誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    能登(日本道)への道

能登(日本道)への道

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 能登(日本道)への道
テーマ「能登(日本道)への道」のブログを一覧表示!「能登(日本道)への道」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4    次のページ
 黄☆印の金剛岬を出発した。  奥能登絶景街道に引き続き絶景となる東海岸を40分ほど走って、恋路海岸の見附島(軍艦島)に到着した。  見附島は自然が造り出した高さ約28mの無人島で、島.. » more

 ほぼ2時間かかって、禄剛埼灯台にたどり着いた。  「さいはてにて」のロケ地などを色々見てくればもう1時間はかかっただろうが、夕方までに七尾の宿泊ホテルに着くには、今のペースが適当である。 .. » more

 今日は能登半島の最北端最果ての地である禄剛埼灯台を目指し、それから能登半島の東海岸を南下して七尾に向かい、そこで泊まる計画である。  まず、新橋旅館から47km時間にして1時間ほどかかる、最北端.. » more

 今日の宿舎は、輪島川に架かる新橋近くに建っている新橋旅館である。  この旅館は一泊二食の6,640円で予約していたが、第一印象は値段相当の外観だった。  しかし、旅館の中に入ると館内.. » more

 昨日は千枚田を上から眺めただけだったが、今日は実際に千枚田の中を歩いてみる。  忙しい旅をしていると、絶景という表面の美しさだけを見るだけで終わって、本来もっと楽しく千枚田の実際の姿を味わう.. » more

 不完全燃焼のまま輪島市街に戻り、やぶ新橋店で昼食とした。  この店は輪島では有名で、蕎麦のほかに海鮮丼などもメニューに並び、いつも大賑わいとなっているとのこと。  今日は1300円の.. » more

 これから、津村希一家が住んだ桶作家のある輪島市の大沢地区に向かう。  出発はレンタカーの停車している住吉神社で、目的地は真垣の里として有名な大沢地区の中ほどにある田中屋旅館である。 .. » more

 朝ドラ「まれ」の街中のロケ地巡りの続きである。  ロケ地巡りは、みなと橋から住吉神社、そして黄で塗られた鳳至上町通りへと続く。  ここはみなと橋で、ここで高校時代の紺谷圭太が津村希に.. » more

 朝ドラ「まれ」の街中のロケ地巡りの続きで、キリコ会館に行った。  ここでは能登の伝統的な夏祭りである「キリコ祭り」に実際に使われているキリコの展示や、神事の紹介をしている。  キリコとは.. » more

 朝食の後は、朝ドラ「まれ」の街中のロケ地巡りということで、まず輪島川に架かる「いろは橋」を見に行った。  黄矢印で示した黄枠のなかの橋である。  この橋は、輪島高校に通う津村希の通学.. » more

 時国家から、今日と明日の宿泊地となる朝ドラ「まれ」の主要な舞台でもある憧れの輪島の街に戻った。  ヨットのメモリアルの後ろに見えている建物は、一度は宿泊を考えた「ホテルルートイン輪島」で、宿.. » more

 「塩の駅」から5~6分走って、「時国家」に到着した。  この江戸時代には加賀藩に属していた「時国家」と、そのあと訪問する幕府と関りがあった土方家に属していた「上時国家」(後に天領となる)は、.. » more

 
前のページ    1  2  3  4    次のページ

テーマのトップに戻る