誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. BORN TO RUN 走るために生まれた ウルトラランナーVS人類最強の“走る民族"

BORN TO RUN 走るために生まれた ウルトラランナーVS人類最強の“走る民族" の商品情報

BORN TO RUN 走るために生まれた ウルトラランナーVS人類最強の“走る民族"
BORN TO RUN 走るために生まれた ウルトラランナーVS人類最強の“走る民族"を Amazon.co.jp で見る
BORN TO RUN 走るために生まれた ウルトラランナーVS人類最強の“走る民族"
クリストファー・マクドゥーガル (著者)

近藤 隆文 (翻訳)

レーベル : NHK出版
ASIN : 4140814144

21 users

過去最高ランク:

33 位 (2010/09/08)

最近:

2016/02/23 86
2016/02/24 95
2016/02/25 108
2016/02/26 120
2016/02/27 133
2016/02/28 148
2016/02/29 158

ピーク時:

2016/02/18 45
2016/02/19 47
2016/02/20 57
2016/02/21 72
2016/02/22 78
2016/02/23 86
2016/02/24 95

この商品を取り上げているウェブリブログ

髭剃り日記最近ハマっていること
髭剃りの業界で、両刃カミソリがマイナーになってしまい、髭剃りで一番大切な深剃りという点で劣っているカートリッジ式のカミソリが、広告の力でメジャーになってしまっている、という状況と同じことが、他の業界で ... (続きを読む)
穏やかで暖かな「正月休み」に、ずいぶんトレイルを楽しむことができました。〔「飯森尾根」から「六甲山」方面を望む〕明日からまた、当たり前のことだけれど“普段の日常生活”が始まる。この1週間が、とてつもな ... (続きを読む)

 “水”は、エネルギーを保持する能力が高い物質だ。 だから、走っているときに飲むドリンクを冷たくしておくこともできるし、喫茶店で出すコーヒーも温かいまま提供することができる。 もしエネルギーを保持する ... (続きを読む)
【健康】ランニングとウォーキングはどちらが体にいいか?1 :科学ニュース+板記者募集中!@pureφ ★ [mail↓] :2013/05/12(日) 22:07:42.37 ID:???ランニングと ... (続きを読む)

今日もフォームのみ意識しながら走ってみた。いつもより時間がかかっているにもかかわらず、何故か時間が短く感じたのはあの本のおかげかな(結局1時過ぎまで読み続けてしまった)BORN TO RUN 走るため ... (続きを読む)
裸足ランニング―世界初!ベアフット・ランナーの実用書 (ランニングBOOK)ベースボールマガジン社 吉野 剛 Amazonアソシエイト by 読書の他に、マラソンが趣味の私は、年に2,3回フルマラソン ... (続きを読む)

猫ひろしのマラソン最速メソッド 市民ランナーのサブスリー達成術 (ソフトバンク新書)ソフトバンククリエイティブ 猫 ひろし Amazonアソシエイト by マラソン界で川内優輝に次いで有名?な猫ひろし ... (続きを読む)
土曜日の新聞で、ふくらはぎが太いのは走り方の影響があると。足太いんだよね。私。でも、踵から着しない方法ってのが、良く分からない。BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強 ... (続きを読む)

日本語教育やってます裸足ランニング
毎日暑いですが、昨日はその最中、「裸足deランニング」という講習会に参加してきました!ちょっと前に、『Born to Run』という本を読んだことを書きましたが、これで興味を持った「出来るだけ裸足に近 ... (続きを読む)
TOMKY's NoteBORN TO RUN
面白い話です。“タラウマラ族の謎”についての話から“ランニングシューズがもたらした弊害”、最後は“タラウマラ族とのレース”と話が書かれています。最後の、銅渓谷のレースが終わってタラウマラ族と別れるとこ ... (続きを読む)

たび重なる故障を繰り返し走ることは人類にとって何なのか?そういう疑問を解決する過程をまとめたルポタージュが今回ご紹介する‘BORN TO RUN 走るために生まれてきた’です。‘BORN TO RUN ... (続きを読む)
BUTCH & KIDBORN TO RUN
水道橋博士が、「読み終わった絶対に走りたくなる!」と『キラ☆キラ』で大絶賛していたモンで、『BORN TO RUN 走るために生まれた』という本を読んでみたのです。・・・読み終わったとき、もう走ってま ... (続きを読む)

人間は本能的に長い距離を走るために生まれてきたのだと著者は主張しています。オラウータンと人間の違いはアキレス腱のあるなしや体全体に占める後頭部やお尻の大きさであり、オラウータンはそもそも長い距離を走る ... (続きを読む)
水女朝ラン
寒いので、生姜白湯入りの水筒が手放せなくなります。夕食後も飲んでから就寝すると体が温まっているせいか?寝起きが早くなります。今朝は5時に起きることができたので、出勤前土手に朝ランに出ました。街中を夜走 ... (続きを読む)

またまた凄い本に出会えた!『BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”』全米20万人の走りを変えた、ニューヨークタイムズ・ベストセラーこの冒険は、たったひと ... (続きを読む)
TV「世界ふしぎ発見」2010/09/04(土)21:00?メキシコの高地に住むララムリ族は走る民族と呼ばれているらしい。履いているシューズはタイヤのゴムを使ったわらじのようなもので、ワラッチというそ ... (続きを読む)

9/5の世界ふしぎ発見で紹介されていた南米メキシコのタラウマラ族。私がくつを脱ぎ捨てて裸足になりたい気持ちにさせてくれたきっかけはいくつかありますが本としてはこのタラウマラ族を取り上げた 「BORN  ... (続きを読む)
ウルトラランナーVS人類最強の“走る民族”初のフルマラソンを走りながら、キラキラのpodcastで水道橋博士がこの本を絶賛していたのでようやく入手、読んでみた。最初は主役がころころ変わるようで、ストー ... (続きを読む)

BORN TO RUN 走るために生まれた~ウルトラランナーVS人類最強の”走る民族”日本放送出版協会 クリストファー・マクドゥーガル ユーザレビュー:ランニング観がかわる ...小説としての出来が低 ... (続きを読む)
話があっちこっちいっちゃっていったいどうなることかと思ったが展開はさておき、目の前に並べられる話が1つ1つ興味深い。シューズがRUNの邪魔をするとはね。「おむつなし育児」を勉強し、紙おむつが排せつの本 ... (続きを読む)

モミジガサの探し方新しい走り方
最近 走り方について新しい方法がいくつか紹介されている。これは私を含めてランで膝等の障碍が増えてきたためと思われるこういうのは本を読むだけではなく、実際にコーチを受けないと、却ってフォームが崩れるだけ ... (続きを読む)

ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択

» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック