誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    翻訳

翻訳

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「翻訳」のブログを一覧表示!「翻訳」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「翻訳」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「翻訳」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

有縁千里『ポケトーク』 欲しいな!
https://pocketalk.jp/lp/000038594/?i=gaw_sem_ptalkw&utm_source=gaw&utm_medium=sem&utm_campaign=ptalkw&utm_term=name&utm_ ... » more

Ban'yaイラクのクルド俳人
イラク在住のクルド俳句クラブ創立者とメールをやり取りしている。クルド語→日本語日本語→クルド語の翻訳者がいない。それで、クルド語→英語、フランス語の翻訳者を探している。英語で、クルド語の、クルド人 ... » more
テーマ 俳句 クルド 翻訳

Ban'ya姜会長「未来より」Tシャツご所望
(株)文学の森会長、姜h東さんが、夏石番矢グッズの、「未来より」Tシャツ5言語版「未来より」俳句Tシャツ完成http://banyahaiku.at.webry.info/201704/article_43.html ... » more

小樽散歩2545
2,545ワード。昨日訳したワード数。A4にして7枚。ベテラン翻訳者からすれば、どうってことないワード数だけど、自分にしては新記録。プライバシーポリシーの英日で、プライバシーポリシーは前にもやったことがあったので、できた ... » more

「吟遊」第79号のため「牛の頭」28句英訳。E・Sさん磨き上げ依頼。元の日本語は、下記ブログ記事に。「牛の頭の黙示」30句 http://banyahaiku.at.webry.info/201707/article_2 ... » more

Ban'ya「吟遊」第79号のため俳句和訳
遅れていた「吟遊」第79号(2018年7月、吟遊社)の原稿、ヤニス・リヴァダス(ギリシャ)カジミーロ・ド・ブリトー(ポルトガル)アミル・オール(イスラエル)の俳句を選んで和訳する。参照吟遊htt ... » more

『翻訳出版編集後記』2 <『翻訳出版編集後記』2>図書館に予約していた『翻訳出版編集後記』という本を、待つこと4日でゲットしたのです。先日、工藤幸雄著『ぼくの翻訳人生』という本を読んで以来、ちょっとした翻訳出版ミニブームとなっているのです。【翻 ... » more
テーマ アート 翻訳

『翻訳出版編集後記』1 <『翻訳出版編集後記』1>図書館に予約していた『翻訳出版編集後記』という本を、待つこと4日でゲットしたのです。先日、工藤幸雄著『ぼくの翻訳人生』という本を読んで以来、ちょっとした翻訳出版ミニブームとなっているのです。【翻 ... » more
テーマ アート 翻訳

Ban'yaすさまじい俳句翻訳合戦
日本語のWikipedia編集にたずさわる愚か者は、たかが翻訳とほざいているが、このところ俳句をめぐって、すさまじい翻訳合戦が、私のまわりで起きている。また、残念ながら、ほとんどの日本人はこの翻訳合戦が理解できないだろう。翻 ... » more
テーマ 俳句 翻訳 海外

「奴隷制度、奴隷売買並びに奴隷制度類似の制度及び慣行の廃止に関する補足条約第1条(3)」の続きです。前文この条約の締約国は、自由がすべての人間の生得の権利であることを考慮し、国際連合の人民がその憲章において人間の尊厳及び価値 ... » more

「奴隷制度、奴隷売買並びに奴隷制度類似の制度及び慣行の廃止に関する補足条約第1条(2)」の続きです。前文この条約の締約国は、自由がすべての人間の生得の権利であることを考慮し、国際連合の人民がその憲章において人間の尊厳及び価値 ... » more

「奴隷制度、奴隷売買並びに奴隷制度類似の制度及び慣行の廃止に関する補足条約第1条」の続きです。前文この条約の締約国は、自由がすべての人間の生得の権利であることを考慮し、国際連合の人民がその憲章において人間の尊厳及び価値に関す ... » more

「奴隷制度、奴隷売買並びに奴隷制度類似の制度及び慣行の廃止に関する補足条約前文」についてで、前文は終わりましたので、今回は第1条をついかします。前文この条約の締約国は、自由がすべての人間の生得の権利であることを考慮し、国 ... » more

「「奴隷制度、奴隷売買並びに奴隷制度類似の制度及び慣行の廃止に関する補足条約前文...」の続きで、これで前文の全文です。と言ってもワンセンテンスなのですが。ふつうこういう条約の前文は締結に至った背景、経緯、目的を記述しているので、それなりに ... » more

「「奴隷制度、奴隷売買並びに奴隷制度類似の制度及び慣行の廃止に関する補足条約前文修正」について」の続きです。前文この条約の締約国は、自由がすべての人間の生得の権利であることを考慮し、国際連合の人民がその憲章において人間の ... » more

「奴隷制度、奴隷売買並びに奴隷制度類似の制度及び慣行の廃止に関する補足条約前文修正」の「続きです。ゆっくり進めていきます。前文この条約の締約国は、自由がすべての人間の生得の権利であることを考慮し、国際連合の人民がその憲章 ... » more

「「奴隷制、奴隷取引並びに奴隷制類似の制度及び慣行の廃止に関する補足条約前文」について」を書いていて気が付いたのですが、slavary が「奴隷制度」と訳されています。これまで、奴隷制と訳してきました。制ですと、封建性のように必ずしもかっち ... » more

「奴隷制、奴隷取引並びに奴隷制類似の制度及び慣行の廃止に関する補足条約前文」の続きです。この条約の前文では世界人権宣言の前文の最終パラグラフと第4条が引用されています。英文と日本の外務省の訳した和文は次のとおりです Proc ... » more

「奴隷制、奴隷取引並びに奴隷制類似の制度及び慣行の廃止に関する補足条約」についての続きです。前文この条約の締約国は、自由がすべての人間の生得の権利であることを考慮し、国際連合の人民がその憲章において人間の尊厳及び価値に関 ... » more

「1926年の奴隷制(Slavary)条約」を補足する条約です。第二次大戦後結ばれました。前文この条約の締約国は、自由がすべての人間の生得の権利であることを考慮し、(中略)以下のように合意した。人気blogランキング ... » more

「1926年のSlavary条約第7条」で実質的な部分の翻訳が終わりましたので、全体をまとめました。第8条から第12条は省略しています。1926年9月25日にジュネーブで署名され、第12条の規定に従い1927年3月9日に発効した。 ... » more

「1926年のSlavary条約第6条」の続きです。全体では12条ありますが、実質的な内容はここまでなので、これで翻訳を終わります。第7条締約国はこの条約の規定を実施するために発効させた法令を他の締約国と国際連盟事務局長に通知する。 ... » more

「1926年のSlavary条約第5条(3)」の続きで第6条です。刑罰、制裁などを課す国内法の整備に関する規定です。第6条現在この条約の目的に効果を与えるための法律や規則の違反を処罰する適当な規定が法律にない締約国は、そのような違反 ... » more

「1926年のSlavary条約第5条(2)」の続きです。今回で第5条は終わりです。第5条締約国は、義務的または強制的な労働に頼ることが由々しい結果をもたらすことを認識し、各締約国は、その主権、法的管轄権、保護権、宗主権、監督権の下 ... » more

「1926年のSlavary条約第5条(1)」の続きです。第5条では、奴隷ではないけれども労働を強制されるものを取り扱っています。第5条締約国は、義務的または強制的な労働に頼ることが由々しい結果をもたらすことを認識し、各締約 ... » more

「1926年のSlavary条約第4条」の続きです。第5条では、奴隷ではないけれども労働を強制されるものを取り扱っています。第5条締約国は、義務的または強制的な労働に頼ることが由々しい結果をもたらすことを認識し、各締約国は、その主権 ... » more

「1926年のSlavary条約第3条(3)」に続いて第4条です。第4条制約国は他の締約国に奴隷制と奴隷貿易の廃止を確保する目的で、すべての援助を与える。人気blogランキングでは「社会科学」の13位でした。今日も↓クリック ... » more

「1926年のSlavary条約第3条(2)」についての続きですが、3項は面白い規定です。このような規定が作られたのは、交渉の過程で各国の間にかなり大きな意見の差があり、話をまとめるため、妥協を重ねたためではないかと思われます。 ... » more

Ban'yaイスラエルからの俳句
イスラエルから俳句5句を、ヘブライ語、英語、中国語で受け取る。和訳を付ける。「吟遊」第79号(2018年7月20日刊行予定)と『世界俳句2019第15号』に掲載予定。 ... » more
テーマ 俳句 翻訳 海外

「1926年のSlavary条約第3条(1)」の続きです。第3条でちょっと面白いと思ったのは、この場には項がないことです。現在の日本の法律なら1項、2項、3項と番号を振るでしょう。第3条締約国は、その領海とそれぞれの国旗を掲げる ... » more

 

最終更新日: 2018/10/16 16:07

「翻訳」ブログのユーザランキング

Ban'ya 1 位.
Ban'ya

テーマのトップに戻る