誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ウナダッタ・トラックとエア湖

ウナダッタ・トラックとエア湖

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: ウナダッタ・トラックとエア湖
テーマ「ウナダッタ・トラックとエア湖」のブログを一覧表示!「ウナダッタ・トラックとエア湖」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3    次のページ
エア湖畔にて-Ashore of Lake Ayer
年間平均降雨量125mm以下、乾燥大陸オーストラリアの中でも最も乾いた場所。湖とは名ばかりの干からびた大地。堆積した塩が表面を覆い、炎暑に陽炎が揺れる。それがエア湖 Lake Eyerである。オー.. » more

ピンク・ロードハウス-Oodnadatta
スチュアート・ハイウエイから200キロでウナダッタの集落に着く。写真はシンボルのピンク・ロードハウス。店番のフランス訛のおねえちゃんに、アウトバックの一人旅が如何に危険かを散々に説かれる。GPSの.. » more

オールド・ガン、夢の果て
2001年以来、5年ぶりにマリーを訪ねる。旧鉄道駅で朽ちるに任せられていたオールド・ガンの機関車が塗装を施されピカピカになっていた。しかし、三両が保存されているディーゼル機関車の内、北側に少し離れ.. » more

ウイリアム・クリーク点描
ウイリアム・クリーク・ホテルの前を通るウナダッタ・トラックの向こうには公園のようなスペースが設けられ、古今いろいろなモノ(口の悪い人はがらくたと言う)が置かれている。写真のロケットやミサイルは遙か.. » more

ウイリアム・クリーク・ホテルのBAR
ウイリアム・クリーク・ホテルに併設されたバーは他のアウトバックのそれと同様に旅人が貼り付けて行った名刺をはじめ、様々なもので壁から天井まで埋め尽くされている。ワシは5年前に貼った自分の名刺を必.. » more

ウイリアム・クリーク・ホテル
ウナダッタから南へダートを200km、3時間もあればウイリアム・クリークに到着するはずだった。しかし、ワシは分岐点で道を間違えてウナダッタからクーバーピディへ抜ける道を80kmも走った。長らく旅を.. » more

マウンド・スプリングス2-Mound Springs
地平線に向かって大荒野が広がる中、マウンド・スプリングスには水が湧き、ここだけ別 世界のような景観だ。水は「ボコッ、ボコッ」と間をおきながら湧き上がり、その度に底の土砂が舞い上げられる(湧き上がっ.. » more

マウンド・スプリングス-Mound Springs
ウナダッタ・トラックの沿道にはマウンド・スプリングス Mound Springsと呼ばれる不思議な泉がある。不毛な大荒野の中で、小さな塚の上から泉が滾々と湧きだしている。 泉の正体は大鑽井盆地を流.. » more

果ての鉄路
オールド・ガン鉄道は1980年に新線に切り替えられ、運行を終了した。それから随分と年月が経過しているが、マリーの街にはオールド・ガンの線路がまだ残っている。かつてこの線路はウナダッタを経由してアリ.. » more

夢のあと-Remains of the Dream
ウナダッタ・トラックの南端、マリー Marree。オールド・ガン鉄道で運ばれてきた物資を更に内陸に輸送するラクダ隊のベースとして、20世紀初頭には1500頭のラクダと60人以上のアフガン・キャメラ.. » more

オブジェ-Object
ウナダッタ・トラックをウイリアムクリークからマリーへ向かうと、大荒野の中に不思議なオブジェが林立する場所がある。おそらくこの地域の牧場(見た目は荒野だが)の持ち主の趣味なのだろう。写真はその中の一.. » more

昨日紹介した看板の裏面。写真では判別しにくいが、看板の左側はびっしりと文字で埋め尽くされている。おそるべし!ピンク・ロードハウス。この看板、アウトバック愛好家(?)にはちょっと知られた看板で、ウナ.. » more

 
前のページ    1  2  3    次のページ

テーマのトップに戻る