誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 決定版 ほんとうにわかる管理会計&戦略会計

決定版 ほんとうにわかる管理会計&戦略会計 の商品情報

決定版 ほんとうにわかる管理会計&戦略会計
決定版 ほんとうにわかる管理会計&戦略会計を Amazon.co.jp で見る
決定版 ほんとうにわかる管理会計&戦略会計
高田 直芳 (著者)


レーベル : PHPエディターズグループ
ASIN : 4569635903

57 users

過去最高ランク:

7 位 (2018/06/14)

最近:

2018/06/24 45
2018/06/25 51
2018/06/26 55
2018/06/27 58
2018/06/28 65
2018/06/29 68
2018/06/30 70

ピーク時:

2018/06/14 7
2018/06/15 10
2018/06/16 12
2018/06/17 14
2018/06/18 17
2018/06/19 23
2018/06/20 29

この商品を取り上げているウェブリブログ

原価計算論の直課と配賦高校数学の1対1対応今月は、小説を十冊以上、読破する予定を立てていたところ、お盆前に達成。今年のお盆休みは、専門書をつらつらと読んで過ごすことにしました。ところで、次の書籍を「読 ... (続きを読む)
マジメに学ぼうとするから嫌いになる〜収益認識基準ナナメ読み〜興味のないものに取り組むのは、苦痛以外の何ものでもありません。だからといって、マジメに学ぼうとすると、息が続かない。「調子こいてんじゃねぇよ ... (続きを読む)

線型計画法と人工知能が組んで正直者が損をする時代が始まる管理会計論や原価計算論の、深度ある論点に、線型計画法というのがあります。原語は、リニア・プログラミング( Linear Programming ... (続きを読む)
リースが消える日顧問先企業から、しばしば相談されるのが「リースが得か、購入するのが得か」という問題。次の日経記事は、時宜を得た話題だといえるでしょう。【資料1】日本経済新聞2018年7月1日リースが消 ... (続きを読む)

朝鮮半島の非核化とコースの定理と日米韓の機会損失別に、国際政治の問題を持ち出そうというのではありません。今回は、2018年6月14日付の日本経済新聞『中外批評』に触発され、ルールよりもディール(取引) ... (続きを読む)
日本橋高島屋にまつわる投資回収期間のパラドクス2015年5月2日付の日本経済新聞で、興味深い記事が掲載されていました。【資料1】日本経済新聞2018年5月2日高島屋株 大改装に動揺日本橋 9月開業投資 ... (続きを読む)

ほんとうにわかる管理会計&戦略会計ブックカバー決定版ほんとうにわかる管理会計&戦略会計高田 直芳〔PHP研究所〕Amazonアソシエイト by 上記アマゾンのサイトでは出版年月が「2004年6月」とな ... (続きを読む)
ニュートン法や、準ニュートン法は会計物理学でこそ役に立つ次の受賞論文11ページでは「表計算ソフトExcelのソルバー機能」として、準ニュートン法というものを取り上げました。【資料1】新日本法規財団 奨 ... (続きを読む)

機会損失と得べかりし利益定性分析と定量分析1本の記事で、同義語が複数、登場するのも珍しい。【資料1】日本経済新聞2018年3月10日孤立主義、米の焦燥、TPPに求心力、報復招く輸入制限上掲記事で「機会 ... (続きを読む)
管理会計とハッブル宇宙望遠鏡どこでどう取り違えたか最小自乗法次の拙著124ページ以降で、表計算ソフトを使って、最小自乗法を説明しています。決定版ほんとうにわかる管理会計&戦略会計高田 直芳〔P ... (続きを読む)

地銀不要論?信用金庫や地方銀行へのアドバイス次の記事では、「地銀不要論」という用語で危機感を煽りながら、地方銀行の金融仲介機能を強化する方策が紹介されていました。【資料1】日本経済新聞2018年2月1 ... (続きを読む)
管理会計の粉飾に平然と手を染める者たち1つ会社の屋根の下で複数の事業部を展開するにしろ、ホールディングスの下で複数の子会社を展開するにしろ、これらで共通して用いられる業績評価の道具に、セグメント別の直 ... (続きを読む)

内製が得か、外注やM&Aが得か〜固定費の変動費化問題〜次の拙著の第18章から第20章までで、「戦術会計」というものを紹介しています。決定版ほんとうにわかる管理会計&戦略会計高田 直芳 PHP研 ... (続きを読む)
加重平均資本コスト率WACCで事業価値や企業価値を語る愚かさ次の関連ブログでは、割引現在価値法(NPV)、内部利益率法(IRR)、ディスカウント・キャッシュフロー法(DCF)を用いて、企業価値や事業価 ... (続きを読む)

DCFやNPVやIRRを得意気に語る似非コンサルタントの化けの皮を剥がす以前から、「それって、問題解決能力が低いんじゃないの?」と疑問に思っていることに、次の【資料1】によって求めたものを、企業価値( ... (続きを読む)
政府の成長戦略は、ROEに駄目出ししてROAへと舵を切る2017年8月3日付の日本経済新聞では、次の記事が掲載されていました。【資料1】日本経済新聞「真相深層」2017年8月3日政府が6月に公表した成 ... (続きを読む)

投資は、資本を投下するよりもその資本を回収する方が難しい2017年8月2日付の日本経済新聞夕刊では、ビットコイン分裂騒動に関する記事とともに、2017年1月以降の、ビットコインの価格推移表が掲載されて ... (続きを読む)
ETV特集/経営戦略の策定にミクロ経済学と管理会計は役に立つこの連休中に放映されたTV番組の中で、繰り返し視聴したのが、次のETV特集。【資料1】ETV特集(2017年4月29日放送)日本の文化財を守 ... (続きを読む)

