誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 太陽の塔 (新潮文庫)

太陽の塔 (新潮文庫) の商品情報

太陽の塔 (新潮文庫)
太陽の塔 (新潮文庫)を Amazon.co.jp で見る
太陽の塔 (新潮文庫)
森見 登美彦 (著者)


レーベル : 新潮社
ASIN : 4101290512

21 users

過去最高ランク:

80 位 (2009/01/09)

最近:

2009/01/09 80
2009/01/10 143
2009/01/11 185
2009/01/21 106
2009/01/22 139
2009/01/23 179

ピーク時:

2009/01/09 80
2009/01/10 143
2009/01/11 185
2009/01/21 106
2009/01/22 139
2009/01/23 179

この商品を取り上げているウェブリブログ

 みなさんこんにちわMr.Tetsuoです。4月最初の更新です。昨日は洗濯物が飛ばされそうな、南風が強い強風の一日でした。今年の春は高温傾向が続き、今週は早、25度以上の夏日の日もありました。関東南部 ... (続きを読む)
太陽の塔には、未来を表す上部の黄金の顔、現在を表す正面胴体部の太陽の顔、過去を表す背面に描かれた黒い太陽、がある。そして人間の祈りや心の源を表す地底の太陽(太古の太陽)がかつて地下空間に設置されていた ... (続きを読む)

ただの読書録太陽の塔
太陽の塔 (新潮文庫)新潮社 森見 登美彦 Amazonアソシエイト by 内容(「BOOK」データベースより)私の大学生活には華がない。特に女性とは絶望的に縁がない。三回生の時、水尾さんという恋人が ... (続きを読む)
読書家の憂鬱太陽の塔
太陽の塔 (新潮文庫)新潮社 森見 登美彦 Amazonアソシエイト by Amazon.co.jp 京大5回生の森本は「研究」と称して自分を振った女の子の後を日々つけ回していた。男臭い妄想の世界 ... (続きを読む)

時たまblog20110614
久しぶりに写真の整理でもしようと思い、PCの電源ボタンを押すも起動せず。どうやら電源ユニットの故障らしい。近くの量販店に持ち込み、修理に出した。手持ち無沙汰なので以前から気になっていた一眼レフ(α33 ... (続きを読む)
この人の小説は不思議な雰囲気のものが多々あります。京都の町を舞台に、「水尾さん研究」という名の、他人がみたらストーカー行為となんら変わることのない事を日課にしながら、大学とは絶縁状態(!)で、おなじよ ... (続きを読む)

読書家の憂鬱太陽の塔
太陽の塔 (新潮文庫)新潮社 森見 登美彦 ユーザレビュー:独特の言葉遣い文中で ...奔走非モテ男子大学生 ...好き嫌いの出る作家結 ...Amazonアソシエイト by 内容(「BOOK」データ ... (続きを読む)
風のない場所太陽の塔/森見登美彦
私の大学生活には華がない。特に女性とは絶望的に縁がない。三回生の時、水尾さんという恋人ができた。毎日が愉快だった。しかし水尾さんはあろうことか、この私を振ったのであった!クリスマスの嵐が吹き荒れる京の ... (続きを読む)

『太陽の塔』読みましためちゃめちゃツボでしたストーリーを平たく言ってしまうと本当にくだらない。でもそのくだらなさの中に詰まった主人公や彼を取り巻くキャラクターたちの味のある事本読んでほくそ笑む事はあっ ... (続きを読む)
今日は1日中雨でした寝る時は雨の音を聞くのが落ち着くけど日中はやっぱり雨はイヤだな。昨日は秋晴れで気持ち良かったなぁ昨日は本屋に行き、大量に本を購入しました。重くて重くて帰り道、手が痛くて半べそでした ... (続きを読む)

戦闘、開始森見登美彦『太陽の塔』
太陽の塔 (新潮文庫)新潮社 森見 登美彦 ユーザレビュー:かなり好みファンタジ ...うなりをあげる妄想小 ...どどめ色の傑作日本フ ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログまたしても ... (続きを読む)
暗夜航路太陽の塔 /森見登美彦
『夜は短し、歩けよ乙女』の作者のデビュー作です。京都を舞台に非モテの大学生のドタバタした日常を描いた作品です。アレ、どっかで聞いた設定だぞ。一応、この人の作品を三作読んだわけですが、どれも似たような感 ... (続きを読む)

最近疲れてます。19:00,20:00終わりの22:30帰宅とかが恒常化している割にはお仕事取れてません;営業だし、特にあれが出るわけではないので、お財布潤うとかとはないんです。利益出してないし・・・ ... (続きを読む)
平日休暇森見登美彦
相方の影響で、最近森見登美彦の本を読んでいます。元々本を読むのが苦手なんですが、(目がちょっとアレなんで、小さい字読むとチカチカするのと、よっぽど面白くないと途中で挫折するためw)この人の本は本当に面 ... (続きを読む)

独特の文章、ちょっと文章読み慣れてなかったらきついのかも。ただ、冴えない大学生は好きなはず。そこのあなたですよ!!夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)角川グループパブリッシング 森見 登美彦 ユーザレビュ ... (続きを読む)
 ひさしぶりに最近の人の本を読んでみた。よくは知らないけど『夜は短し歩けよ乙女』でたぶん名を上げた人で、そのデビュー作。 オハナシの中身は、モテない京大生が、やっとできた彼女によくわからないまま振られ ... (続きを読む)

Singing Sand太陽の塔
太陽の塔 (新潮文庫)新潮社 森見 登美彦 ユーザレビュー:妄想と青春森見節炸裂 ...すべての非モテどもに ...森見ワールド初体験で ...Amazonアソシエイト by ウェブリブログ知人に渡さ ... (続きを読む)
姐さんの本棚そうだったとは
喫茶店に入って頼んだものが来る間に、そこを出たら電車が来るのを待つ間に読めればいいやと思って、単に廉価と薄さに惹かれて買った本でしたが……謝らなくてはなりません。そんな不謹慎な理由だけでこの森見登美彦 ... (続きを読む)


ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択

» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック