誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. カラマーゾフの兄弟〈上〉 (新潮文庫)

カラマーゾフの兄弟〈上〉 (新潮文庫) の商品情報

カラマーゾフの兄弟〈上〉 (新潮文庫)
カラマーゾフの兄弟〈上〉 (新潮文庫)を Amazon.co.jp で見る
カラマーゾフの兄弟〈上〉 (新潮文庫)
ドストエフスキー (著者)

原 卓也 (翻訳)

レーベル : 新潮社
ASIN : 4102010106

10 users

過去最高ランク:

165 位 (2013/01/07)

最近:

2013/01/07 165
2013/01/08 193
2013/02/10 173

ピーク時:

2013/01/07 165
2013/01/08 193
2013/02/10 173

この商品を取り上げているウェブリブログ

 『カラマーゾフの兄弟』は世界各国で何度も映画化されていて、ロシア語版・ドイツ語版・テレビドラマ化などそれぞれに面白い。今回はその中からイヴァンに現れる悪霊シーンの描き方に特化し、1968年ソヴィエト ... (続きを読む)
アホな痔主のブログ図書推薦!
完全に暇潰しですがなにか。1.ライ麦畑でつかまえて (白水Uブックス)白水社 J.D.サリンジャー Amazonアソシエイト by 学生時代の思いでの一作ですね。これを読むとなんだか懐かしくなる。昔は ... (続きを読む)

オヤジの親父は某日本最高学府を卒業し、とある文学者の研究者として人生を全うしてきました。まぁオヤジ不肖の息子って言うわけです。そんな不肖の息子も幼い頃から世界の文学全集に囲まれて育ちました。例えばパラ ... (続きを読む)
1月スタート ドラマ。やっぱりこれだ!土)21 日テレ『泣くな、はらちゃん』 長瀬智也 麻生久美子 丸山隆平      http://www.ntv.co.jp/harachan/   1/19スター ... (続きを読む)

カラマーゾフの兄弟1: 1 (光文社古典新訳文庫) [Kindle版]ドストエフスキー (著), 亀山 郁夫 (翻訳)  新潮社の『ドスエフスキー全集』を持っているので、原卓也訳で読んでいたのだが、寝 ... (続きを読む)
 ドフトエフスキーの 「カラマーゾフの兄弟」を読み終えました。読書ガイドやエピローグを含め2556ページの文庫本ですが、5巻からなる超長編小説でした。「最近、みー子はよく寝るなあ」 と感心している父 ... (続きを読む)

   第10章 カラマーゾフの兄弟 全然関係ないといえば全然関係ないんですけど――『あしたの、喜多善男〜世界一不運な男の、奇跡の11日〜』っていうドラマが放映になっていた時、カラマーゾフの兄弟ってネッ ... (続きを読む)
自分は‘カラマーゾフの兄弟’を読むのに半年以上かかりました。前置きが長いこと、長いこと!!‘カラマーゾフの兄弟’は簡単に言ってしまえば「女と金をめぐる父と子の骨肉の争い」という感じになります。しかし、 ... (続きを読む)

古代インド人的世界感によると、世界は風輪、水輪、金輪の円筒からできているそうだ。金輪にすんでいる人々が水輪との境目を金輪際、地の底とかいう意味なのだという。9月1日(火)定方 晟 『須弥山と極楽』を読 ... (続きを読む)
ホームトレーニーフォーストレップ法
  デッドリフト  3セット(112k)  ベントオーバーロー 1セット(50k)  首 上35  砂袋 右手35  ゲットアップシットアップ16r 1セット フォーストレップ法とは、ベンチプレスの場 ... (続きを読む)


ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択

» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック