誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. センセイの鞄 (文春文庫)

センセイの鞄 (文春文庫) の商品情報

センセイの鞄 (文春文庫)
センセイの鞄 (文春文庫)を Amazon.co.jp で見る
センセイの鞄 (文春文庫)
川上 弘美 (著者)


レーベル : 文藝春秋
ASIN : 4167631032

8 users

過去最高ランク:

47 位 (2012/02/11)

最近:

2012/02/11 47
2012/02/12 61
2012/02/13 85
2012/02/14 120
2012/02/15 141
2012/02/16 168

ピーク時:

2012/02/11 47
2012/02/12 61
2012/02/13 85
2012/02/14 120
2012/02/15 141
2012/02/16 168

この商品を取り上げているウェブリブログ

四☆月読みセンセイの鞄
川上弘美 著文春文庫 2004購入しました。久々に電車に乗ることになったので駅の近くの本屋さんで、衝動買いです。先生がカタカナなのが、とっても気になりました。お話はというと駅前の居酒屋で偶然高校の先生 ... (続きを読む)
川上弘美 著 (文春文庫)二年前に初めて読んでから何回読み返したことでしょう。でも、この本・・好き過ぎてなかなか感想文が書けませんでした。この本を読んだすぐ後に、とあるサイトでこの本についての書評とい ... (続きを読む)

賛否(と云うより、そもそも個々人の歳の差の恋愛に対する価値観の違いかもしれません)が大きく分かれる作品だと思うけれど、気づいたらツキコ、センセイ両方の立場で、代わるがわる視点を入れ替えながら読んでいま ... (続きを読む)
 「センセイの鞄」に湯豆腐の話が書いてある、と教えてもらった。 湯豆腐がだいすきなので読んでみた。 作者は川上弘美。 この作品は「多くの中高年男性を舞い上がらせた」とか。定年後のセンセイが教え子のツキ ... (続きを読む)

「ワタクシも、ツキコさんが好きです」鞄の中には何がある? 「センセイ」は私の高校時代の古文の先生。10数年ぶりに再会したセンセイとわたしが、過ごした、あわあわと、そして色濃く流れゆく日々。長篇恋愛小説 ... (続きを読む)
昨日、沢田研二さん出演の舞台 『新センセイの鞄』(新神戸オリエンタル劇場)を観てきました。席は端っこの方で少し見えづらくはあったけれど、前から4列目!こういう場では必需品である双眼鏡を持っていくのをす ... (続きを読む)

本と父親とadministratorセンセイの鞄
いつもの自分なら、川上弘美は読まないんだが、これまた某掲示板でお勧め本として紹介されていたので、また騙されたと思って読んでみた。実を言うと、この本を読む前に「東京島」を読んでいたのだが、昨日も書いたけ ... (続きを読む)
Show the ショウセンセイの鞄
「居酒屋シリーズ」の太田和彦さんの本のあとがきを書かれていたのが、作者の川上弘美さん。ちょいと検索したら「センセイの鞄」を書いた人ね〜と思いつつ。ドラマ化されたときに、タイトルは頭に入ったんだけど、本 ... (続きを読む)


ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択

» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック