誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    随筆

随筆

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「随筆」のブログを一覧表示!「随筆」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「随筆」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「随筆」の記事を新着順に表示しています。(6ページ目)

カエルの歌随筆<うりどき>
随筆<うりどき> 鳥の口から難を逃れ、わずかに残った南天の実が数個、冷たい冬の雨に濡れている。殆ど額ばかりになった枝の先には、その実と同じくらいの雨の雫が宿り、お日様が時折顔を出せば、一斉に金色の光を放つ。私は、こんな雨の日が ... » more
テーマ 随筆  コメント(2)

カエルの歌随筆<錯覚>
随筆<錯覚> 畑の隅に作ってもらった鳥の餌付け台に、時々見かけない鳥がやって来ていた。姿形はヒヨドリに似ているけれど、もっと優しい顔をしている。鳥図鑑で調べると、どうやらシロハラという鳥らしい。一昨日、パソコンに向かってい ... » more
テーマ 随筆

坂口恭平さんと出会い 先日、偶然休日が重なったのもあり、紀伊國屋書店新宿南店にて坂口恭平さんのライブトークに参加してきた。編集者の白石正明さんと新刊「坂口恭平躁鬱日記」について語るはずだったが、話はどんどん脱線し、何とか戻そうと試みる白石さんとそれをものとも ... » more
テーマ 随筆

吹上随想着想と発想
文章の着想と発想は何によって得られるのだろう。ある作家は、モーツァルトの曲だと云い、ある随筆家は猫だったりする。「あなたは、演歌ね」と言われたことがあるが、演歌で着想も発想もしたことがない。私の着想と発想はすべて百枚近くになりそ ... » more
テーマ 随筆

誰か除草剤を撒け最悪の会社
これからの季節に避けては通れないのがインフルエンザであるが、先日うちの職場にもインフル感染者が現れた。そして、酷いと思ったのが、責任者はその社員が体調不良であることを知りながら、早退させなかったことである。過去にも熱中症や39℃ ... » more
テーマ 随筆

吹上随想耳のうしろ
女性は、どこを洗いどこを磨くのかとふと思う。風呂場の鏡に映しだされた姿に映っていないところがある。女性の耳のうしろである。顔でも乳房でもなく、洗い磨かれなければならないのは、耳のうしろでなければならない。女性の耳のうしろを磨 ... » more
テーマ 随筆

吹上随想年末年始
年末年始は引き籠もり。今年も年賀状は二枚がきり、何時もながらのお正月である。年末年始に買い込んだ本を読んで過ごす。柳宗民家庭でできる薬草づくりー薬効と栽培三島由紀夫純白の夜三島由紀夫岬にての物語(志賀寺上人の恋) ... » more
テーマ 随筆

吹上随想絶滅危惧種
広島市佐北区可部地区で「山繭織」と云うのがある。ヤママユガという蛾の繭は、黄緑色の繭をしており、それを紡いで山繭紬とも可部紬とも呼ばれた。一時は着尺にも夜具地にも用途が広く、軍人にも愛用されたがいつしか流行におくれ、今は絶え絶えにな ... » more
テーマ 随筆

カエルの歌随筆<兄の旅立ち>
随筆<兄の旅立ち> 92歳になる義兄が、大晦日の前日、急逝した。心不全だった。入院していた甥が、暇をもらって帰宅した日、自宅で倒れていた兄を発見した。一人暮らしをしていた兄は、誰からも看取られず、一人で旅立っていった。最後まで誰にも迷惑をかけず、まさに ... » more
テーマ 随筆  コメント(4)

誰か除草剤を撒けゆく人くる人
こんにちわ。新年早々、社畜談話で行きたいと思います。世間は正月気分に浮かれていただろうが、僕は鬼のようなシフトで睡眠不足による頭痛を鎮痛剤でごまかしながら三が日を駆け抜けた。去年も正月はカツカツだった気がする。と ... » more
テーマ 随筆

吹上随想女性の尊厳
「君を守るから」恋人同士だろうか、男性が女性にむかって云うらしい。いったい何を、何から守るというのだろうか、映画「ボディーガード」以後云われるようになったものか、もちろん以前より云われていたのだろうが、聴いていて照れくさい。「命 ... » more
テーマ 随筆

吹上随想 女性のうしろ姿
着物の着付けには、「うしろを着付ける」というのがあろうかと思う。うしろ姿を着付けるのは、着物よりほかない。うしろ姿は、自分にたいしても他人にたいしても公正な姿であろう。女性はとしを重ねれば重ねるほど、うしろ姿がはっきりしてくる ... » more
テーマ 随筆

カエルの歌随筆<サンタの贈り物>
随筆<サンタの贈り物> 築40年になる我が家の玄関は、昔ながらのサッシの引き戸になっていて、油を注しても、かなり重たい。鍵が掛かっているのかと思って、そのまま帰ってしまう人さえいる。今までは、姉が朝早く鍵を開け、夜遅くに鍵をかけていた。私は玄関に降りる ... » more
テーマ 随筆  コメント(4)

吹上随想吹上随想  女性の立ち位置
一度は男性の左側に立ち子供を産み、家庭を持つた女性がやがて離婚された。そして、世間の中傷、誹謗を一身に受けて生きてきた。自らの立ち位置を決めねばならない。夫婦別姓、通い婚、男の右に立つのも左に立つのも馴染めない女性がある。立ち位 ... » more
テーマ 随筆

吹上随想右の論理  左の論理
私が小さい頃などは、箸は右茶碗は左と躾けとして決められていた。左で箸を使えば、「ぎっちょ」と言われ、ぴしゃりと左手を叩かれて躾けられた。これは、刀を帯刀していた武家時代の名残りであったろうか。腰から脇差を抜き右手に長刀を持ち、正座し ... » more
テーマ 随筆

2013年も残りわずかとなったが、今年悟ったことでも書き連ねていこうかと。これまで、僕は様々な人に支えられながら、生きてきた。実際会ったことがある人の言動だけでなく、著名人の作品に触れることで勇気が湧いたこともある。しかしな ... » more
テーマ 随筆

カエルの歌随筆<幻覚>
随筆<幻覚> 甥が肩の腱板断裂をして、手術することになり、その立会い人を頼まれた。手術は早朝から始まり、終わったのは昼の1時過ぎ、5時間以上の大手術となった。手術は無事成功し、執刀医から写真を見ながら、説明を受けた。メスも入れず、内視鏡を使っての ... » more
テーマ 随筆  コメント(4)

誰か除草剤を撒け貧困を楽しむ
先程投稿した記事と関連して、一時期、妹が父の手料理を貧乏料理と軽蔑していたことがある。質素な和食を貧乏呼ばわりした。幼少期、両親から「うちは貧乏だから」と言われていた。僕もずっとそれをコンプレックスにして生きてきた。最近 ... » more
テーマ 随筆

誰か除草剤を撒け反動
蛙の子は蛙と言うように、子は性格や趣向について親に似るものだが、全く正反対になることも多い気がする。例えば、幼少期、親からあまりアニメを観させてもらえなかった子どもは大人になって深夜アニメにのめり込むように。先日、実 ... » more
テーマ 随筆

カエルの歌随筆<ダイエット>
随筆<ダイエット> 先日、車椅子の申請をする為に必要な医師の診断を受けに、保健所に出かけた。6年前に交付してもらった車椅子がやけに重たくて、十年以上使った古い車椅子に、私は最近まで乗っていた。この車椅子は軽くて乗り心地がよく、障害を忘れるくらい私の体に ... » more
テーマ 随筆  コメント(6)

吹上随想夢二ふたたび
マツヨイ草をヨイマチ草と誤って言うようになったのは、竹久夢二の歌詞のせいらしい。待てど暮らせど来ぬ人を・・・・・・「宵待草」の歌詞の作者、竹久夢二。来ぬ人は「おしまさん」資料によると、画家恩地孝四郎宛の手紙に僕は、ほ ... » more
テーマ 随筆

吹上随想幼年期
瀬戸内海の一隅、古い港町。広島県尾道市土堂1丁目。山陽本線に沿って煤けた甍家がつづく、蒸気機関車が尾道の駅を離れて行く。東京は遥か遠かった時代でした。右手に尾道水道、左手に線路から直ぐに山になる。港には、島周りのだるま船が頻繁に ... » more
テーマ 随筆

『12年目のパリ暮らし』中村江里子 中村江里子の『12年目のパリ暮らし』(2013年10月3刷)を読みました。BOOKデータによると、<22時を過ぎても始まらないディナー、カヴァリエなギャルソン、約束の時間に平気で遅れるパリジェンヌ、いきなり服を脱ぐよ ... » more
テーマ 随筆

吹上随想名古屋周辺
東海道有松の宿、ここに有松絞りが今もある。西、三重に伊勢型紙。伊勢もめんがある。もめんの着物です。常滑。瀬戸。岐阜へと飛ぶと、志野の里です。織部。西へ伊賀。北へ足を延ばせば加賀。加賀友禅。すぐ目と鼻の先に、能登があります。能 ... » more
テーマ 随筆

吹上随想閑話休題
内田栄造百閧ニ云う人面白き人黒沢明監督「まーだだよ」の主人公にして、知名。随筆家。大の猫好き。ブログに借用させてもらった、「のらや、のら」は、随筆のいちタイトルですが、それら随筆のなかで、百關謳カ不思議などんぶりの食べ方をする。 ... » more

吹上随想釣り人
前浜まで、下駄履きで五分ほどだが、釣りに行くとなればそおはいかない。今日の潮ではどの場所、どこの潮の流れが好いのか、前の晩から考える。十分、三十分自転車を漕ぐのも厭わない。冬の磯、春の岩場、夏の夜釣り、秋の終日潮の流れを追って、釣り人は ... » more
テーマ 随筆

吹上随想書きたい題材
書きたい題材がいっぱい。その為に資料もいる。搔き集めては、作品に浄化したい。舟橋聖一氏の、悉皆屋康吉この小説を題材に一文がならないか。京都祇園に「顔師」と呼ばれる男仕がいる。舞妓、芸子の化粧をし、着付けをする。そうした ... » more
テーマ 随筆

吹上随想のらや、のら。その2
夜、ひとしきり見回りと夜会を終えて、帰って来るのは明け方で、私が玄関の戸を十センチほど開けておくと、程無く帰ってくる。「ミャー」朝の挨拶だろうか。カリカリを、米びつの軽量カップでひとすくい、野良皿に盛ってやる。私の顔をちらっとみ ... » more
テーマ 随筆

吹上随想着物の着付け
ある女性の、着物姿の写真を数十枚見せていただく。何故美しいのか、写真に見入りながら考えてみた。着付けには、女性の品格がにじむものらしい。帯の位置、高さにある。剣道に、上段、中段、下段があるが、自然体の構えは中段にあり。切っ先 ... » more
テーマ 随筆

吹上随想のらや、のら(その1)
平屋の一軒家。南は小さな庭があり、北側には、家庭菜園の出来る土地がある。と言っても車二台分の車庫ほどのスペースです。ここに、引っ越して来て間も無くのこと。野良が玄関前に寝そべっている。私が来る前からの、午後の昼寝の居場所らしい。 ... » more
テーマ 随筆

 

最終更新日: 2018/10/14 15:46

テーマのトップに戻る