誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 三陸海岸大津波 (文春文庫)

三陸海岸大津波 (文春文庫) の商品情報

三陸海岸大津波 (文春文庫)
三陸海岸大津波 (文春文庫)を Amazon.co.jp で見る
三陸海岸大津波 (文春文庫)
吉村 昭 (著者)


レーベル : 文藝春秋
ASIN : 4167169401

31 users

過去最高ランク:

46 位 (2011/08/06)

最近:

2011/08/09 131
2011/08/10 171
2011/09/09 154
2012/02/29 75
2012/03/01 102
2012/03/02 143
2012/03/03 188

ピーク時:

2011/06/03 62
2011/06/04 81
2011/06/05 114
2011/06/06 147
2011/06/08 57
2011/06/09 78
2011/06/10 118

この商品を取り上げているウェブリブログ

そりゃ、南米から日本って真正面だし途中に波を遮るものがないし、日本のリアス式海岸などの近海の津波でも被害を大きくしてしまう地形があるのだから当然じゃん?とは思ったけど、途中のハワイより日本の方が被害が ... (続きを読む)
奇跡のポプラ越喜来の港にある津波に耐えたポプラすぐ道路筋向かいには「三陸大王杉」が有ります。画像はクリックして拡大出来ます。三陸海岸大津波 (文春文庫)文藝春秋 吉村 昭 Amazonアソシエイト b ... (続きを読む)

この話は以前にも新聞で報道されたはず国交省の検討会で始めて報告したというのがニュースなのかな津波:「奥尻級」1000年周期…日本海側 国交省検討会 東日本の日本海側では1000年程度の間隔で、北海道南 ... (続きを読む)
緑茶のブログ断層原発の調査徹底を
原発の重要施設の一部の直下の断層については、徹底的に調査して欲しいです。断層がない号機および原発を、再稼動すべきです。断層については、徹底的に調査が必要です。徹底図解 東日本大震災の真相 (双葉社スー ... (続きを読む)

○吉村昭氏は地震や津波の専門家ではありません。小説家です。しかし、著書では、明治29年、昭和8年、昭和 35年の3度にわたって三陸海岸を襲い甚大な被害を及ぼした大津波について、実際に現地を訪ね、古い文 ... (続きを読む)
「最大35m津波も」…北海道沖でM9・1想定 北海道防災会議の地震専門委員会作業部会(座長=笠原稔・北海道大名誉教授)は20日、北海道太平洋沖で巨大地震が起きた場合の新たな津波予測の中間報告をまとめた ... (続きを読む)

チヌの海春ですね
[元気で逃げ回るタコ]日中はやや暖かくなり、体力をつけるのに近所の海岸を少し散歩し始めた。例年ならこの時期は流れ着くワカメ獲りの近所の方々で一杯なのですが、今年は遅れておりポツリポツリしか見えません。 ... (続きを読む)
ホンダマチコの関心事大船渡〜気仙沼
仕事で一関から車で大船渡に向かう。今まで通いなれた気仙沼生きの道ではなく、山の中の道を車で移動。周りは雪ばかりで、なかなか寒そう。人の足跡のない雪の上を獣の足跡が移動している。野良犬か、いたちか、野う ... (続きを読む)

東日本大震災:津波の速度 流された巨岩などから計測http://mainichi.jp/select/science/news/images/20111222k0000e040193000p_size ... (続きを読む)
やっぱり千さんは郷土の英雄だよこの写真が全てを物語っている。震災直後の3/12〜5/1まで発行の東海新報を縮小し一冊の本にまとめたもの実際に被災地では震災後数週間新聞配達が出来なかったため震災翌日以降 ... (続きを読む)

9日岩手日報2面の上段記事は、そうだろうななと思いつつもショックでした。住民台帳の上での事だから沿岸に実際に住んでいる方達はもっと少ないのかも知れない。東北地方の人口の地域的偏りは、震災に始まった事で ... (続きを読む)
asahi.com(朝日新聞社):遮断機との接触事故相次ぐ 渋滞原因 大分・田室仮踏切 - 鉄道 - トラベルhttp://www.asahi.com/travel/rail/news/SEB2011 ... (続きを読む)

平川先生はあちこちの津波堆積物調査に精力的ですね 宮城県気仙沼市の海岸で、10メートル級の巨大津波が過去約6000年間に6回襲来していたとみられる痕跡を、北海道大の平川一臣(かずおみ)・特任教授(地形 ... (続きを読む)
三陸海岸大津波 (文春文庫)文藝春秋 吉村 昭 Amazonアソシエイト by ... (続きを読む)

BUTCH & KID三陸海岸大津波
最近話題になっている本ですね。吉村昭著「三陸海岸大津波」ウチの母親に読みなさいと言われて渡されたので読んでみました。(兄もブログで紹介していたらしいです。)まぁ、東京電力も保安院も経済産業大臣も全く信 ... (続きを読む)
大正12年9月1日、東京では、朝から蒸し暑く、時々にわか雨が降ったり、また急に烈しい日が射したりしました。ちょうど、お昼になろうとする時でした。気味にわるい地鳴りとともに、家も塀も、一度に激しく振動し ... (続きを読む)

 著者である吉村昭が、現地の体験者の証言をもとに幾度となくやってくる三陸海岸に訪れる大津波の様子をまとめた一冊。 明治29年、昭和8年、そして、昭和35年チリ地震津波。青森・岩手・宮城の三県にわたる三 ... (続きを読む)
こりゃま日記『三陸海岸大津波』吉村昭
とにかく一読を 文春文庫で、今年4月第10刷。 読みたいと思っていた名著。 このたびの大災害のTV映像が脳裏に焼き付いているが、これは、1970年頃に書かれた記録文学だ。 だれにとっても一読の価値があ ... (続きを読む)

記録小説3/11の後なので。生々しそうで、どうかと思っていたけれど。どうか、一度、読んでみて。と思う。三陸海岸大津波 (文春文庫)文藝春秋 吉村 昭 Amazonアソシエイト by ... (続きを読む)
ゴールデンウィークが終わってから、なんやかやで7、8冊ほど読みましたが、大半が医療系の作品に集中していました。『白い航跡』 吉村 昭 著時々、吉村 昭 作品を読んでいます。最近は『三陸海岸大津波』が、 ... (続きを読む)

房総シェルティー日記3ヶ月目の仙台
またしてもブログを放置している内に気がつけば6月。震災から、早くも3ヶ月です。先週末、再び仙台に行ってきました。今回の目的は小学校の同窓会。今まで、この手のイベントは悉くスルーしてきた私ですが、震災を ... (続きを読む)
チヌの海やっと書名を思い出した
『大正4年11月6日午前6時過ぎ、宮城の2重橋に馬の蹄の鳴る音がきこえてきた。・・・・・・・』など等(関東大震災 吉村昭 著)、作家・吉村昭さんの文章には、その場で同時刻、一緒に佇んで見ていたかのよう ... (続きを読む)

sunrise japan次の勝ち組なるために!!
今は、忍耐が必要です。ついこの間まで人生の勝ち組・負け組とかいっていましたが、人生は負ける時もあれば勝つ時もあると思います。負けている時に、次に勝つ準備をひたむきにしておくことが大切です。ひたすら勉強 ... (続きを読む)
保険会社では震災の被害調査を行っています。そんな時に参考になるのが、「事故における契約者心理の変化モデル」です。事故を起こした契約者は当初≪心理・情緒的過程≫にあります。この過程は、さらに3つの段階に ... (続きを読む)

震源域東側でM8級、早ければ1か月内…専門家http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110414-00000112-yom-sci読売新聞 4月14日(木)3時15分配 ... (続きを読む)
波間のウロコ吉村昭
吉村昭氏の本が売れているそうだ。この本、以前とはタイトルを変えたという記事を見たけれど…三陸海岸大津波 (文春文庫)文藝春秋 吉村 昭 Amazonアソシエイト by 吉村昭氏の本は、一時期よく読んだ ... (続きを読む)

東北関東大震災では、10mもの高さの巨大な防波堤をはじめとして多くの堤防を津波が乗り越えて、住宅地に被害をもたらしました。 一方で、多くの島を持つ、松島では、島が津波の威力を和らげ、被害がほとんどない ... (続きを読む)
薄い本には、何やら魂が籠もっているものなのですね。そう言う点では、最近この本のことを思い浮かべました。『三陸海岸大津波』です。「ヨダだ!」とありますが、ヨダは大津波のことだそうです。理由はね、はっきり ... (続きを読む)

戦前の絵葉書で、大船渡湾細浦全景です。戦前の大船渡湾を写した絵葉書です。大正時代の絵葉書と思われ、気仙名所となっているところから、当時は気仙郡だったのでしょう。一枚しか所持していないので、どのようなセ ... (続きを読む)

ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択

» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック