誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 誰も書かなかった「反日」地方紙の正体

誰も書かなかった「反日」地方紙の正体 の商品情報

誰も書かなかった「反日」地方紙の正体
誰も書かなかった「反日」地方紙の正体を Amazon.co.jp で見る
誰も書かなかった「反日」地方紙の正体

日下公人 (編集)

レーベル : 産経新聞出版
ASIN : 481911137X

18 users

過去最高ランク:

104 位 (2013/04/09)

最近:

2013/04/09 104
2013/04/10 131
2013/04/11 155
2013/04/12 185

ピーク時:

2013/04/09 104
2013/04/10 131
2013/04/11 155
2013/04/12 185

この商品を取り上げているウェブリブログ

 共同通信が偏向ニュース・社説を配信し、各県の独占的地方紙が転載するという左翼偏向報道体制の実態。■転送歓迎■ H29.05.28 ■ 50,900 Copies ■ 4,363,836Views■_ ... (続きを読む)
過ちに対するメディアの冷酷すぎる追求と、責任感のない「自社の不祥事」の詭弁で、信頼感が根こそぎ失われている現状にも関わらず、意に返さず印象操作は今日も粛々と連ねているのには・・・。地方紙としてはピカイ ... (続きを読む)

地方紙の論調らしい「自国非難、他国擁護」姿勢は、はなはだ禄を食むのに不安視がない安全地帯からの「上から目線」ってな感想だが、これが明日にでも倒産する「私企業」だったらと思うと、悠長で冗漫なくだりもなく ... (続きを読む)
虚言癖な人の発言には一貫性がなく、その場その場の思い付きが言葉となって後に矛盾を生み、信用出来ない人物像をそこに映し出す・・・。何より思想・信条を拠り所にしていれば、潔さは以下のような発言が口から出る ... (続きを読む)

発狂が過ぎると、脳内に妄想が渦巻いて「自分の願望」が、いつの間に情報元となって筆が進むジャーナリズムとは、はてさて「知らせる公共財」として適法なのだろうか・・・。スクープ云々抜きにして、政府関係者を装 ... (続きを読む)
南の島の言論の「偏り方」は異常すぎて、これを購読するしかない人々は、なんとも気の毒な気持ちにさせられる。都落ちした「落ちぶれジャーナリスト」とかも、どっと七十年代の返還と共に押し寄せて、今はご覧のあり ... (続きを読む)

日本のマスコミの「卑劣な行為」に、一端関係のある他国のジャーナリズムに「ご注進」して、そこから火をつけてもらい、それに倣ったとばかりに「批判を浴びせる」手法には、日本国民は辟易している。それらが通用し ... (続きを読む)
信州信濃の「新そば」よりも、あたしゃ、あんたのそばがいい、お前百まで、わしゃ九十九まで、共にしらみのたかるまで・・・、なんて口上にも謳われる「信濃」だが、ことマスコミとなると頭をかしげる論調が目立つの ... (続きを読む)

アジアがいまだに日本を許さないのはなぜか―中国専門家が分析変な妄想を抱くのは、やめたらどうでしょうか?アジアが日本を許さない?じゃあ、一つ聞きますけど、アジアに親日国が多いのはなぜでしょうか?そして、 ... (続きを読む)
仏像の扱い、総合判断=韓国返還されませんな。寺の立場、国内法、国際法規。重視するものの3つの内2つが、韓国の世論等を非常に重視したもの。唯でさえ、政策の実行がうまくいっていない現政権の事を考慮すると、 ... (続きを読む)

朴大統領「被害者の立場、千年不変」と主張 韓国に「いつまで謝罪し続ければいいんだ」の声構うのをやめればいいだけ。韓国とは北朝鮮の事があるから、ある程度国家同士の関係を持っている必要があるだけで、それを ... (続きを読む)
何かに懸命になると、それ以外見えなくなるなんてこともあるのだが、それにしてもあまりにも近視眼的偏狭な視点は、日本のマスコミの特質になってきたのか・・・。赤い大地の報道機関や赤い南海の報道機関とか、つと ... (続きを読む)

生活保護の不正受給問題がクローズ・アップしてくれば、大概の人も「不公平」な事柄に注目が集まり、その支給にも厳しい目を向ける。年金と生活保護の格差も埋めぬまま、そっちには知らん振りしても「生活保護」の削 ... (続きを読む)
あの手この手の「印象操作」、世論の動きが鈍ければ「煙もないところに噂」で火をともす、そんな印象が強くなる日本のマスコミも、流石に動きがネットに筒抜けになって、「得意技」も封じられて・・・。この以下の「 ... (続きを読む)

一見「恒久平和」を唱えているだけと取れるマスコミの論調も、単に重箱の隅を突っつくのみで、具体的方策は全くないまま平城運転を繰り返す。そんなマスコミの中でも競業するはずの二社が共に「煽りやらの論調」のみ ... (続きを読む)
「国民の相互扶助」制度としての「生活保護」の適用金額が膨れ上がって財政を圧迫する現在、その怪しい実体に切り込まない、そしてそれを問題としてマスコミが取り上げない現状は、有効な税金の使い方からずれている ... (続きを読む)

姑息過ぎる「印象操作」を監視されているのを理解しているのか、はたまた批判を浴びて「嫌悪感を増幅」させる自虐的性格が幸いしてか、それとも一部の「偏狭で偏屈な性格」な人々を「にやり」と自己満足を与えるため ... (続きを読む)
ほんの少し立ち止まって考えれば、その決断が自分にとって吉か狂かは分かるものだが、経済的にあるいは立場的に切羽詰ってしまった人にとって甘言は「媚薬」であって、取り返しの付かない事象が後に起こっても「後悔 ... (続きを読む)


ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択

» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック