誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 福家警部補の挨拶 (創元推理文庫)

福家警部補の挨拶 (創元推理文庫) の商品情報

福家警部補の挨拶 (創元推理文庫)
福家警部補の挨拶 (創元推理文庫)を Amazon.co.jp で見る
福家警部補の挨拶 (創元推理文庫)
大倉 崇裕 (著者)


レーベル : 東京創元社
ASIN : 4488470025

9 users

過去最高ランク:

43 位 (2009/01/05)

最近:

2014/01/27 76
2014/01/28 87
2014/01/29 98
2014/01/30 116
2014/01/31 139
2014/02/01 157
2014/02/02 180

ピーク時:

2009/01/05 43
2009/01/06 59
2009/01/07 95
2009/01/08 139
2009/01/09 199
2014/01/26 53
2014/01/27 76

この商品を取り上げているウェブリブログ

福家警部補はオタクだね冒頭で犯人の視点から犯行の経緯を語り、その後捜査担当の福家警部補がいかにして事件の真相を手繰り寄せていくかを描く倒叙形式の本格ミステリ。本への愛ゆえに殺人も辞さない私設図書館長の ... (続きを読む)
2014年1月期のドラマが続々と始まっている。一応、ひと通り録画しているものの、まだ7割ぐらいしか見ることができていない。とはいえ、すでに3話目に突入しているものもあり、未見の番組はどんどん貯まる一方 ... (続きを読む)

何年か前に、NHKで永作博美主演で放送されていたんです。「オッカムの剃刀」だったんですけど。面白かったです。永作博美の印象がとても良かったので、やはりそれが強いのか、檀れいさんの「福家警部補」はイマイ ... (続きを読む)
犯人側の視点から犯行の首尾を語り、その後捜査担当の福家警部補がいかにして事件の真相を手繰り寄せていくかを描く。刑事コロンボと同じスタイル。倒叙形式というらしい。コロンボ世代の我々にはとても懐かしいテイ ... (続きを読む)

紫布亭『福家警部補の再訪』
大倉崇裕作の連作ミステリ。刑事コロンボの系譜になる福家警部補シリーズ第二弾。「マックス号事件」 豪華フェリー内で警備会社の社長が強請り屋を殺害。鑑識不在のなか、福家は・・・・「失われた灯」 売れっ子脚 ... (続きを読む)
「福家警部補」シリーズ第2弾。基本的に設定などは「福家警部補の挨拶」と大きな差はなく、倒叙形式のミステリーというんですか?大変面白く読めました。ただ、相変わらず微妙に地味だなあ。倒叙形式のミステリーと ... (続きを読む)

みみぞう日記オッカムの剃刀
永作博美主演の刑事ドラマ録画をようやく観た。正月のNHKらしくない不思議コメディーで、意外な面白さだった。単発ドラマなのがもったいない奇妙な世界観で、時効警察的な突出した演出は観る人を選びそう。民放が ... (続きを読む)
 1/2、21:00〜22:30NHKで放送されます。 原作は大倉崇裕『福家警部補の挨拶』(東京創元社)。福家警部補の挨拶 (創元推理文庫)東京創元社 大倉 崇裕 Amazonアソシエイト by ウェ ... (続きを読む)

虫の読書日記今週読んだ本(12/14〜12/20)
今週は何となくバタバタしていてあんまり読む時間がなかった。それ以上に今週読みたい本があんまりなかったなあ。一応昨日「サイモン・アークの事件簿」を買ったのだがまだ読んでいないので、たぶん来週で紹介すると ... (続きを読む)

ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択

» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック