誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    たたら

たたら

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: たたら
テーマ「たたら」のブログを一覧表示!「たたら」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2    次のページ
製鉄の歴史4000年、興味深いものがある。 素材として4000年もの間使われ続けた鉄。当たり前だがその製法原理は昔から変わっていない。 しかし、和鋼の素晴らしさは格段であることを改めて認識する。 .. » more
テーマ たたら

日南町 -1754
「鶴瓶の家族に乾杯」という番組は好きな番組ですが、いつも観ているわけではありません。 I さんから、日南町が舞台になるという連絡をいただきましたので、「じっくり」観ました。 こういうロケ.. » more
テーマ たたら

たたら その7 <木次町>
 さて、大きく脇道に逸れてしまったが、ここで話を吉田町に戻したい。初めての菅谷山内訪問は、残念ながら到着に時間を要し日没間際となり、翌朝に再度出直すことになった。宿が心配であったが、三刀屋・木次と探し.. » more
テーマ たたら

 ここまで書いてきたが、たぶん読者は「たかが鉄じゃないか」と思われているに違いない。実は私も最初はそうだった。ところが鉄が次第に分かりはじめると、一挙に鉄のことが知りたくなる。鉄と言っても鉄の成分や硬.. » more
テーマ たたら

たたら その4 <施設長朝日さん>
 車を降りて責任者と思しき中年男性に挨拶をした。戴いた名刺には「菅谷高殿・山内生活伝承館 施設長」とあった。施設長(以降、朝日さん)は、四十代後半と思えるほど若く見えたが実際は自分と同年代であった。こ.. » more
テーマ たたら

たたら その3 <菅谷山内>
 菅谷山内に到着すると先客がいた。青テントに覆われた高殿の横に桂の大樹があり、その下の小さな空き地にマイクロバスが一台駐車していた。すでに見学が終わったと見えて、年配の男性集団が三々五々マイクロバスに.. » more
テーマ たたら

たたら その2 <吉田町菅谷>
 『砂鉄のみち』の冒頭は、司馬独特の文体で次の文章で始まる。  あたり前のことだが、私は民族と言う、意味ありげな呼称で呼ばれる  人間の集団に、少しも神秘性を感じない。  ただ、多少の奇妙さ.. » more
テーマ たたら

 菅谷のタタラを見たいと思ってから、かれこれ30年以上になる。  車は島根県の県道40号線の山塊を縫うように走っている。行く先は島根県雲南市吉田町の菅谷タタラである。湯抱で斎藤茂吉記念館を訪ね粕.. » more
テーマ たたら

但馬に来てから、古代製鉄の遺構が どこかにないかと探していた。 新羅から但馬へ渡来したアメノヒボコは、 製鉄技術も携えてきたと伝えている。 まあ、アメノヒボコの物語は置いておく.. » more
テーマ たたら

「宮本鍛冶山内遺跡」を訪ねる
今回の目的地の1つ、「宮本鍛冶山内」を訪ねる。 アクセスは国道9号線から県道286号に入り「智呑」という集落からさらに枝谷に入る。 地図にも印がなく、はじめて行くものにとってはたいそうわかり難い。.. » more
テーマ たたら

早朝、弓ヶ浜を散歩していると、 弓ヶ浜のなりたちを説明した興味深い看板に出くわした。 弓ヶ浜は奈良時代以降、 日野川上流の砂鉄採取によるかんな流しで、 海岸線が張り出し、 特に明.. » more
テーマ たたら

この9月に柏原市立歴史博物館を見学した折に、 大県の製鉄遺跡と、そのそばの 鐸比古・鐸比賣(ぬでひこ・ぬでひめ)神社のことが とても気になっていたので、 行ってみることにした。 .. » more
テーマ たたら

 
前のページ    1  2    次のページ

テーマのトップに戻る