誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. イニシエーション・ラブ (文春文庫)

イニシエーション・ラブ (文春文庫) の商品情報

イニシエーション・ラブ (文春文庫)
イニシエーション・ラブ (文春文庫)を Amazon.co.jp で見る
イニシエーション・ラブ (文春文庫)
乾 くるみ (著者)


レーベル : 文藝春秋
ASIN : 4167732017

38 users

過去最高ランク:

32 位 (2018/01/01)

最近:

2018/01/25 174
2018/01/26 175
2018/01/27 177
2018/01/28 184
2018/01/29 187
2018/01/30 192
2018/01/31 197

ピーク時:

2017/12/31 33
2018/01/01 32
2018/01/02 39
2018/01/03 46
2018/01/04 49
2018/01/05 52
2018/01/06 59

イメージ画像

クリックするとメイン画像が変わります。
クリックするとメイン画像が変わります。 クリックするとメイン画像が変わります。 クリックするとメイン画像が変わります。

この商品を取り上げているウェブリブログ

パンク所長:今日はですね、イニシエーション・ラブっていう恋愛小説の様相を呈したミステリー小説を紹介します。レッド研究員:はい、、表紙がモロに恋愛小説を装っていますね。パンク所長:まぁまぁ確かにこの表紙 ... (続きを読む)
a style〜ひとりごと〜年の瀬のごあいさつ
どうも、えーたです!このところブログ更新してないなあ…などといってるうち、いつのまにやら年の瀬になってしまいました。いかんいかん、来年こそは!と、ただいま絶賛猛省しとります…(´∵`) 。そんなわけで ... (続きを読む)

イニシエーション・ラブこの本の作家は乾くるみ、「くるみちゃん」か、と私はてっきり若い女性だと思っていました。しかし写真を見ると髭をはやしたおっさんだったのです。しかも新人でも若いわけでもない。さて、作 ... (続きを読む)
前言撤回します!先月エントリーしましたスレイ・ベルズの記事でクリスタル・キャッスルズのアリスのルックスは好きだけどサウンドはイマイチ…みたいに宣ってしまいましたが記憶を頼りに書き飛ばしてしまった文章で ... (続きを読む)

映画『イニシエーション・ラブ』2015年 日本 配給:東宝 原作:乾くるみ 監督:堤幸彦 脚本:井上テテ 出演:松田翔太 前田敦子 木村文乃 森田甘露 三浦貴大 山西惇 木梨寛武 手塚里美 片岡鶴太郎 ... (続きを読む)
Jの神話 (講談社文庫)講談社 乾 くるみ Amazonアソシエイト by ”Jの神話”乾くるみ著 講談社文庫(2002/06発売)(1998/02発売、講談社ノベルスの文庫版。解説:小森健太郎。20 ... (続きを読む)

 映画化された「県庁おもてなし課」やテレビ化された「三匹のおっさん」又「図書館戦争シリーズ」を著した、有川浩(ありかわひろ)さん。 王様のブランチでアンジャッシュの渡部さんが2度読み必至とめちゃ推しし ... (続きを読む)
こんばんは。先日、少し前になにかと話題になっていた(?)「イニシエーション・ラブ」という小説を読みました。「最後から2行目で、全く違った物語に変貌する」「必ず2回読みたくなる」等々、書いてありましたの ... (続きを読む)

イニシエーション・ラブ (文春文庫)文藝春秋 乾 くるみ Amazonアソシエイト by 大学四年の僕(たっくん)が彼女(マユ)に出会ったのは代打出場の合コンの席。やがてふたりはつき合うようになり、夏 ... (続きを読む)
この小説は有名すぎて紹介の必要もないかもしれないが、単なる恋愛小説ではないことだけは言っておこう。むしろ、それ以上は言ってはならない気がする。そんな要素を含んだ本である。イニシエーション・ラブ (文春 ... (続きを読む)

 最後まで読まないとわからない、なかなかのミステリでした。 ミステリだと思って読まなければ、最後まで読んでもわからなかったかも。 文春のサイトのコピーから抜粋しますと・・・・・・ 僕がマユに出会ったの ... (続きを読む)
なのか?という疑問符が、読後のいまでも頭から離れません。なんでこの本に行き着いたのか、仔細は忘れましたが、(たぶん、何かのネット検索してて見つけた)「最後から二行目で、本書は全く違った物語に変貌する。 ... (続きを読む)

ある時、本屋で目に止まったのですが、”最後から二行目で、本書は全く違った物語に変貌する”、”必ず二回読みたくなる”といった煽り文句が飛び交っており、興味を引かれてまんまと買ってしまいました。読んでみる ... (続きを読む)
青葉休眠録3月の読書
今月の読書は、7冊。誉田哲也をとりあえず極めてみようかなと思っています。2011年3月の読書メーター読んだ本の数:7冊読んだページ数:2167ページ■ジウ〈2〉―警視庁特殊急襲部隊 (中公文庫)伊崎が ... (続きを読む)

 「イニシエーション・ラブ」という本を読みました。乾くるみという人が書いた本で、ネットでオチが面白い本として紹介されていたので衝動買いしたものです。長編というほどの分量でもないので一気に読んだんですが ... (続きを読む)
Husky's Cafe blogイニシエーション・ラブ
乾くるみさんの『イニシエーション・ラブ』について書く!『リピート』という本がたまたま目に入り、裏表紙のあらすじを読むととても面白そう!と、読んだのが1月ほど前かな。これは、ある男性から突然電話がかかっ ... (続きを読む)

バムセの日記ちゃん読書備忘録
最近読んだ本の記録。乾くるみ 『イニシエーション・ラブ』歌野 晶午の『葉桜の季節に君を想うということ』と並ぶラスト大どんでん返し代表作という事で読んでみました。かなり久々の恋愛小説。だけどトリックすご ... (続きを読む)
絶対2回読みたくなる!という謳い文句に惹かれて図書館で借りてみました。最後の2行目で大どんでん返し!らしいので本当にワクワクしつつ、でも騙されないぞ!と怪しそうなところはじっくり読んで・・・。もう後半 ... (続きを読む)

O沢日記。イニシエーション・ラブ。
僕がマユに出会ったのは、代打で呼ばれた合コンの席。やがて僕らは恋に落ちて…。甘美で、ときにほろ苦い青春のひとときを瑞々しい筆致で描いた青春小説―と思いきや、最後から二行目(絶対に先に読まないで!)で、 ... (続きを読む)
Tick Over - 時の音 -恋愛小説!?
何年ぶりでしょう・・・恋愛小説を読みました♪私が読む本といえば、仕事関係の本とか実用書が大半なわけですが、少し気疲れしていたこともあり、話題(?)になっていた小説を衝動買い。感想は・・・なにこれっ!そ ... (続きを読む)

乾くるみの『イニシエーション・ラブ』を読んだ。イニシエーション・ラブ (文春文庫)文藝春秋 乾 くるみ Amazonアソシエイト by ウェブリブログ最後の二行が驚きって触れ込みで読んでみたけど、感想 ... (続きを読む)
 乾くるみの「イニシエーション・ラブ」を読んでみました。きっかけはおきにいりのモデルさんが読んでいたのと本屋さんでもおすすめになっていたので・・・という理由ですがこの作品・・・・最後の二行(ぜったい先 ... (続きを読む)

八分目にしとこ。弁護側の証人
この夏、久し振りに読書三昧。自分は本が好きだったのだと本当に久しぶりに思った。これから読み始める本がたくさんあるのってなんて幸せなんだろう。そんな感覚がよみがえってきた今年の夏。自分の好みで読むとえら ... (続きを読む)
 珍しく時代ものではなく現代小説を読んでみました。と言うのも、友人からの強い勧めがあったから。とはいえ、なぜお勧めなのか?どんな話なのかは全く聞かされず、自分でも調べずに全く予備知識を持たない状態で読 ... (続きを読む)

・・・ヤラレタ;;;まんまと著者にしてやられました。くーっ、悔しい!side-Aとside-Bという二つの章からなるこの小説は、”ミステリ”と脈打ちながらただの恋愛小説でして。淡々と綴られる青春の日々 ... (続きを読む)
イニシエーション・ラブ (文春文庫)文藝春秋 乾 くるみ Amazonアソシエイト by ウェブリブログミステリー作家の書く本格恋愛小説!絶対2度読みたくなる!って噂の一冊。噂は………本当でした。ふつ ... (続きを読む)

僕とマユが出会ったのは代打で出た合コンの席。その後僕らは恋に落ちて・・・。「必ず2度読みたくなる」と評された驚愕のミステリー。というお話。詳しくはたけぐしさんのところで確認していただくとして・・・。な ... (続きを読む)
イニシエーションラブ乾くるみ他のミステリーとは全く異なる構成で、殺人も無ければ、そもそも事件らしい事件もなく淡々と物語が進んでゆく構成。内容も恋愛小説といった様相で、ミステリーとして本書を手にした人は ... (続きを読む)

リルさんのFlogBlog伝達するは難しい
 天気は良。 今日は昼から友人N氏と食事。 前の日記に書いた通り、ここでひつまぶしを食しました。 N氏は親愛なるM・K氏やM氏と同じく付き合いが長いです。そうなると人間は寛容になるようで、普段なら打ん ... (続きを読む)

ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択



» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック