誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 大河ドラマ入門 (光文社新書)

大河ドラマ入門 (光文社新書) の商品情報

大河ドラマ入門 (光文社新書)
大河ドラマ入門 (光文社新書)を Amazon.co.jp で見る
大河ドラマ入門 (光文社新書)
小谷野 敦 (著者)


レーベル : 光文社
ASIN : 4334035469

8 users

過去最高ランク:

17 位 (2010/01/31)

最近:

2010/02/03 54
2010/02/04 83
2010/02/05 104
2010/02/06 137
2010/02/07 175
2010/03/08 137
2010/03/09 165

ピーク時:

2010/01/28 77
2010/01/29 105
2010/01/30 17
2010/01/31 17
2010/02/01 27
2010/02/02 33
2010/02/03 54

この商品を取り上げているウェブリブログ

新年も13日経ちましたが^^;本年も「何でも読書会」をよろしくお願いいたします新春第一回目に相応しい本のご紹介からスタートです^^百人一首の秘密―驚異の歌織物青木書店 林 直道 Amazonアソシエイ ... (続きを読む)
「国盗り物語」あたりから見始め、「風と雲と虹と」が決定打となった…というのが、あまりにも自分と似すぎているから、最初は読むのを躊躇ったぐらいである。 内容も、もし良くあるような、カタログ的なものだった ... (続きを読む)

著者は大河ドラマとほぼ同じ年数を生きてきたという。確かに、どの大河の記憶を持っているか、ということでトシがばれる危険性も大きい。なんとなく、著者と私は、脚本家の好みが微妙に似ているかも知れない(汗)い ... (続きを読む)
 帯に大きく「全48作を徹底検証!」とありますが、これはまずいでしょう。著者は大河ドラマ放送開始とほぼ同年齢なので、ごく限られた回しか残っていない、初期の番組については、検証するどころか、見ることすら ... (続きを読む)

大河ドラマと年齢がほぼ一緒で、大河ドラマの大ファンという著者が、テーマごとに大河ドラマについて感想を綴った本である。内容は、原作、キャスト、音楽、史実との比較、盗作についてと分かれている。さすがに大フ ... (続きを読む)
大河ドラマファンというか、マニアの領域だという筆者が、全48作を様々な切り口から分析し、毒舌たっぷりに語った一冊。「入門」とあるけれど、それよりはもうちょっと深い内容かも。大河好きには楽しい。見方は、 ... (続きを読む)

今年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」がスタートしたばかりですが、来年の大河ドラマ「江(ごう)?姫たちの戦国」の主演が上野樹里さんに決まりましたね。数々の修羅場を潜り抜けて戦国時代を生き抜いた浅井三姉妹、こ ... (続きを読む)

ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択

» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック