誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. ブログ商品ポータル
  3. Amazon
  4. ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)

ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫) の商品情報

ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)
ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)を Amazon.co.jp で見る
ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)
三上 延 (著者)


レーベル : アスキー・メディアワークス
発売日 : 2011-10-25
ASIN : 4048708244

38 users

過去最高ランク:

15 位 (2012/07/04)

最近:

2012/07/06 25
2012/07/07 39
2012/07/08 60
2012/07/09 104
2012/07/10 147
2012/08/04 175
2013/03/23 200

ピーク時:

2012/07/01 27
2012/07/02 41
2012/07/03 66
2012/07/04 15
2012/07/05 17
2012/07/06 25
2012/07/07 39

この商品を取り上げているウェブリブログ

読書感想文の507回目のエントリーです。三上延(2011)『ビブリア古書堂の事件手帖〜栞子さんと謎めく日常〜』(シリーズ<ビブリア古書堂の事件手帖>2)アスキー・メディアワークス(メディアワークス文庫 ... (続きを読む)
著者は語る大人気シリーズ、初の長編『ビブリア古書堂の事件手帖4〜栞子さんと二つの顔〜』 (三上延 著)週刊文春2013.04.14 07:00http://shukan.bunshun.jp/arti ... (続きを読む)

★★★★★鎌倉の片隅にひっそりと佇むビブリア古書堂。その美しい女店主が帰ってきた。だが、入院以前とは勝手が違うよう。店内で古書と悪戦苦闘する無骨な青年の存在に、戸惑いつつもひそかに目を細めるのだった。 ... (続きを読む)
三上延(みかみえん)さんの「ビブリア古書堂の事件手帖」の1巻〜3巻を読みました。現在(2013.03.18)、フジテレビ系列の毎週月曜21時から放送されているドラマ(いわゆる月9)を観て、原作を読んで ... (続きを読む)

徒然庵ビブリア古書堂の事件手帳
ビブリア古書堂の事件手帳〜栞子さんと奇妙な客人たち〜ビブリア古書堂の事件手帳2〜栞子さんと謎めく日常〜ビブリア古書堂の事件手帳3〜栞子さんと消えない絆〜ビブリア古書堂の事件手帳4〜栞子さんと二つの顔〜 ... (続きを読む)
書籍版が出てから一か月ちょっと、やっと電子書籍版がKindleにやってきたので、買うことができました。アフタヌーンKCからも出ていますが、角川さんから出ている絵柄のほうが好みです。前回来店した品のいい ... (続きを読む)

ビブリア古書堂の事件手帖 − これはまたナント地味ーな作りなんでしょう。これもフジテレビなんですから、ドラマ班のメンバーが総入れ替えでもされたのかと思うほどの変わり様です。私的には、賛成できる変化なの ... (続きを読む)
一ヶ月くらい前にフラッと立ち寄った書店で目についたんだけど、その時は買わず少し経ってから購入し読み始めた。若い女性が店主の古書店が舞台で、その店主が本にまつわる様々な謎を解いていくというストーリーなん ... (続きを読む)

ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)アスキー・メディアワークス 2011-10-25 三上 延 Amazonアソシエイト by (「BOOK」データベースより) ... (続きを読む)
 ”2012年本屋大賞ノミネート!!” 「三上 延」の作品である。<1><2>と一気に読んでしまった。豊富な知識と綿密な調査によって書かれているので、感心させられる。物語の骨組みに都合の良いという印象 ... (続きを読む)

あきらのイラスト・・・オリンピックまで、に間に合うかな…保存のためここに、のせます。デジブック・・17ウェブリブログ Amazonアソシエイト ここから -->ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子 ... (続きを読む)
『デラえもん』を読みました。未来から来たデラえもんがコミュ障のほむ太を助けるというドラえもんのパロディ……の筈なのですが、ストーリーはドラえもんと全く関係が有りません。ラブコメです。デラえもんがほむ太 ... (続きを読む)

 この2〜3ヶ月、読んだ本のことなどを少し・・・。○村上春樹〔1Q84〕文庫版6冊・・・まあ、おもしろかったけど・・・なんか後半尻すぼみ的な感じ・・・。読んだ人それぞれの感じ方だろうけど・・・。○東野 ... (続きを読む)
 アスキー・メディアワークスから刊行されている、三上延著『ビブリア古書堂の事件手帖』の第3巻が発売になり、シリーズ累計発行部数が300万部を突破しました。すごい!! 同シリーズは、鎌倉の古書店「ビブリ ... (続きを読む)

もう〈3〉まで発売されてたんですね。「ビブリア古書堂の事件手帖3 〜栞子さんと消えない絆〜」(三上 延・メディアワークス文庫)このシリーズは古書店の女店主による謎解きが面白いので読んでしまいます。さあ ... (続きを読む)
近所の本屋の本棚の前で、なにかおもしろい本はないかと立ち読みをしていたら、上の棚から下の平積みしてあるパトリシア・コーンウェルの『変死体』の上に、ボサッと本が落ちてきて、クタッと半開き状態で転がった。 ... (続きを読む)

「ビブリア古書堂の事件手帖 〜栞子さんと奇妙な客人たち〜」   (三上 延・メディアワークス文庫)本の雑誌社「おすすめ文庫王国2012年度版」の第1位なので 少し前に話題になっていた本です。最近になっ ... (続きを読む)
 しばらく前から、本屋で気になっていた本があった。 『ビブリア古書堂の事件手帖』というのだが、表紙の装丁は漫画だし、なんだかとても軽そうな本である。ミステリーもので読むのは、ほとんど洋書ばかりというバ ... (続きを読む)

ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)アスキー・メディアワークス 2011-10-25 三上 延 Amazonアソシエイト by 天然系20代女子と肉体系20代男 ... (続きを読む)
(ビブリア古書堂の事件手帖2 〜栞子さんと謎めく日常〜 / 三上 延 / メディアワークス文庫 2012)「ビブリア古書堂の事件手帖」第2巻です。1巻ではずっと入院していた篠川栞子さんも店に戻りました ... (続きを読む)

『ビブリア古書堂』、第2弾です。『本』という、カタチになることで始まる『物語』内容、ではなく、『本』という『物語のイレモノ』のストーリー。古書という、「誰か」の手を経てから、再びほかの「誰か」のもとへ ... (続きを読む)
姐さんの本棚善意の第三者
古本屋を舞台としたミステリの第2巻がでたというので読んでみました。タイトルは『ビブリア古書堂の事件手帖<2> 〜栞子さんと謎めく日常〜』、作者は三上延です。前巻で五浦大輔は栞子さんとの信頼関係が無くな ... (続きを読む)

 三上延さんの小説「ビブリア古書堂の事件手帖」は、メディアワークス文庫から現在第2巻まで刊行されている。コミカライズの連載がアルティマエースで始まっている。 アルティマエースのサイトによると、同作品の ... (続きを読む)
 読書日記の方も、随分更新をさぼっていたが、ストックも結構あるので、少しずつ消化していきたいと思う。 さて、今回採りあげるのは、三上延さんの「ビブリ古文書堂の事件手帳」(メディアワークス文庫)である。 ... (続きを読む)

昨日はサヨリが安かったので、捌いて天ぷらにしました。以前より息子が骨せんべいが食べたいと言っていたので、ついでに骨せんべいも揚げてみました。捌くのはすごく手間だったけど、天ぷらを買ってくるよりもたくさ ... (続きを読む)
鎌倉にある古書店「ビブリア古書堂」とそこに持ち込まれる本に関する物語。店主である篠川栞子の、本に関する膨大な蘊蓄と、本に関する謎解きの鋭さは前作にも増している。前作は気になる所で終わったが、今回も栞子 ... (続きを読む)

栞子と大輔の距離感がまどろっこしくて良いね。今回も古書にまつわる謎解きが想いとなって現れるけど、司馬遼太郎こそ日本史の秘事を執拗に暴いた人なんだけどね。乃木希典なんてケチョンケチョンだったもんな。好き ... (続きを読む)
 三上延さんの小説「ビブリア古書堂の事件手帖」は、メディアワークス文庫から現在第2巻まで刊行されている。同作品が累計100万部を超えた。メディアワークス文庫のTwitterで告知されている。 「ビブリ ... (続きを読む)

 古書に秘められた謎を読み解くミステリ第2作。 スリップ(栞みたいに挟まっている図書注文票。レジで抜かれるやつ)の存在をカギにした推理なんて・・・・・・本好きにはたまりませんわ(笑)。 「古書」という ... (続きを読む)
「ビブリア古書堂の事件手帖〜栞子さんと奇妙な客人たち」に続くシリーズ2作目。思いの他早く続編が読めて嬉しい。そして、前巻に続いて、この巻も面白かった!旅先の佐賀のホテルで読んだ本。せっかくの「初佐賀」 ... (続きを読む)

ビブリア古書堂の事件手帖2 栞子さんと謎めく日常評価☆☆☆☆ 三上延 アスキー・メディアワークス古書店を舞台にしたプチ推理、「ビブリア古書堂」シリーズの2冊目です。今回もレアな古書を話題に、冴える推理 ... (続きを読む)
四☆月読みビブリア古書堂の事件手帖2
〜栞子さんと謎めく日常三上 延 作メディアワークス文庫2011以前1を読んでその続きが出たので迷わず購入しました。本を読んでいるだけの古書店の店主がさらりと、問題を解決するのは、爽快です。それよりも、 ... (続きを読む)

サブタイトルは〜栞子さんと奇妙な客人たち〜。本好きでメガネで巨乳な古本屋の店主・栞子(しおりこ)が謎を解き明かすミステリです。名前といい、どうしても「R.O.D」の読子・リードマンを思い出さずにいられ ... (続きを読む)
『ビブリア古書堂の事件手帖2』(三上延、メディアワークス文庫) この作品には実在する作品が古本として多数登場する。よって、読了しただけで、やたらとたくさんの本を読んだ気になる。古本屋の店番って、ジジイ ... (続きを読む)

ニヤニヤビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)アスキー・メディアワークス 2011-10-25 三上 延 Amazonアソシエイト by 「・・・・わたし、一生結 ... (続きを読む)
ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 を読みました。古書店の店長さんとバイト君の古書を巡る事件?のお話の2巻目になります。前巻よりは、お話の突拍子さはない感じで、個人的には前よりよかった ... (続きを読む)


ブログに貼り付ける

設定を変更する

アソシエイトID ※IDの新規取得はこちら
タイプ
Amazonボタン

画像選択

» ブログ商品ポータルのトップ に戻る
ログイン 「ログイン」をクリック