誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 小さいおうち

小さいおうち の商品情報

小さいおうち
小さいおうちを Amazon.co.jp で見る
小さいおうち
中島 京子 (著者)


レーベル : 文藝春秋
ASIN : 4163292306

27 users

過去最高ランク:

21 位 (2010/10/06)

最近:

2014/02/27 116
2014/02/28 134
2014/03/01 122
2014/03/02 141
2014/03/03 156
2014/03/04 172
2014/03/05 194

ピーク時:

2014/02/19 27
2014/02/20 34
2014/02/21 45
2014/02/22 48
2014/02/23 63
2014/02/24 78
2014/02/25 82

イメージ画像

クリックするとメイン画像が変わります。
クリックするとメイン画像が変わります。 クリックするとメイン画像が変わります。

この商品を取り上げているウェブリブログ

濡れ場も辞さず ベルリン女優賞・黒木華が語っていた「覚悟」日刊ゲンダイ2014年2月18日 掲載http://gendai.net/articles/view/geinox/148062大女優の風格/ ... (続きを読む)
 昨日は雪掻きも一段落したので、ベルリン映画祭で銀熊賞を受賞した山田洋次監督の「小さいおうち」を観てきました。シネティアラで9:45からの上映でした。映画はオリンピック観戦で寝不足にも拘らず居眠りをす ... (続きを読む)

「小さいおうち」原作者・中島京子氏が語る安倍政権の危うさ、怖さ日刊ゲンダイ2014年2月8日 掲載http://gendai.net/articles/view/news/147819注目の人直撃イン ... (続きを読む)
23歳で「山田組」入り ブレーク女優・黒木華の“実力”日刊ゲンダイ2014年1月27日 掲載http://gendai.net/articles/view/geino/147521初日舞台挨拶/(C) ... (続きを読む)

ベルリン映画祭で大金星 主演の松たか子を「食った」黒木華日刊ゲンダイ2014年2月17日 掲載http://gendai.net/articles/view/geino/148030 日本人女性4人目 ... (続きを読む)
黒木華ってどんな人? NHK朝ドラ「純と愛」で頭角 ベルリン国際映画祭最優秀女優賞ZAKZAK2014.02.17http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-n ... (続きを読む)

Balkan's Memorandum小さいおうち 【本】
中島京子2010年5月30日刊文藝春秋 ¥1581(+税)最近、「くださいませ」という言い回しをよく見かける気がする。「ご一読くださいませ」「お運びくださいませ」「ご自愛くださいませ」……この山の手の ... (続きを読む)
本と父親とadministrator小さいおうち
司馬遼太郎が書けなかった戦争の頃の昭和でも、その時代の中で一所懸命人を愛していたんだ。現代の日本人から見れば、何かと暗さがつきまとう時代だけど、その時代に青春を過ごした普通の人々は、そんな暗さを感じさ ... (続きを読む)

Bathing Bear『小さいおうち』(中島京子)
戦前に、住み込みの女中として働いていたタキが当時のことを書きのこす形で物語は進みます。大戦に向かう時代ではあっても庶民の生活は今とあまり変わらないように穏やかで物語上、特に大きな動きがあるわけでもなく ... (続きを読む)
TOMKY's Note小さなおうち
正直なところ、良さが分かりませんでした。たぶん反戦小説なのだと思います。でも、登場人物のタキも奥さん(時子)も、ちっとも賢くなくて気持ち悪いお話です。作者の言いたいところが汲み取れなかった気がします。 ... (続きを読む)

好きなものブログ直木賞 2008-2010
第143回(2010年上半期)小さいおうち文藝春秋 中島 京子 Amazonアソシエイト by 第142回(2009年下半期)廃墟に乞う文藝春秋 佐々木 譲 Amazonアソシエイト by ほかならぬ ... (続きを読む)
ななのナイショ話小さいおうち
中島京子の「小さいおうち」かわいらしい表紙につられ手にとってみました。女中のタキさんの覚書として、小さいおうちの幸せだった頃の思い出が、戦前から戦中にかけて書かれています。女中さんて聞いたことはあった ... (続きを読む)

直木賞受賞という華やかさもさることながら、私の周りの読書家さんたちの間ですごぶる評判がいい♪昭和初期の家政婦が綴る話であるが、「家政婦は見た」的なものではなく、あくまでも品良く、心情や様子が細やかで読 ... (続きを読む)
1日で読み終えました。一気に読ませられました。昭和初期の華やかしころの東京を舞台に、小さいおうちに女中として住み込み、美しい時子奥様にお仕えするタキさんの回想録という形で物語は進んでいきます。感想文は ... (続きを読む)

第143回直木賞を受賞した、中島京子さんの『小さいおうち』を近所のスーパーで買ってきた。明日は読む時間が作れそうなので、ゆっくり読み始めることにする。読書メーターの感想文もさすが直木賞だけにすごい 5 ... (続きを読む)
序盤は、正直言ってあまりそそられませんでした。 戦時下の一般国民の生活は、子供の頃に聞く機会にかなり恵まれていたので、タキさんのお話は特別新鮮でもなかったし、加えて、向田邦子さんのエッセイを思わせる雰 ... (続きを読む)

相方がどこで見つけたのかわからないが借りた本。しかし、久々に素晴らしい小説だった。途中からぐっとひきこまれ、最後までやめることができなかった。いまどき、こんなに心を動かす小説を書く人がいたのだなぁ小さ ... (続きを読む)
なかなか時間がかかった。最後の一章のための長〜い一冊。という印象。小さいおうち文藝春秋 中島 京子 Amazonアソシエイト by ... (続きを読む)

今回は『小説』をテーマにした記事で100件目です。結構、色々な事を書きためてきました・・・。今回は昨日(7/15)に発表された第143回直木賞の受賞作品である‘小さいおうち’をご紹介します。‘小さいお ... (続きを読む)
第143回の芥川賞と直木賞が決定しました芥川賞が赤染晶子の「乙女の密告」、直木賞は予想外で中島京子の「小さなおうち」となりましたhttp://www.zakzak.co.jp/entertainmen ... (続きを読む)

嬉有箱小さいおうち
『小さいおうち』中島京子面白かったですね?(^^)v帯には 昭和モダンの記憶を綴るノートに隠されたひそやかな恋愛事件  赤い三角屋根の家で美しい奥様と過ごした女中奉公の日々を振り返るタキ。そして60年 ... (続きを読む)
 7/2、第143回直木賞候補作が発表になりました。ちなみに第143回芥川賞候補作はこちら。候補作品は以下の6作品です。乾ルカ 『あの日にかえりたい』 実業之日本社あの日にかえりたい実業之日本社 乾 ... (続きを読む)


ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択


» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック