誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 利己的な遺伝子 <増補新装版>

利己的な遺伝子 <増補新装版> の商品情報

利己的な遺伝子 <増補新装版>
利己的な遺伝子 <増補新装版>を Amazon.co.jp で見る
利己的な遺伝子 <増補新装版>
リチャード・ドーキンス (著者)

日高 敏隆 (翻訳) 岸 由二 (翻訳) 羽田 節子 (翻訳) 垂水 雄二 (翻訳)

レーベル : 紀伊國屋書店
ASIN : 4314010037

7 users

この商品を取り上げているウェブリブログ

zakki竹内久美子
そんなバカな!―遺伝子と神について (文春文庫)文藝春秋 竹内 久美子 Amazonアソシエイト by 浮気人類進化論きびしい社会といいかげんな社会 (文春文庫)文藝春秋 2012-09-20 竹内 ... (続きを読む)
←さまざまな体内時計拡大画像は、こちら。※asahi.comさんの記事とからだカルテさんの画像を、お借りしました。※人気ブログランキングへ※ニュースブログランキングへ※FC2 Blog Ranking ... (続きを読む)

遺伝子についてわかったような気になります。「遺伝子は不死身である」とか、表現が文系に寄っているので読みやすいです。利己的な遺伝子 <増補新装版>紀伊國屋書店 リチャード・ドーキンス Amazon ... (続きを読む)
昨日、15時過ぎからアニメショップ巡りをした後、友人とメイドカフェ、串焼き居酒屋さんを梯子して、終電ぎりぎりぐらいまで語り合った。この友人は大学時代からの付き合いで、同じエンジニア出身でオタク話からテ ... (続きを読む)

もしかして・・・。iPS細胞?
最近、アルファベットの細胞の名前をよく聞く。何か、学のあるお方が、何かを作ったのか、発見したのか?私にはどちらでもよいことだが・・・。数年前に、遺伝子組み換えで問題になった。植物、大豆などの農産物に使 ... (続きを読む)
『人間は「利己的な遺伝子」を持った生き物かもしれないが、たとえ「身を削る」ことになっても他者と分かち合うことで満足感を得られるとする研究結果』が。。。すごく面白いですね。特に、状況が悪くなると個人も組 ... (続きを読む)

前回に引き続き、遺伝子関連の本のご紹介をもう一冊。今回ご紹介するのは、‘利己的な遺伝子’です。‘利己的な遺伝子’は遺伝子を題材にした本の中では珍しく、文学的に洗練された表現で遺伝子を説明しています。あ ... (続きを読む)

ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択

» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック