誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 車輪の下 (新潮文庫)

車輪の下 (新潮文庫) の商品情報

車輪の下 (新潮文庫)
車輪の下 (新潮文庫)を Amazon.co.jp で見る
車輪の下 (新潮文庫)
ヘルマン ヘッセ (著者)

Hermann Hesse (原著) 高橋 健二 (翻訳)

レーベル : 新潮社
ASIN : 4102001034

7 users

イメージ画像

クリックするとメイン画像が変わります。
クリックするとメイン画像が変わります。 クリックするとメイン画像が変わります。 クリックするとメイン画像が変わります。 クリックするとメイン画像が変わります。

この商品を取り上げているウェブリブログ

タイトルの「あの頃」って、人それぞれ違うとは思うのですが・・・。私の場合は、おそらく人生のピークが中学生から高校生時と早かったのでその頃になるのだろう。勿論、絶対に不可能な話だけど。自分で努力しなくと ... (続きを読む)
先程、母に依頼されゴミ出しに行って来た。去年は例外的に「大晦日」にも回収があったのだが、やはり普段より量は多い。回収時間までには、まだまだ増え続ける事だろう。ゴミの数は、「人間」の欲望に比例しているの ... (続きを読む)

発売中の新潮社発行月刊誌「新潮45」 9月号に偽本書皮シリーズを元にした連載、「切り絵パロディ・新世界名作文学全集」第11回が掲載されています。真面目な雑誌の息抜きとして読者の皆さんに楽しんでいただけ ... (続きを読む)
決して「BB5」の歌ではありません。日本語に変えると「不安」×3なのです。それこそ「中学生時代」にできた事が、現在はできないのですから。。。先日の「ハローワーク就職セミナー」の前日に「あご髭」を剃りま ... (続きを読む)

  これは私が中学の頃大好きだった。ヘルマン・ヘッセの本。 受験勉強中の人が読むのにグッドかもね^^  『車輪の下』(しゃりんのした、独語:UNTERM RAD)は、ヘルマン・ヘッセの長編小説。190 ... (続きを読む)
‘車輪の下’では「車輪」を子どもに対する過度な期待を寄せる大人たちのプレッシャーの象徴として扱っています。‘車輪の下’の主人公のハンス少年は村一番の神童として、父親だけでなく神父さんをはじめ村中から期 ... (続きを読む)

 中学1年生の時、文庫本を初めて買った。中学生になったら、文庫本ぐらい読まなくてはいけない、というような先生の薦めがあったのだと思うが、なぜ、ヘッセだったのかは今はもうわからない。 新潮文庫だった。当 ... (続きを読む)

ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択




» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック