誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    アンソロジー

アンソロジー

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 写真・カメラ
テーマ「アンソロジー」のブログを一覧表示!「アンソロジー」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ
『怪奇礼賛』 のど斬り農場にようこそ
アンソロジー(怪奇小説)『怪奇礼賛』E・F・ベンスン/A・ブラックウッド他 中野善夫・吉村満美子編訳 創元推理文庫 2004年7月30日初版 2019年5月31日(金)読了 (注意!)ネタバレ.. » more
テーマ アンソロジー

何か一つのテーマにそって数人の著作をより集めたもの、アンソロジー。 本書は題名の通り、「はじまりの一歩」につながる物語。 本書の著者は瀬尾まいこ、豊島ミホ、中島京子、平山瑞穂、福田栄一、宮下奈.. » more
テーマ アンソロジー

ロマンティック・ストーリーズ (Little Selectionsあなたのための小さな物語) ミステリーやホラー、ゴスロリ、アングラ・・・とオタクに走りがちな私にとって、ピュアなラブストーリ.. » more
テーマ アンソロジー

ザ・ベストミステリーズ2006
ザ・ベストミステリーズ2006 » more
テーマ アンソロジー

十夜
十夜ランダムハウス講談社 / ランダムハウス講談社(2006/01/27) 伊集院静氏が、「チルドレン」からの一篇を選んで下さって嬉しい限り。 改めて、内田百聞、不思議を通り越して 気持ち悪い.. » more
テーマ アンソロジー

十話
十話ランダムハウス講談社 / ランダムハウス講談社(2006/01/27) エッセイを先に読むとネタバレもあるので短篇から読むことをオススメします。伊坂氏が、非常に忘れっぽい性格でよっぽどのことがな.. » more
テーマ アンソロジー

涙がとまらなかったあの短編。 思わず吹き出したこの短編。 記憶から消えない名手たちの技。 「小説すばる」に掲載された短編小説群から、よりすぐりの秀作16編を集英社文庫編集部が精選! 短編の冬、.. » more
テーマ アンソロジー

オトナの片思い
雑誌「料理通信」に連載されていた11人の作家による短編を1冊にまとめたアンソロジー。 トップが石田衣良さんでファンとしては見逃せない一冊でした。 他の執筆陣は  栗田有起 伊藤たかみ 山田あかね.. » more
テーマ アンソロジー

四月
4月は木村信子さんの誕生月。ことし73歳になられました。 足腰はお達者で、もちろん頭脳も明晰、筆もすらすら。 70を過ぎてから、作品は多作とはいかなくなり、年に何作か産出するというぐあいですが、 .. » more
テーマ アンソロジー

●木村信子さんのEpilogueに、Emergeの新作「がんぼう」が入りました。  どこから引き上げられたのか、暗い箱とはなにか、そしてどこで泳いでいるのか……、など「生」について思いはつきない。 .. » more
テーマ アンソロジー

Japanese Women Poets - An Anthology
先年、木村さんの英訳詩集をアメリカで出してくれた 佐藤紘彰(Hiroaki Sato)氏がこのほど 記紀・万葉集から短歌・俳諧、近・現代詩まで 幅広く女性による詩歌を集め、解説された 「Jap.. » more
テーマ アンソロジー

「詩ってなんだろう」&新作詩篇
木村信子さんのEpilogueに、 新作詩篇が Emergeに2篇、落穂籠に1篇入りました。 さて、このほど、ちくま文庫(筑摩書房)から谷川俊太郎さんの『詩ってなんだろう』(2007.5.10.. » more
テーマ アンソロジー

 
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ

テーマのトップに戻る