誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    恋愛小説

恋愛小説

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
親テーマ: 小説
テーマ「恋愛小説」のブログを一覧表示!「恋愛小説」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
テーマ「恋愛小説」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

そうこうしている内に注文した前菜が運ばれてくる。「こちら、季節野菜のミルフィーユ仕立てでございます」ウェイターは茉莉の前にお皿を置く。「こちらは、パテ・ド・カンパーニュでございます」「美味しそう。ね」茉莉は嬉しそうに目を ... » more
テーマ 恋愛小説

それにしても今夜の茉莉はいつにも増して可愛らしく、より美しく教授には見えた。彼女を見つめていると、彼女の瞳が見つめ返してくる。その眼差しは何ら妖しげなものではなく、その純粋な光が彼の心を満たす。まるで雲の隙間、天から差し込む太陽の光にも似て ... » more
テーマ 恋愛小説

少し遅れるとレストランに連絡して、教授はスマホを鞄にしまう。さっきの話がなんとなく中断したので、ちょっとほっとする。タクシーの車内でする話でもないからだった。茉莉はといえば、教授がスマホで話している最中に自分のスマホを取り出し、いつもやって ... » more
テーマ 恋愛小説

今日の教授はどこか上の空だと茉莉は感じていた。まるで何かひとつの考えに取り憑かれているようだった。茉莉はたずねてみる。「ねえ、教授、何か気になることがあるんだったら、言って欲しいけど」言われて彼はハッとする。「いや、その、何とな ... » more
テーマ 恋愛小説

「ねえ、教授、いつもと様子違うね」「そう?」彼はちょっと憂いを含んだ瞳をたたえて、頬杖をつく。彼女との別れ話をする予定でいたのに、いつもより余計に服装に気を使っている自身が疎ましい。「なんだか、今日のスーツ、グレーの生地に薄い紫 ... » more
テーマ 恋愛小説

ちょっとお洒落なカフェのドアにはベルが付いていて教授が入ってくるとチリリンと音をたてる。いつもの穏やかな音色に茉莉は顔をドアの方へ向ける。彼の様子がいつもと何だか違うような感じがする。「待ったかな?」「ううん。そんなに」教授は茉 ... » more
テーマ 恋愛小説

「でさ、でさ、話変わるけど、今度グランピング行かない?」「何そのグランド、ピンク?」「えー、茉莉ってば知らないの?」「へんなネーミング。解説してよ」「えーっと、何でもグラマラスとキャンピングを合わせた用語だったと思う」「 ... » more
テーマ 恋愛小説

茉莉がカフェで教授を待っていると着信音にしている「魔法科」のテーマが流れてくる。「はーい、茉莉でーす」かけてきた相手の名前を見て、彼女はちょっとチャラい感じで応ずる。「ねー、ねー、キョージュまだなの?」「んー、まだ。たまに研 ... » more
テーマ 恋愛小説

友之に言われて健は考え込んでしまう。「忍耐」の二文字が結構こたえる。「何、黙り込んじゃって」友之はまた場を軽くしようとする。沈みたくない気持ちの彼は何とか持ちこたえようとする。そんな気持ちを理解することはできるけれど、健の気分はだん ... » more
テーマ 恋愛小説

「そういう女って小細工したりするよね。だろ?」「まあ、そうですね。俺の場合も色々されましたよ」「で、男はそれに気づかない。まあ、そういう女は頭がよく回るから、気づかれないようにやるけれど」「ですね」健は氷の溶けかかったグラス ... » more
テーマ 恋愛小説

「俺と彼女は、、、」ぽつりぽつりと健は話し始める。「その、元々は結構上手くいってたんですよ。仲良しっていうか、幼馴染だし」「お、出たね。幼馴染ルート」「ルートって、アニメじゃないんですから」「ふふん。よーくわかってるね。 ... » more
テーマ 恋愛小説

「狼はどこからやってくるかわからない」「だからやめて下さいよ、そういう話は」健はちょっとむすっとする。「まあまあ、そう怒らないでよ。これは忠告だよ、それも経験者の」「、、、」「俺は油断していたんだ。彼女がいつも楽しそうに ... » more
テーマ 恋愛小説

「マスター、同じものもう一杯」「俺もです」「かしこまりました」健と友之は飲むピッチが上がってくる。時々きゃあきゃあ言う若い女子のグループが静けさを破る。2人はそのまま飲み続ける。健はつい愚痴ってしまう。「どーにもなんないすよ ... » more
テーマ 恋愛小説

ほどほどに酔いが回ってきて健はちょっと口を滑らせる。「ふられたって、どういう」「あ、聞くの?そこ、は〜ん?」友之は目を細めながら、危なげな視線をくるりと健に向ける。なんだかその瞳も赤くなってきている感じがする。聞いてから健はやば ... » more
テーマ 恋愛小説

そんな想いに囚われながら、健は友之に案内され、店の奥にあるバーに入る。そこへ着く前にビップルームらしき場所があり、踊るスペースと区切られていて、ちょっと音量が押さえられていた。確かにここなら話もできそうだった。バーはいがいと広くて、奥にテー ... » more
テーマ 恋愛小説

店に一歩入るとそこは男女の熱気で溢れていた。耳にしたことのある音楽に接すると、健はパリのバスチーユにある高名なラテンのクラブを思い出す。著名人が通っているというそのクラブに入るなり、上へと続く階段で、健は深いスリットの入った黒いロングドレス ... » more
テーマ 恋愛小説

腕を掴まれた時、健はなんだかいやーな予感がした。これは今夜は友之に引きずり回されそうだった。でもタクシーの中の友之はなんだか妙に静かだった。夜の灯りが窓に写っている。その風景はまるで茉莉を探し回っていた夜の景色と似ていた。今は彼女を ... » more
テーマ 恋愛小説

「はあ〜、食った食った」高崎は満足そうな声を出す。「いやあ、美味しかったですよ。連れてきていただいて、ありがとうございます」「一度ね、一緒にきたかったんですよ。で、健さん、その、高崎さんってのやめませんか?友之でいいですよ、友之 ... » more
テーマ 恋愛小説

「うまい」一切れ口にして健はその美味しさに笑みがこぼれる。「でしょでしょ」案内した高崎も満足そうだ。新鮮な刺身にビールもすすむ。「すんませーん。生ふたっつ」高崎はまた店員を呼ぶ。「かしこまりましたー」店員も元気に ... » more
テーマ 恋愛小説

居酒屋の中は少し薄暗く、落ち着いた印象だった。案内された席は隣の席との間に薄い縦縞の木綿のベージュの布が下がっていた。「何にします?」高崎に聞かれて健は答える。「生ですかね」「まあ、そんなところでしょう」「ご注文承ります ... » more
テーマ 恋愛小説

「高崎さん、何かあて、あるんですか?」「うーん。まあ、この付近の裏の静かな居酒屋かな?男2人だし。何回も一緒に仕事してるから、まんざら知らない仲でもないし。ま、その後は、静かなバーとかかな」「いいですね。それでいきましょう」「今 ... » more
テーマ 恋愛小説

書類の脇に置いてあるスマホを見るとメール着信のランプが光っている。メールを開けると取引先からだった。到着時刻に少し遅れるという。時計を見ると予定時刻の6時半を過ぎている。書類を読むことにも少し疲れたので、ファイルを閉じると、健は伸びをする。 ... » more
テーマ 恋愛小説

でも、最初に茉莉の純真な心を突き返したのは健本人だった。それを思うと彼には自分自身にさえ言い訳をできなかった。彼女を傷つけ変えてしまったのは誰でもない、彼自身だった。かっては柔らかな笑顔を浮かべてピンク色に頬を染めて彼を見つめていた彼女は、 ... » more
テーマ 恋愛小説

「なんだかちょっと寒気がする」健はひとりごちる。誰かが彼に対して怒っているような感じがしている。夕方からの打ち合わせに備えて、資料を作っているが、気分がすぐれずなんだか進まない。もしかして怒っているのは、、、茉莉かもしれない、、。ため息 ... » more
テーマ 恋愛小説

顔見知りの男子が席を立ってしまってからカフェで茉莉はひとりになる。授業が終わった後の、夕方のカフェは日によっては静かだった。彼女はこんな時間も好きで、席を立ち、飲み物を頼みに行く。教授との待ち合わせまで、あと30分はあったから、少しゆっくり ... » more
テーマ 恋愛小説

尋子と別れてから一週間が過ぎた。 八月のお盆休み、新平は松本行きの特急列車に乗っていた。多忙な彼の楽しみはというと、たまにしか取れない連休に高原にトレッキングに出かけることだった。自然が、特に山が好きな彼は、よく信州の高原に ... » more
テーマ web小説 StardustCross 恋愛小説

その時、列に並んでいる女性グループのおしゃべりに耳をとめる。「ねえねえ、ウォルシュって知ってる?」「んー、なんか聞いたことあるかも」「彼、カッコ良くない?」「あー、もしかして、それってテレビアニメ「ポアロ」の主題歌歌ってる人 ... » more
テーマ 恋愛小説

その青年、久保清志は今まであまり茉莉の周囲にはいない感じの学生だった。地味と言えば地味だが、身なりは質素で清潔感のある印象だった。目があまり良くないのか、メガネをかけていて、おとなしい様子だった。ただいつも教室には早く来ているようで、静かに ... » more
テーマ 恋愛小説

尋子の告白から一夜明けた今日、彼女は長野へ転勤の為、午前9時に東京を発つ。日曜日、午後から休日出勤の新平は、尋子を見送るため彼女の両親と東京駅に来ていた。二人は幼少の頃からの幼馴染。二人の両親共に交流が深く、互いの一 ... » more
テーマ web小説 StardustCross 恋愛小説

もう、四年も前になるのね。あなたの歌に出会ってから―ヴィジュアル系なんて、わたしの世代じゃ聴く人は少なかった。ましてや、理解されにくい歌詞でコテコテの衣装で・・・それが、オリコン1 ... » more
テーマ web小説 StardustCross 恋愛小説

 

最終更新日: 2018/09/12 16:21

テーマのトップに戻る