誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 舟を編む

舟を編む の商品情報

舟を編む
舟を編むを Amazon.co.jp で見る
舟を編む
三浦 しをん (著者)


レーベル : 光文社
ASIN : 4334927769

54 users

過去最高ランク:

15 位 (2013/04/17)

最近:

2014/06/06 155
2014/06/07 166
2014/06/08 186
2014/06/13 153
2014/06/14 177
2014/06/15 188
2014/06/16 200

ピーク時:

2013/04/25 16
2013/04/26 22
2013/04/27 33
2013/04/28 17
2013/04/29 20
2013/04/30 29
2013/05/01 55

この商品を取り上げているウェブリブログ

昨日の開催報告です^^いろいろなジャンルの本が揃いました!美術館と地下鉄のパスがセットになったお得情報も☆現在の 大ベストセラー の紹介も!!!3種類発売中のようです。こちらは、原書(文庫本)より文字 ... (続きを読む)
そういえば最近辞書をめくっていない。かつては自宅の自分の座り位置の横に辞書がおいてあってしょっちゅうと言っていいほどめくっていたのに。辞書は面白い。かつては読みふけってしまったことさえあった。紙の辞書 ... (続きを読む)

最近は,英語の辞書でおもしろそうなものは買うのですが,国語辞典はあまり買わないです。新しい言葉も道路も生まれます。そこで,辞書と地図は新しい方がいいと言いますから,新しいに越したことはありませんが,ど ... (続きを読む)
「メディアウオッチ100」●180号【かるちゃーひろば】 2012年5月4日※「メディアウオッチ100」はメール配信の有料電子雑誌≠ナす。このブログには私が投稿して、掲載された記事を収録しますが、体 ... (続きを読む)

邦画大好き舟を編む(2013)
コミュニケーションが苦手な、出版社に務める若手社員(松田龍平)は、辞書編集部に転属になる。そこでは、新しい辞書を作る地道な作業が待っていた。・・・三浦しをんの原作を、渡辺謙作が脚本にし、石井裕也監督が ... (続きを読む)
Moms be ambitious !船を編む
舟を編む光文社 三浦 しをん Amazonアソシエイト by さすがは本屋大賞、図書館の借り出しに半年以上かかった。よく見たらこれも三浦しおんだ!映画は見ていないけど、宮崎あおいって本屋大賞映画と出演 ... (続きを読む)

「辞書は、言葉の海を渡る舟だ」「海を渡るにふさわしい舟を編む」一つの辞書を作成する苦労やこだわりが凝縮してある物語。地味の辞書作成の壮大なプロジェクトや困難さ、もちろん言葉の選択や校正はもちろん、辞書 ... (続きを読む)
10月25日金曜日の読書会に登場した本のご紹介です♪台風も弱まって、開催できてよかったです昨日ドラフト会議だったので、野球本を^^ノムラの教え 弱者の戦略99の名言講談社 野村 克也 Amazonアソ ... (続きを読む)

読書の小記録舟を編む/三浦 しをん
舟を編むおススメ度:★★★★★No.1◆ピックアップ◆俺も自分の手で辞書を編みたい押し寄せる言葉の大海原に立ち向かう時に、だれもが頼りにする海図となりたい。そんな思いを込めて辞書「大渡海」は1ページず ... (続きを読む)
舟を編む光文社 三浦 しをん Amazonアソシエイト by ポストモラトリアム時代の若者たち (社会的排除を超えて)世界思想社 村澤 和多里 Amazonアソシエイト by 5月なのに、この寒さはな ... (続きを読む)

短気なので、一日でも早く作品を完成させようと思ってしまうのですが、ちょっと前から『創作ってそれじゃあダメなのかな』と思うようになりました。『一日でも早く』と思うと一日に全力を出してしまうのですが、私み ... (続きを読む)
本屋大賞を受賞した「舟を編む」が映画化されたので、昨日、見に行きました。 感想はね、面白かったです。主たる登場人物も、舞台展開も少ない映画なのですが、ぐいぐい引き込まれます。 誰かとつながりたくて広大 ... (続きを読む)

eggman-blog/空間設計室言葉の持つ力
言葉の持つ力。傷つけるためではなく、だれかを守り、だれかに伝え、だれかとつながりあうための力・・・。記憶とは言葉であり、感じたことをいかに言語化し記憶しておけるか。ものを作る人間にとって大事な能力とは ... (続きを読む)
FREE TIME映画「舟を編む」
映画「舟を編む」を鑑賞しました。この映画は、2012年本屋大賞に輝いた三浦しをんの小説を実写映画化。ある出版社の寄せ集め編集部が、気の遠くなるような歳月をかけて二十数万語が収録された新辞書作りに挑む姿 ... (続きを読む)

kuemama's_webryblog【4月の鑑賞記録】
4月10日:『ヒッチコック』 14日:『舟を編む』【KINENOTE】(レビューコメントを入れた作品)舟を編むサイコ [Blu-ray]ジェネオン・ユニバーサル 2012-04-13 Amaz ... (続きを読む)
あのベストセラーが映画化三浦しをん (作家)週刊文春2013.04.11 07:01 撮影/松蔭浩之 新しい辞書「大渡海(だいとかい)」の編集に取り組む人々を描いた三浦しをんさんのベストセ ... (続きを読む)

まほろ駅前番外地 (文春文庫)文藝春秋 2012-10-10 三浦 しをん Amazonアソシエイト by 本の方じゃなくてドラマの方。「あ、やってる」で昨夜の分を録画。音楽好きかも。原作つづきで舟を ... (続きを読む)
去年のベストセラーをようやく読んだ。いやいや情報不足、辞書編纂にまつわるお話し、というのは知っていたが、そのタイトルの趣から、歴史小説なのかと思って、なんとなく読むのが億劫な気分だった。重々しいという ... (続きを読む)

「俺たちは舟を編んだ。 太古から未来へと綿々とつながるひとの魂を乗せ、豊穣なる言葉の大海をゆく舟を。」と最後に主人公の馬締光也が喜びをかみしめる。 15年にもおよぶ日本語辞書の完成だ。  といっても、 ... (続きを読む)
ワガ、ママニ舟を編む【ネタバレ有】
舟を編む光文社 三浦 しをん Amazonアソシエイト by これも、だいぶ前に入手してようやく読み終わりました。一つのことに熱中できる人を現実に目の当たりにした事はないですが。西岡さんのように、やは ... (続きを読む)

しをんさんは、前に「風が強く吹いている」を読みかけて、挫折し、以来、なんかあんまり「波長」が合わないのかしら、という印象に。エッセイは面白くて、ちょこちょこ読んでたんだけど、なにしろ、抱腹絶倒すぎて、 ... (続きを読む)
辞書編纂に情熱を燃やす、出版社の辞書編集部の物語。笑いあり、涙あり、辞書の編集過程に関する蘊蓄ありで、非常に楽しめる物語。辞書を作る過程を小説にしようとする発想がすごいと思う。そして、それをここまで引 ... (続きを読む)

日々感想船を編む
舟を編む光文社 三浦 しをん Amazonアソシエイト by 今年の本屋大賞第1位になった話題の本。映画化も決定しているそうです。非常に地味な、というかシックな装丁で、正直本屋に並んでいると、帯がつい ... (続きを読む)
辞書編纂をテーマにした本ということで、タイトルだけで借りたのですが、作者を見てびっくり。三浦しをんさんでした。三浦しをんが辞書編纂をテーマに?お堅い文章も書けるのかな?と思って本を開くと、1ページ目か ... (続きを読む)

可愛らしいスワンのシュークリームが乗ってるケーキです。こないだ娘の誕生日だったので、ホールのケーキを注文してしまいました。本人は別にチーズケーキで良いとか言ってましたけど、何か誕生日ってホールで祝って ... (続きを読む)
好事家の日々今、読んでいる本
舟を編む光文社 三浦 しをん Amazonアソシエイト by 図書館から借りて読んでいます。面白い。 ... (続きを読む)

ども、まきゅです。出張から帰ってきました。「げっなんかでかくなってる気がする」それは良かったとか思っていたら「ん‘‘・・・・・・ムシ?」土の中やらまわりにゴマ粒くらいの小バエがメッチャ飛んだり這いずり ... (続きを読む)
JO談   「舟を編む」を読んで
昨年10月に初版を読み終わり、家族や何人かの友人に勧めた本がある。それが2012年本屋大賞 大賞受賞した三浦しをん著「舟を編む」である。今、書店に行けば派手なポップとともに平積みとなっている。本書に巻 ... (続きを読む)

舟を編む光文社 三浦 しをん Amazonアソシエイト by ぬこラブにも嬉しい一冊であるらしい。(猫好きフォロワーさん情報)御褒美本として購入予定!三浦しをんサンの作品では最初に読んだのがコチラまほ ... (続きを読む)
燎庵のつぶやき小説”舟を編む”
 本屋大賞受賞、三浦しおんの”舟を編む”読んだ。平易な文章で気負いなく書かれていて、面白かった。大賞受賞だからと身構えたが、その必要は無かったのである。辞書”大渡海”の編纂をめぐる出版社編集部の人々の ... (続きを読む)

何々ブログ今日も元気です。
今日も一日ご苦労様でしたいつも元気な今のぼくちゃんです。何時も応援してくださいまして有難うございます。今日見つけてきたサイトは http://kosinohomare.web.fc2.com/舟を ... (続きを読む)
Orange Note『舟を編む』購入
舟を編む光文社三浦 しをんユーザレビュー:Amazonアソシエイト by 今年の本屋大賞は、この『舟を編む』という作品らしいです。流行りなので、買ってみました。明日の、新幹線の中がおそらく暇だろうと思 ... (続きを読む)

2012年の本屋大賞が発表されました。三浦しをんさんの「舟を編む」(光文社)。辞書をつくる編集者たちの小説ですが、やっぱり本と関係する話。そういうところが、本屋さんにも気に入られたのかしら。個人的に一 ... (続きを読む)
気ままな雑記帳本屋大賞
知り合いが同じ試験を受けることを知るとやる気になります。怠惰な自分にはこういう刺激が追い込みのタイミングではありがたいです。4月10日、火曜日、天気は晴れ。最近は目覚ましよりも10分も早く起きてしまい ... (続きを読む)

四☆月読み舟を編む
三浦しおん 著光文社 2011この本も本屋大賞にノミネートされている。三浦しおんさんの本は外さないので大好き。でも、なかなか買えなかった。いざ、読みたいと思っても、本屋大賞にノミネートされたとたん本屋 ... (続きを読む)
50代から始める感動屋日記『舟を編む』
昨日買ったR-1ヨーグルトは、今朝食べてみたのですが、甘味が抑えめで酸味も適度にきいていました。甘味のあるハードタイプはあまり好きではないのですが、これは美味しいと思いました。今日もスーパーに行くこと ... (続きを読む)

舟を編む評価☆☆☆☆☆ 三浦しをん 光文社本屋大賞のノミネート作品です。三浦さんはマイナー業界を舞台にした作品を昔から得意にしてますから、安心して楽しめます。直木賞受賞作の「まほろ駅前多田便利軒」から ... (続きを読む)
番外・本屋大賞ノミネート作品 2012年の本屋大賞は大丈夫かな個人的に、一番頼りになる文学賞本屋大賞の2012年のノミネート10作品が発表されましたね。去年は、個人的にはだいぶ期待とずれた結果だったん ... (続きを読む)

LOW-TECH EYES2012年 その2
年末、めずらしくブックオフ以外で、つまり新品で本を買った。三浦しをんの「舟を編む」。ある出版社の辞書編集部が新辞書「大渡海」を出版するまでの十数年の物語。完成するまでに言葉の選定に始まり、校正、紙の開 ... (続きを読む)
将棋物小説の「盤上のアルファ」が第六位。一度は棋士を諦めた真田信繁三十三歳。家なし、職なし、目標・プロ棋士。飲み屋で喧嘩になった新聞記者の家に転がり込むなど、常識を超えた迷惑な男が再び棋士に挑戦する熱 ... (続きを読む)

言葉の大海を漕ぎ渡る舟を編む-------新しい辞書、『大海渡』の編纂に取り組む玄武書房辞書編集部。個性的なメンバーの中で、辞書作りに没頭する馬諦(まじめ)光也。クソがつくほどのマジメで堅物な馬締を中 ... (続きを読む)
本と父親とadministrator舟を編む
「言葉を持つ力」を思う存分楽しめる本です。傷つけるためでなく、だれかを守り、だれかに伝え、だれかとつながりあうための力がわかります。本当、三浦しをんさんの文章は優しいのです。辞書を作る話ですが、主人公 ... (続きを読む)

面白かったー!出版社の辞書編集部を舞台に辞書作りに打ち込む人々を描いた作品。しをんさんってば、またまた地味ぃ〜なお仕事にスポットを当てて、熱く語ってくれたな〜と思える作品でした。なんと言っても、馴染み ... (続きを読む)
Balkan's Memorandum舟を編む 【本】
三浦しをん2011年9月20日刊光文社 ¥1500(+税)きのうは〈翻訳ミステリー大賞〉(http://d.hatena.ne.jp/honyakumystery/20111101/132013832 ... (続きを読む)

日々のこと「舟を編む」
三浦しをんさんの小説は、思いがけない職場が舞台となることがよくあります。今回は、出版社の辞書編集部。個性豊かな人々が、情熱をもって新しい辞書を作っていくお話。いろんな壁にぶつかりながら、長い時間をかけ ... (続きを読む)
Tsussy's Blog舟を編む
最近読んだ書籍「舟を編む」これは、辞書ができあがるまでの過程を小説にしたものです。誰しもが手にしたことのある「辞書」こんなにも緻密で大変な作業を経て、一冊の辞書ができあがるのだと感心してしまいました。 ... (続きを読む)

二男のトイレトレーニングが全くうまくいかず、私のイライラもMAXにやる気スイッチが完全にOFFになっちゃいました主人にお願いして、一人でちょっとだけお出掛けさせてもらうことにしました普段、子供たちがい ... (続きを読む)
硬軟取り混ぜていろいろ本読んでますが、この本が今年の185冊目だったりしますが、こ〜んな面白いの、久しぶり。私にとっては、間違いなく今年のベストワン候補の一つ。舟を編む光文社 三浦 しをん Amazo ... (続きを読む)

今日は「文化の日」だから文化的な内容を。いつもくだらないこと書いているので反省も兼ねております。三浦しをんさんの本を読むのは3冊目。はじめは映画にもなった「まほろ駅前多田便利軒」。感想にも書いたんです ... (続きを読む)
気ままな雑記帳早く起きた朝は
今日から11月!ということは今年もあと2ヶ月・・・本気出すか?11月1日、火曜日、天気は晴れ。今朝は目覚ましより30分ほど早く起床。どうやら少し気温が低かったみたいで最低気温は10℃以下。いつもより1 ... (続きを読む)


ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択

» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック