくに、逃げまくってますよ。 毎日、毎日、死亡フラグが立 ... (続きを読む)

「インフィニット ストラトス」(弓弦イズル著)の1巻、2巻、8巻を購入巻が飛んでいるのは1巻、2巻は昔、別の出版社から出ていたものの出し直しで、8巻はその続きの新作だかららしい。3巻から7巻は8月まで ... (続きを読む)
 神奈川県鎌倉市にある、鶴岡八幡宮。 源氏が篤く信仰していた神社に、俺はいた。 より正確に言うと、俺ともう1人だ。「行きましょう。一夏君。」 楯無さんである。 俺はこれから、戦いに向かう。 良くは解ら ... (続きを読む)

 ふう。終わった、終わった。 最近になって、ブッフバルト先生のゲイルスクゲルの改修の依頼が、IS委員会からきて、俺はそれをやっていた。 ハイスペックだが、代償として稼働時間にかなり難がある。 シグルー ... (続きを読む)
「皆、聞いてほしい。詳しい事は話せないけど、今の白式は、怪物と言っていい性能を持つ、ISになっている。ひょっとしたら、俺は、破壊の権化になるかもしれない…。そうじゃないと、俺は思いたい。けど、解らない ... (続きを読む)

 ふう。終わった…。 こうして、何かしてないと、自分自身がどうにかなりそうな気がする…。 元はと言えば、自分が蒔いた種だけどな。 白式の改修後の、第四形態移行。 その結果の白式は、文字通り、怪物と言っ ... (続きを読む)
 う〜ん。 なんで、こうなったんだろう。 食堂で食事をする俺の周囲は、女子生徒ばかり。 それは変わらない。 だが、リボンの色は赤。 つまり、3年生の寮である。 「一夏君。登校しましょう。」「行くぞ。織 ... (続きを読む)


ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択

» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック