誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. ヒックとドラゴン〈1〉伝説の怪物 (How to Train Your Dragon (Japanese))

ヒックとドラゴン〈1〉伝説の怪物 (How to Train Your Dragon (Japanese)) の商品情報

ヒックとドラゴン〈1〉伝説の怪物 (How to Train Your Dragon (Japanese))
ヒックとドラゴン〈1〉伝説の怪物 (How to Train Your Dragon (Japanese))を Amazon.co.jp で見る
ヒックとドラゴン〈1〉伝説の怪物 (How to Train Your Dragon (Japanese))
クレシッダ コーウェル (著者)

Cressida Cowell (原著) 相良 倫子 (翻訳) 陶浪 亜希 (翻訳)

レーベル : 小峰書店
ASIN : 4338249013

5 users

過去最高ランク:

86 位 (2010/09/01)

最近:

2010/09/01 86
2010/09/02 114
2010/09/03 155

ピーク時:

2010/09/01 86
2010/09/02 114
2010/09/03 155

この商品を取り上げているウェブリブログ

アニメーション界のアカデミー賞とされるアニー賞の発表があり、「ヒックとドラゴン」が最優秀作品賞をはじめとする10部門を制し、圧勝したと報じられていますアカデミー賞長編アニメーション部門の最有力候補に挙 ... (続きを読む)
新・豆酢館子豆1号の読書の秋。
急に冷え込んだせいなのかどうか、子豆達が通う学校や幼稚園でもあらゆる種類の風邪が流行っている状況です。子豆1号はようやく健康状態を取り戻し、通常営業に戻っているのですが、問題は子豆2号の方。今日も今日 ... (続きを読む)

のんびり生活「ヒックとドラゴン」。
汗だくになって家中に掃除機をかけ、シャワーを浴びてから、今日のお楽しみ「ヒックとドラゴン」を観てきた。うん、こんな映画好きだなあ。満足満足。3Dもだんだん迫力がupしてきてる感じ。年末公開の「シュレッ ... (続きを読む)
明日の虹ヒックとドラゴン 感想。
観ようか、どうしようか 迷った末に観に行きました。やはり厳選して観に行きたいじゃないですか。お財布事情を考えると。でもGANTZ原作者の奥先生めっちゃくちゃお勧めしてたので その言葉を信じて行きました ... (続きを読む)

1980年代後半に改革・解放路線(ドイモイ)が始まったベトナムにおいて、エンターテイメント業界は成長著しい新興の産業分野だ。http://journal.mycom.co.jp/news/2010/0 ... (続きを読む)

ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択

» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック