誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    恋愛小説

恋愛小説

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 小説
テーマ「恋愛小説」のブログを一覧表示!「恋愛小説」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
テーマ「恋愛小説」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

土曜日の朝になる。それぞれの時間が始まる。「ね、朝ごはんどうする?」「いつものバーガーでモーニング?」言われて茉莉は少し考える。「今日は帰ろっかな」「めずらし」「うん、ほら、保護者の予定聞いとこうかなって」 ... » more
テーマ 恋愛小説

不埒な気持ちが消え失せた健はそのままその女性が梅を見つめるに任せていた。突然、彼女は振り向くと健に向き合う。「あなたは?どうなのかな」急な質問に彼は動揺する。「俺は、、」ため息が漏れてくる。「ふふ。何か悩んでいそ ... » more
テーマ 恋愛小説

隣の女性と話しながら健はだんだん自制が効かなくなってきているのを強く感じる。話も合うしなんとなく行けそうな印象を彼女は彼に与えた。食事が一通り終わると彼は彼女につい聞いてしまう。「この後、予定あるの?」「あ、ちょっと散歩でもしようか ... » more
テーマ 恋愛小説

酔った勢いで健は隣の女性に話しかけてみる。「こんばんは。ひとり?」「あ、こんばんは。ええ、今日はひとりです気安い印象の彼女は見知らぬ男性から話しかけられても緊張した様子もない。「いつもここくるの?」「ええ。まあ、いきつけ ... » more
テーマ 恋愛小説

結局、健は夜風の誘いを断れず、会社の帰りにフラフラとひとりで行きつけのレストランに入る。小さな店だけど、変わった料理を出すイタリアンで、いつも常連で賑わっていた。「何名様ですか?」「今日はひとり」「カウンターはいかがでしょうか」 ... » more
テーマ 恋愛小説

煌めくライトの影の中、ひとり茉莉はグラスを傾けていた。「お待たせいたしました。ミックスナッツとハニーラスクでございます」「えっと、アレキサンダーもう一杯」「かしこまりました」少し心配顔になるが、黒服は何も言わずにオーダーを受 ... » more
テーマ 恋愛小説

アンディの初恋は上海の高校生時代のことだった。よく行く書店で働いていた女性で顔馴染みだった。アンディは彼女に本を探してもらったり、相談にのってもらったりしていた。ある日、ふとした瞬間にふたりの指先が触れ合い、その時、店員の彼女、リン ... » more
テーマ 恋愛小説

「ああ」どうしたらいいのか、、。アンディは深いため息を漏らす。将来は上海にある会社の後継者と決まっている。当然中国に帰国しなければならない。でも、茉莉は日本での仕事が将来はあるだろう。勉強熱心な彼女を見ているときっとやりたい仕事があるの ... » more
テーマ 恋愛小説

ひとしきり踊ると京子と智子はVIP席には戻らず、そのままバーカウンターに向かう。カウンターの端にあるスツールに腰掛けるとオーダーする。「ジンライムソーダ」智子が軽めのものを頼む。「テキーラのストレート」京子はちょっとした酒豪だった。 ... » more
テーマ 恋愛小説

「保護者、か」茉莉はそう言いながら、ちょっと皮肉っぽい笑みを浮かべる。その微妙な表情を京子は見逃さなかった。やっぱり何かあると、智子に耳打ちする。「あ、何?ふたりで内緒話し?」茉莉は彼女達の仕草に気づく。「え?なんでもないよ ... » more
テーマ 恋愛小説

京子の少し強引な提案に茉莉は躊躇する。もしお泊まり会になったら否応無く健のことを彼女達に知られてしまう。それとなく話したことはあっても紹介したことはない。それに茉莉は京子と智子に詳しい事情は話していないし、話す気もあまりない。茉莉自身、今で ... » more
テーマ 恋愛小説

回転しながら茉莉は全てを忘れてしまいたかった。健とのことも教授とのことも、、。何もかもなかったことにしたかった。くるくる回りながらそれはどこか弱々しく見えた。「ね。見てみなよ」「うん」京子に促され智子も茉莉の姿を目にする。「 ... » more
テーマ 恋愛小説

食事を終えると彼女達3人はクラブに入る。そこは以前から茉莉が訪れていた場所で智子と京子も一緒に来たことがある。「ね、何飲む?」茉莉は常連だったので顔パスで他の2人と一緒にVIP席に案内される。「ご注文は?」「んーシャンパン。 ... » more
テーマ 恋愛小説

智子と京子が待っているカフェに向かって茉莉は急ぐ。春先の夕方の風に彼女の髪とドレスがふわふわと揺れている。ほんのりとした甘い香りが彼女が歩を進めるたびに粒子となってすれ違う人々の鼻先をくすぐる。「待ったあ?ごめんね、ちょっと野暮用」 ... » more
テーマ 恋愛小説

食事をすませるとアンディは執事を呼ぶ。「ちょっと散歩に行ってきたいんだけれど」「お車を回しましょうか?」「いい。歩きたいんだ」彼は外の空気を吸いたかった。淡く柔らかな気持ちが少しずつ大きくなってきている気がする。でも彼の責任 ... » more
テーマ 恋愛小説