『クルーグマン ミクロ経済学』第2版ポール・クルーグマンクルーグマン ミクロ経済学〔第2版〕東洋経済新報社 ポール クルーグマン Amazonアソシエイト by 先月(2017年3月)の下旬に発売。待 ... (続きを読む)
〜 税の損得分岐点 〜法人税と所得税はどちらの機会損失が小さいか管理会計や経営分析などの世界では、「法定実効税率」という概念があります。これは、法人税・住民税・事業税を組み合わせて、法人が負担する税率 ... (続きを読む)

上場企業は、なぜ、監査法人を見下すのかいまは、四半期ごとに決算が行われます。特に3月末日を年度末としている上場企業は、決算業務と会計監査への対応で、多忙な日々を送っているはず。会計監査については、昨年 ... (続きを読む)
経営分析や経営診断の学びかた[決定版]新・ほんとうにわかる経営分析 補足説明 インターネットのアマゾンが、どういう趣旨で「経営診断」というカテゴリーを設けているのか、その趣旨は知りようがありません。2 ... (続きを読む)

第1損益分岐点、第2損益分岐点、第3損益分岐点『決定版ほんとうにわかる管理会計&戦略会計 第2版』補足説明次の拙著は、2014年10月に全面改訂して、第2版としております。決定版 ほんとうにわかる管理 ... (続きを読む)
管理会計に「確率・統計」を持ち込むのは無謀か次の拙著は、2004年7月に初版を発行し、10年後の2014年10月に全面的な見直しを行ない、改訂を行なって第2版としました。決定版 ほんとうにわかる管理会 ... (続きを読む)

現代の管理会計や経営分析には「重大な瑕疵」があり、それに基づいて経営戦略を展開すると見事に失敗することを、拙著や本ブログで再三、警告してきました。その1つの例を、三菱重工業の商船事業に垣間見ることがで ... (続きを読む)
今回は、東芝の第三者委員会調査報告書「第3章 映像事業における経費計上等に係る会計処理」を学びましょう。調査報告書に、次の記述がありました。【資料1】  在庫評価に関するもの(主としてFOB-UP)経 ... (続きを読む)

今回は、東芝の第三者委員会調査報告書(要約版)「第5章 ディスクリート、システムLSIを主とする半導体事業における在庫の評価に係る会計処理」について学びましょう。ディスクリートは「単機能の半導体」、シ ... (続きを読む)
【決定版】ほんとうにわかる管理会計&戦略会計決定版 ほんとうにわかる管理会計&戦略会計PHPエディターズグループ 高田 直芳 Amazonアソシエイト by 【決定版】ほんとうにわかる財務諸表 ... (続きを読む)

先日、東京へ向かう東北新幹線の車中で、日本経済新聞社のeラーニングの担当者からメールが届きました。受講者からの質問でした。そのeラーニングの中で私が紹介している最小自乗法に基づき、具体的な企業について ... (続きを読む)
2015年6月23日付の日本経済新聞では、東芝の在庫に係る評価減の記事が掲載されていました。【1面】東芝は2012年の工場再編時、供給維持のため在庫を多く持ったが、売れ行きは低調。にもかかわらず将来の ... (続きを読む)

表題の書籍を出版したのが、2002年7月。決定版 ほんとうにわかる経営分析高田 直芳 Amazonアソシエイト by 上掲の書籍については、ありがたいことに、非常に数多くの読者の支持を得ることができま ... (続きを読む)
「粉飾・逆粉飾」という表現ではなく、「不適切な会計処理」という表現が用いられるようになったのは、2005年あたりから。日本公認会計士協会が2005年3月に、「情報サービス産業における監査上の諸問題につ ... (続きを読む)

以下は、「ROE(自己資本利益率)は、なぜ、急激に改善するのか【前編】」の続きです。その【前編】では、売上高が3%程度増加すると、レバレッジ(梃子=てこ)効果が働いて、当期純利益は30%くらいは軽々と ... (続きを読む)
今回は【前編】と【後編】に分けています。さて、2015年5月6日付の日本経済新聞では「株2万円、IT相場と差は―ROE重視、海外が評価」というタイトルの記事が掲載されていました。この記事の中で、気にな ... (続きを読む)

2015年4月15日のブログで、バックフラッシュ原価計算の話をしました。【関連ブログ】バックフラッシュ・コスティングの裏事情そのときに感じた「アゴのあたりのむず痒さ」を再発させるのが、今回取り上げるス ... (続きを読む)
「ほんとうにわかる管理会計&戦略会計」は、2014年10月に、第2版を刊行しました。決定版 ほんとうにわかる管理会計&戦略会計PHPエディターズグループ 高田 直芳 Amazonアソシエイト ... (続きを読む)

表題の書籍について、次の補足説明を行ないます。決定版 ほんとうにわかる管理会計&戦略会計PHPエディターズグループ 高田 直芳 Amazonアソシエイト by 同書336頁〔図表12-15〕か ... (続きを読む)
表題の書籍について、もう1つ、補足説明を行ないます。決定版 ほんとうにわかる管理会計&戦略会計PHPエディターズグループ 高田 直芳 Amazonアソシエイト by 同書551頁〔図表25-2 ... (続きを読む)


ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択

» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック