誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 業界別カイシャの正体 会社図鑑!2011 天の巻

業界別カイシャの正体 会社図鑑!2011 天の巻 の商品情報

業界別カイシャの正体 会社図鑑!2011 天の巻
業界別カイシャの正体 会社図鑑!2011 天の巻を Amazon.co.jp で見る
業界別カイシャの正体 会社図鑑!2011 天の巻
オバタカズユキ (著者)


レーベル : ダイヤモンド社
ASIN : 4478009953

48 users

イメージ画像

クリックするとメイン画像が変わります。
クリックするとメイン画像が変わります。 クリックするとメイン画像が変わります。

この商品を取り上げているウェブリブログ

 大手損害保険5社の今年3月期の営業成績速報では、売上高に当たる収入保険料が全社で増収となり、大手損害保険3グループの2012年度の国内保険料収入(速報値)は前年度比3.4%増の6兆8039億円でした ... (続きを読む)
 生命保険各社は超低金利で資金運用による利益を出しにくくなったために、来年4月以降の新規の保険契約から終身保険や年金保険など貯蓄性の商品を中心に保険料を引き上げる方向で検討を始め、引き上げ幅は商品によ ... (続きを読む)

 国内生命保険会社による外国債券への投資が勢いを増しているのですが、財務省によると生保の対外証券投資は先月まで7カ月連続で買い越しをしており、2010年3月から昨年6月までの16カ月連続の買い越し以来 ... (続きを読む)
 損害保険大手3グループが昨年11月に発表した10年9月中間連結決算では、エコカー販売増加を受けて各社とも自動車保険が好調であり、売上高に当たる正味収入保険料の3グループ合計が前年同期比0.7%増の3 ... (続きを読む)

 現在、保険業界を取り巻く状況は「少子高齢化」や「保険金不払い問題への対応」、「金融危機での未曾有の不況」等によりここ数年で生・損保ともに取り巻く環境が一層厳しさを増す中、 2月15日付の読売新聞より ... (続きを読む)
 昨年12月に明治安田損害保険社長重森豊氏がインタビューに応じ、会社役員賠償保険について日本にも浸透している事についてのコメント記事が掲載されていました。掲載されていた記事の内容が、「欧米に比べ日本で ... (続きを読む)

 1月15日付の毎日新聞のインタビューに対して、損害保険大手のNKSJホールディングス(HD)の佐藤正敏社長が10月に合併する傘下の損保ジャパンひまわり生命保険と日本興亜生命保険の新会社に対して傘下の ... (続きを読む)
 1月15日付の毎日新聞で、損害保険大手のNKSJホールディングス(HD)の佐藤正敏社長が同社のインタビューに応じて、10月に合併する傘下の損保ジャパンひまわり生命保険と日本興亜生命保険の新会社に、傘 ... (続きを読む)

 昨年12月に、損害保険大手の損保ジャパンと日本興亜損害保険が統合して発足したNKSJホールディングスの佐藤正敏社長が、朝日新聞のインタビューに応じ「経営統合のメリットはコスト削減に加え、販売力が拡大 ... (続きを読む)
 昨年、12月初旬に、大手損害保険会社のMS&ADインシュアランスグループホールディングスが2010年4〜9月期の決算説明会で、保有株の売却方針を正式に発表したことをBlogにて紹介を致しました。この ... (続きを読む)

 現在、保険業界では生命保険会社の子会社による損害保険商品の販売や損害保険会社の子会社による生命保険商品の販売が常識化されています。 1月8日付の朝日新聞に「損保と生保、相互参入戦略の違いくっきり 解 ... (続きを読む)
 年の瀬が近くなり、各保険業界トップのインタビュー記事が各報道機関紙より配信がされていました。今回は、SankeiBizに掲載されていた明治安田損害保険社長重森豊氏の記事をご紹介してみたいと思います。 ... (続きを読む)

 8月初旬に第一生命保険の2010年4─6月期の本業のもうけを示す基礎利益(子会社の第一フロンティア生命保険を含む)が前年同期比60.6%減の402億円になったと発表したのですが、これは株安や円高の影 ... (続きを読む)
今月の初めにMS&ADインシュアランスグループホールディングス傘下のあいおい損害保険とニッセイ同和損害保険が1日付にて合併し、あいおいニッセイ同和損害保険の発足式典が東京都渋谷区の本社で行われ、鈴木久 ... (続きを読む)

今月の初めに10月に合併するあいおい損害保険とニッセイ同和損害保険が、7月から電話による契約者の事故受け付け業務を統合することが分かり、両社が本業を支える業務部門を共通化するのは初めてで、両社は春以降 ... (続きを読む)
今年の3月に損害保険大手の日本興亜損害保険のOB株主4人が兵頭誠社長ら経営幹部5人に保険業法違反(虚偽の報告)の疑いがあるとして、警視庁に告発状を提出したことが分かり、この幹部5人が社員に対して指示を ... (続きを読む)

先月末にあいおい損害保険とニッセイ同和損害保険は、両社が合併して10月に誕生する「あいおいニッセイ同和損害保険」の役員体制を発表したのですが、会見をしたこの日は東京株が年初来安値を更新したが、「一部の ... (続きを読む)
損保ジャパンについては、4月1日の個人用自動車保険改定で「ノンフリート多数割引」を2台目から適用するとのことで、業界初の取り組みで、代理店にとっても、この割引範囲拡大をきっかけとして、(1)更改手続き ... (続きを読む)

損保業界では、日本損害保険協会が発表した2009年度末の販売代理店数が20万7903店であり、前年度比4.6%減少したことを発表したのですが、減少は11年連続で、損害保険会社は代理店の規模を大きくして ... (続きを読む)
昨年11月に生命保険大手のT&Dホールディングスが傘下生保への資金供給のために金融機関から計1127億円の借り入れを受け、増資した資金を返済に充てるために1年以内に最大約1200億円分の増資を実施する ... (続きを読む)

先月、生保大手の含み損益は世界的な金融危機の影響で21年3月末に大きく悪化し、22年3月末は日本生命が国内株式の含み益が前年同期比1兆1200億円増の約1兆6900億円となるなど大幅に回復し、明治安田 ... (続きを読む)
昨日、大手4社がそろって逆ざやとなるのは2年連続で、今後も厳しい経営環境が続きそうだ。 最大手の日生の逆ざや額は、08年度の約400億円から500億円超へと拡大する見込み。生保各社は1980年代に5% ... (続きを読む)

先週、生命保険協会の佐藤義雄会長(住友生命保険社長)が定例記者会見席上で、生保業界全体の2010年3月期決算について「第3四半期は年換算保険料がプラスに転じ、株価の回復に伴って財務面も良くなり、第4四 ... (続きを読む)
損保業界については、主要損害保険各社の2009年度の種目別国内保険料収入(速報値)が、損保業界が1日付で3メガ体制に再編されたことにより、三井住友海上火災保険を軸とするMS&ADインシュアランスグルー ... (続きを読む)

3月に生命保険協会が発表した1月の保険料収入(加盟46社合計)は前年同月比2.8%減の2兆4525億円で、個人年金保険の販売は堅調なのですが、少子高齢化で死亡保険などの保有高の減少が響いたために、マイ ... (続きを読む)
アフラックについては保険窓販が大きく進展しており、2007年末の全面解禁に合わせて本格的に保険窓販に参入したアフラック社は09年末までのわずか2年間で提携金融機関を353機関に増やし、メガバンクや地銀 ... (続きを読む)

2月に生命保険協会が発表した2009年4?12月の保険料収入(加盟46社合計)が前年同期比2.1%減の25兆5億円だったのですが、これは少子高齢化で主力の死亡保険の販売が停滞していることに加え、金融危 ... (続きを読む)
第一生命については昨日Blogにて、生命保険2位の第一生命保険が4月1日に相互会社から株式会社に変わり、東京証券取引所第1部に上場することにより、契約者のうち約150万人が株主になり、国内で株主の最も ... (続きを読む)

第一生命保険の株式上場については、2月に第一生命保険が4月から相互会社から株式会社に転換し、国内最多の約150万人の株主を抱える巨大な株式会社として誕生し、契約者の9割に当たる約738万人には約1兆5 ... (続きを読む)
損害保険業界7位の富士火災海上保険が筆頭株主の米保険大手AIGを引受先として約135億円の第三者割当増資を3月19日に実施することについては、今年の1月にBlogにて紹介をしました。子の時に配信された ... (続きを読む)

3月10日付にて産経新聞、フジサンケイ ビジネスアイより配信された生命保険最大手の日本生命保険が平成23年春の新卒採用計画について、一般事務職に当たる「業務職」の採用を今春入社に比べ約4割減となる16 ... (続きを読む)
厚生労働省と文部科学省の1月の発表によると、2010年3月に卒業する予定の大学生の就職内定率は12月1日現在で73.1%。調査が始まった1996年以降、最低だったと発表されています。  就職情報サービ ... (続きを読む)

今年の1月に損保ジャパンと経営統合することになっている日本興亜損害保険が臨時株主総会を行い、経営統合についての承認を決議し、賛成多数で了承されたのですが、異例の年末株主総会は2時間を超え、損保ジャパン ... (続きを読む)
2月に保険毎日新聞から、明治安田生命が2009年度上期、窓販チャネルでの保険料収入が3399億円と前年同期比412・7%を記録したのですが、その後も販売好調を維持し、4月?12月間での累計収保が08年 ... (続きを読む)

スタンダード&プアーズ(S&P)は3日に、アメリカン・ライフ・インシュアランス(アリコ)の保険財務力格付けと長期カウンターパーティ格付けを、方向性不確定での「クレジット・ウォッチ」に指定し、アリコの日 ... (続きを読む)
2月10日付のサーチナニュースより、損害保険料率算出機構が今年1月の地震保険料率改定の実施に伴い「地震保険基準料率のあらまし」の改定版と成21年度版(20年度データ)の自動車保険のファクトブック「自動 ... (続きを読む)

昨年の11月には、富士火災海上保険の2009年4?9月連結経常損益が56億円の黒字で、前年同期では76億円の赤字だったのですが、純損益も前年同期の46億円の赤字から34億円の黒字となり、経常収益は前年 ... (続きを読む)
プルデンシャルについては、昨年11月に、米生保2位のプルデンシャル・ファイナンシャルが2009年7?9月(第3四半期)決算は、相場の回復が投資利益の改善に寄与したことにより、09年通期見通しを上方修正 ... (続きを読む)

第一生命では2010年4月に組織形態を相互会社から株式会社に変え、同時に株式を証券取引所に公開(IPO)することを決定しており、同日会見した渡辺次期社長が自身の就任とIPO後の第一生命の経営を担うのが ... (続きを読む)
本日付の報道各紙より第一生命が臨時取締役会を開催し、4月1日付で渡辺光一郎専務が社長に就任する人事を内定し、斉藤勝利社長は代表権のある副会長に就任するとの配信がありました。 配信された記事によると、第 ... (続きを読む)

先月、Blogにて主要生命保険会社13グループの2009年度上期業績が出そろい、主力の営業職員による販売は停滞したものの、銀行窓口での保険販売が6割増となり全体を押し上げたのですが、金融危機に伴う景気 ... (続きを読む)
日本興亜損害保険については保険金支払い遅れをめぐり、兵頭誠社長ら現経営陣4人に対して会社の信用を失わせたとしており、要求が受け入れられなければ「株主代表訴訟を起こす」として、1億円の損害賠償の訴えを起 ... (続きを読む)

日本興亜損害保険については保険金の支払い遅延が起きた問題で、元役員の個人株主が同社の監査役に対し、兵頭誠社長ら役員4人の経営責任を追及する損害賠償訴訟を起こすよう提訴請求したことをBlogにて紹介をし ... (続きを読む)
金融庁では日本興亜損害保険の保険金支払い遅れ問題を受けて損保各社に対し、支払いルールなどについて報告を求める方針を固め、損保業界には不払い問題以降、支払額の「適正さ」について対策を講じてきましたが、支 ... (続きを読む)

10月に発表された損害保険大手6社の2009年4〜9月の業績(速報値)は、新車販売の不振で主力の自動車保険料が減少し、景気低迷による物流の停滞で貨物、船舶などの海上保険も落ち込んだことにより、自動車保 ... (続きを読む)
損害保険募集人試験が始まってから、今月の15日に10回目の試験が実施されました。昨年、社団法人日本損害保険協会では損害保険募集人に対し、最新の業務知識の理解度を定期的に検証するために、2008年4月申 ... (続きを読む)

T&Dホールディングスでは本業のもうけを示す基礎利益(グループ生保3社計)が2009年4〜6月期は前年同期比8.9%増の380億円となり、09年3月期に変額年金保険の支払いに備えて責任準備金を大幅に積 ... (続きを読む)
業界別カイシャの正体(2009年10月発売)版元はダイヤモンド社、お値段は税込み各1785円。オバタカズユキさんとの共著です。 今年で出版15年目! 各業界、わが社のあんまりな常識から給与、福利厚生、 ... (続きを読む)


ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択


» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック