誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. 小暮写眞館 (書き下ろし100冊)

小暮写眞館 (書き下ろし100冊) の商品情報

小暮写眞館 (書き下ろし100冊)
小暮写眞館 (書き下ろし100冊)を Amazon.co.jp で見る
小暮写眞館 (書き下ろし100冊)
宮部 みゆき (著者)


レーベル : 講談社
ASIN : 4062162229

19 users

過去最高ランク:

28 位 (2012/07/20)

最近:

2012/07/20 28
2012/07/21 33
2012/07/22 39
2012/07/23 83
2012/07/24 103
2012/07/25 122
2012/07/26 156

ピーク時:

2012/01/27 193
2012/07/20 28
2012/07/21 33
2012/07/22 39
2012/07/23 83
2012/07/24 103
2012/07/25 122

イメージ画像

クリックするとメイン画像が変わります。
クリックするとメイン画像が変わります。 クリックするとメイン画像が変わります。

この商品を取り上げているウェブリブログ

節電→読書三昧(予定)小暮写眞館
読書感想文の515回目のエントリーです。宮部みゆき(2010)『小暮写真館』講談社716ppカーリルの読みたいリストになぜだか入ってました。多分、どなたかにオススメ頂いたんだと思います。知人と話してい ... (続きを読む)
みみぞう日記小暮写真館 宮部みゆき
読中、兄弟どちらにも神木隆之介の顔がちらついていたのだが、本当に彼主演でドラマ化されるとは。不動産屋は中村梅雀としか思えなかったけど、違うのかな。ハードな内容をマイルドにしたかったのか、ライトノベルっ ... (続きを読む)

 とっても分厚い一冊なのですが、すぐに2回読み返してしまいました。 とても温かい物語。 ウルッと来てしまうことも数度。 「小暮写真館」に住む花菱家----- 長男の英一の視点で描かれる、花菱家のやわら ... (続きを読む)
宮部みゆきの作品は『模倣犯』しか読んだことがなく、『模倣犯』も”上手い”と舌を巻いたけれど、今回の『小暮写眞館』はそれを上回るもので、久々こんなに面白い作品を読んだ。と言っても過言はないです。内容は以 ... (続きを読む)

手元に来てから早1年以上?部屋のオブジェと化しつつあったのをようやく読了(汗)私の知っている多くの宮部作品とは異なり、積極的に人が死ぬこともなく、死が、アイテムでもなければモチーフでもなく、テーマとし ... (続きを読む)
本と父親とadministrator小暮写真館
読み終わった後の心のふるえが止まらなかったな。それにしてもどうしてこんな物語を書けますか?宮部みゆきさん!さわやかな失恋に気をゆるしていたら、死者と生者の想いが重なって、最後は「駅」で自分の心がコテン ... (続きを読む)

『小暮写眞館』 宮部みゆき 著  講談社 刊読みました…以前から「すんげぇ〜おもしろいらしい」との評判を聞いていたのですがやはり、おもしろかった〜!(^^)!「極上のホームドラマ」と「ぶっちぎりの学園 ... (続きを読む)
ざっき(読書記録)読書記録+α
法事とかでパタパタしてたらもう日曜日が終わりです。はやっ!そして、気付けばもうすぐサイト8周年…。しまった、毎度のことながら何も考えていませ(マテ)。えーと、30日までに考えます!(多分何時ものコネタ ... (続きを読む)

予約してから約1年近くかかったんじゃないだろうか。読む時間はいまあまりないのだけど、意地で読んだ。面白かった!登場人物のキャラが本当に良いよ。読んでいて気持ちよかったなぁ。待った甲斐あった。小暮写眞館 ... (続きを読む)
気になる・・・「小暮写眞館」
宮部みゆきさんの「小暮写眞館」を読みました。主人公が高校入学と同時に、引越ししたところは、元写眞館。小暮写眞館と呼ばれるその建物は、噂で写眞館主人の幽霊が出ると言われている。そんな事(?)から、なぜか ... (続きを読む)

久しぶりに宮部みゆきさんの著作を読みました。分厚い。700ページ以上。書下ろし4編。単身赴任先に持って行っても読む暇ないなぁ。まずはタイトルの「小暮写眞館」想像するに、老いた写真館の館主が主人公のお話 ... (続きを読む)
花菱英一の両親は、結婚20周年を機に念願のマイホームを購入する。その家は、もと写眞館だった築33年の怖ろしく古い家だった。「小暮写眞館」の看板をそのままにしていたため、ある日心霊写真が持ち込まれる。英 ... (続きを読む)

Happy-Day1冊目
リアルタイムで更新した方がいいはずなんだけどそんなことはお構いなしさっ(笑 2010年10月7日に読み終わったんだ どんな本を買うか?どう感じるか?個人差があるので何でも感想は書きませんが なぜか納得 ... (続きを読む)
  満足度 ★★★★☆  物語のすべてが詰まった700ページの宝箱    著者3年ぶり現代エンターテインメント長編。ある方のレビューに  【700ページありとても長い作品だが、その長さには無駄がない。 ... (続きを読む)

面白かった。そして、分厚かった。半端なく長かったーっ!10日程で終わる筈だった、蔵書整理期間による地元図書館の休館。それが、拠所無い事情で1ヶ月ほどに延びてしまって、その間、ネットで確認する度に予約し ... (続きを読む)
天空のmusic十年ぶり
夕方 息抜きに出かけた書店で平積みになっていた「小暮写眞館」(宮部みゆき・講談社)を買いました。以前は「かまいたち」「本所深川ふしぎ草紙」「初ものがたり」などなどかなり読んでいた宮部みゆきですが、20 ... (続きを読む)

宮部みゆきさん3年ぶりの現代エンターテイメント小説はやたらとブ厚いです。何しろ、小説の本文が700ページを越えます。‘小暮写眞館’は、ストーリーとしては少し、重たく暗い内容です。しかし、言い回しとか、 ... (続きを読む)

ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択


» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック