誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 水底フェスタ

水底フェスタ の商品情報

水底フェスタ
水底フェスタを Amazon.co.jp で見る
水底フェスタ
辻村 深月 (著者)


レーベル : 文藝春秋
ASIN : 4163807705

7 users

過去最高ランク:

146 位 (2011/11/08)

最近:

2011/11/08 146
2011/11/09 186

ピーク時:

2011/11/08 146
2011/11/09 186

この商品を取り上げているウェブリブログ

直木賞受賞後、「ツナグ」の作品以来、ちょっとはまっている著者の作品。今回も、各登場人物についての特徴や心理描写は丁寧に描かれているが、題名にも登場する(野外)フェスタと地域の閉塞性の対比が物足りない感 ... (続きを読む)
本と父親とadministrator水底フェスタ
辻村深月にしては読み終わった後の余韻がなかったな。いつもは人との繋がりにビックリさせられるのに、それがあまりなかったし。そうストーリーがありきたりすぎる?それか由貴美の動機に作者らしさがなかった所為だ ... (続きを読む)

2011年最後に読んだのはこの作品でした。この1年は「辻村作品コンプリート!」を目指していたので、1年の締めくくりに相応しい本だな〜とちょっと感慨深いものを感じたりもしました。・・・が!なんだか、ちょ ... (続きを読む)
Bathing Bear『水底フェスタ』(辻村深月)
ロックフェスや幼馴染みとの高校生活と聞けば爽やか青春小説っぽく感じそうなのに、実は中身は地縁血縁どろどろのブラックワールドでした。なのに、嫌悪感少なく読めてしまったのが意外なほど。出てくる人たちが皆、 ... (続きを読む)

ネットでも書評でも言われている通り、辻村作品らしくない…もしくはこれを新境地とも言うのだろうか。とにかく今までの、ラストに「救い」のある物語とは違ったテイストである。田舎育ちにありがちな「こんな処に染 ... (続きを読む)
 帯には、「辻村美月が描く一生に一度の恋。」と書いてあったのですが、私は勝手にサスペンスと思い込んでしまっていて、本書は湖とかに沈められた連続殺人事件の真相解明ストーリーだと思っていました。 しかしい ... (続きを読む)

このところ立て続けにおもしろい作品を出していた辻村さん。今回も読み出してすぐに「おもしろい」と思った。アイドルが自分を選んでくれるという設定は、男の読み手にとっては共感しやすいものだし、スケールの大き ... (続きを読む)

ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択

» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック