誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    独白

独白

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 独白
テーマ「独白」のブログを一覧表示!「独白」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ
My Way 6
紋次郎のロマンティズム 紋次郎も子連れ狼の拝一刀も 高度成長時代只中の その果実に群れない 逆説的なシンボルでありヒーローだったとも言える 今太閤と言われた田中角栄が日中国交を回.. » more
テーマ 独白

My Way 5
歩きながら俺は考えた 何故、天涯孤独、無宿渡世の木枯し紋次郎に、たとえそれが架空の創作人物であったとしても(俺のなかの紋次郎で十分だ)、強烈な憧れと希望を見るのだろうかと 紋次郎とは何.. » more
テーマ 独白

My Way 4
乾いた空を見上げているのは誰だ お前の目に焼きついたものは 化石の街 愛のかたちが壊れたときに 残されたものは出発(たびだち)の歌 さあ今 銀河の向こうに 飛んでゆけ 乾.. » more
テーマ 独白

My Way 3
ステーキとワインでテカテカした額の艶福家の爺さんの 昔話も聞いてやれ 功成り名を遂げた男の 酒と薔薇の日々 多少のナルシズムは 長い風雪を経てきた今だから ご愛嬌だと思ってやれ .. » more
テーマ 独白

My Way 2
木枯し紋次郎 (中村敦夫 主演) 芥川隆行・エンディングナレーション 木枯し紋次郎 上州新田郡の貧しい農家に生まれたという 十歳の時故郷を捨て その後一家は離散したと伝えられる 天涯孤独な紋.. » more
テーマ 独白

My Way
多くの賭場を渡り歩き いくつもの山河を越えてきた 長居をした宿場も有れば 早々に退散したところもある 四十一までは一所に懸命だったが その後は渡世の道に入った 何故その一所を捨.. » more
テーマ 独白

夏至過
コロナ禍もまた、疑心を残して過ぎ去りつつある 人々の疑心はマスクやアルコール消毒やソーシャルディスタンスに明らかな痕跡として形骸化され、流行廃れたファッションのように無感動に表明され、極めて狭い.. » more
テーマ 独白

終わりなき暗雲の下で、そぞろ司馬遼太郎の「燃えよ剣」を読めば そこには眩しい白金のような言葉がつづられている 大政奉還がなされ、慶喜は将軍職返上を朝廷に申し出ている。いまや新選組は落日.. » more
テーマ 独白

疫病と新選組
幕末史に一種異様な光彩を放つ新選組の結成には、近藤勇、土方歳三も気付いてはいなかったであろう奇妙な伏線があった。 ハシカとコレラという二つの流行病が彼らをして京都に走らしめた。 文久二年(18.. » more
テーマ 独白

緊急事態宣言が全面解除された日に期せずしてカミュの「ペスト」を読み終えた。時を経てコロナ禍に混乱を続ける世界の今は、米中対立、中国禍といった事の背景を除けば、ペスト菌が新型コロナウイルスに変わろうと、.. » more
テーマ 独白

翔ぶが如く
司馬遼太郎「翔ぶが如く」全十巻 読了 解説で東大教授の平川祐弘が、日本文学史を大観するならば、「平家物語」や「太平記」の系譜に連なる作品と呼べるかもしれないと結んでいる。すでに大衆小説ではなく歴史小.. » more
テーマ 独白

新しい時代
数年前までよく利用した駅前のロータリーに面した珈琲ショップ 日差しを遮り、プライバシーを守るためにガラス窓に貼られたであろうシート越しの街 非常事態宣言下に社会活動が大幅に低下した街の背後.. » more
テーマ 独白

 
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ

テーマのトップに戻る