夕食を知らせるために、執事がアンディの書斎へやってくる。会社の次期オーナーともなれば、その部屋には書籍が詰まっていて、雰囲気は落ち着いていて、少し重々しかった。「アンディ様、お食事の準備が整いました」「わかった。すぐ行く」食事の ... » more
テーマ 恋愛小説

茉莉が行ってしまってから、アンディは少しぼーっとなっていた。春めいた陽気に当てられ、なんだかふわふわした気分になってきていた。日本の大学に来てからというもの、授業についていくのは大変だった。元々はアニメオタクの彼だから、日本語の内容はそこそ ... » more
テーマ 恋愛小説

授業を知らせるベルがなり、茉莉は教科書を閉じる。「ふあ」なんとなくだるくてあくびが出てくる。教室を出ようとしたところで、後ろから来た留学生に話しかけられる。「あの、ノート、見せて、もらえますか」彼はカタコトの日本語で話す。 ... » more
テーマ 恋愛小説

その過去の残像が時々、茉莉をじっと見つめているような気が彼女はしていた。何も映し出さない、ビードロのような瞳でじっとじっと。瞳の奥には大粒の涙と痛みが隠されていた。その残像を感じると彼女は憂鬱になってくる。健の存在を意識することを拒否するだ ... » more
テーマ 恋愛小説

「今夜はどこに行こう」玄関の鍵を閉めながら茉莉は考えるともなく考える。二日酔いも手伝って、気分がだんだん落ち込んでくるせいか、行きたい場所も思い浮かばない。「ま、いっか」空を見上げても何も降ってはこない。アニメの異世界に存在する ... » more
テーマ 恋愛小説

クローゼットの中の服を選びながら茉莉は呟く。「でも、、」ため息をつきながら、こんなことを毎日繰り返していて一体何になるんだろうかと、ドレスを選ぶ手を止める。まだ大学生なのに、心が汚れてしまったように感じる。「どうしてこんな生活を ... » more
テーマ 恋愛小説

「こまったなあ」手に持ったフォークをぶらぶらさせながら健はうんざりした表情を浮かべる。春の気配が薄らぎ、夏へ向かって周囲の女性達が薄着になってくる。彼女達の健康そうな肌の輝きが彼を幻惑し始める。茉莉との関係修復がうまくいっていない現状に ... » more
テーマ 恋愛小説

オフィスに入ると健は書類をデスクに広げる。目を通していてもいろんなことが気になって集中できない。仕方ないので、オフィスを出て自販機のある休憩室の前まで来るとコーヒーを買う。ゴトトンと缶が落ちる音がする。「今夜はどうしよう。帰ろうか、寄り ... » more
テーマ 恋愛小説

朝からこれではいけないと、健は両手でパンパンと頬を叩く。「しっかりしなくちゃ。俺は経営者なんだから」そうは言いながらも鏡に映る顔はどこか生気がなく、青白い。鞄を手に持つと、玄関へ向かう。茉莉の部屋の方向を見るが、そのまま靴を ... » more
テーマ 恋愛小説

マンションに着くと茉莉は玄関の鍵を開け、抜き足差し足でこっそりと自分の部屋へ入る。どうやら健はまだ眠っているようで家の中はシンとしている。「やれやれよっこいしょっ」っと彼女はベッドに横になる。そのまま昼まで眠ろうとルームウェアに着替 ... » more
テーマ 恋愛小説

朝日が茉莉の顔を照らし、彼女は眩しそうに目を細める。「いい天気、ね」「うん」二日酔いで頭痛がしているはずでも教授の機嫌は悪くはなかった。手を上げると彼はタクシーを止める。「乗って乗って」押し込むように茉莉を奥に乗せる。 ... » more
テーマ 恋愛小説

健がマンションに着くと思った通り茉莉は戻っていない。冷たい扉が重たく感じる。いくら物理的に一緒にいても彼女の心がとけることはなかなかなさそうだった。彼は寂しさに目を伏せる。小さくため息をつくと鞄をおろし、靴を脱ぐ。ルームウェアに着替 ... » more
テーマ 恋愛小説

午前5:00東の彼方に日が昇り始めた。薄暗い蒼一色だった辺りが、徐々に朝焼けを帯び始める。地縛霊からは目を背け、来光の撮影タイムに入った。この時初めて、自分の足が海岸ではなく山頂にいるのだと実感できる。朝 ... » more
テーマ web小説 StardustCross 恋愛小説

少し眠ろうと茉莉もソファーにもたれるが、頭がはっきりしていて目をつぶっても眠りはおとずれない。彼女は目を開けると周囲を見回す。眠っている者、起きてアプリをいじっている者、おしゃべりを続けているグループ、ひとりで静かに座っている者、、 ... » more
テーマ 恋愛小説

そんな茉莉の気持ちにも頓着せず、重要な「告白」をすませた教授はうつらうつらし始めると、そのままソファー席で眠ってしまう。それを見て彼女は深いため息をつくとスマホを鞄から取り出す。本当に久しぶりに親友の法子にメールしてみる。「ごめん。 ... » more
テーマ 恋愛小説

 

最終更新日: 2019/05/31 10:58

テーマのトップに戻る