誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書) の商品情報

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)
バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)を Amazon.co.jp で見る
バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)
前野ウルド浩太郎 (著者)


レーベル : 光文社
発売日 : 2017-05-17
ASIN : 4334039898

5 users

過去最高ランク:

19 位 (2017/12/01)

最近:

2017/12/25 163
2017/12/26 165
2017/12/27 166
2017/12/28 169
2017/12/29 172
2017/12/30 176
2017/12/31 182

ピーク時:

2017/12/01 19
2017/12/02 22
2017/12/03 26
2017/12/04 25
2017/12/05 25
2017/12/06 29
2017/12/07 34

イメージ画像

クリックするとメイン画像が変わります。
クリックするとメイン画像が変わります。 クリックするとメイン画像が変わります。

この商品を取り上げているウェブリブログ

背中から着地せる愚よちびバッタバッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)光文社 2017-05-17 前野ウルド浩太郎 Amazonアソシエイト ... (続きを読む)
podcastでインタビュー番組を聴いてその話の面白さに、ぜひ読んでみたいと入手した本。期待にたがわぬ、しかもインタビューにはなかったエピソードも満載という意味で、期待以上の本だった。なぜか新書なのが ... (続きを読む)

前野ウルド浩太郎著話題になった本を遅ればせながら読んでみた。面白い。ファーブルに憧れて昆虫学者を目指した少年がポスドクとなり、モーリタニアへ単身渡りサバクトビバッタの大発生による被害から人類を守る方法 ... (続きを読む)
 この著者はあほである。バッタ研究を生涯の職業にしようと奮闘する。バッタの生態等は諸般の事情によりほとんど記述がない。ただただ著者の悪戦苦闘談のオンパレードです。バッタに触りすぎてアレルギーになっても ... (続きを読む)

人間らしさと人工物っぽさのちょうどいい具合の中間を「不気味の谷」というらしいが、この本は、"この人ヤバくね? 頭おかしくね?" というのと、"すごいな…熱いし真剣に研究してるんだな…"っていうのの、ち ... (続きを読む)

ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択


» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック