誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    越前と若狭の旅

越前と若狭の旅

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 越前と若狭の旅
テーマ「越前と若狭の旅」のブログを一覧表示!「越前と若狭の旅」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5    次のページ
 敦賀にいるが、ここに来ると渤海(698年〜926年)のことを思い出す。  渤海は、建国以後唐や新羅の勢力を牽制する目的で日本への遣使を行っていて、この渤海の日本への海上交通は「.. » more

 昼食を食べたあと、「三方五湖レインボウライン」を降り、1時間程かけて敦賀まで走り、敦賀の気比神宮に午後2時ころに到着した。  敦賀の気比というと、高校野球の強豪校である敦賀気比を思い.. » more

 これから絶景で有名な「三方五湖レインボウライン」に向かう。  ラインは全長11.24kmあり、標高400mの梅丈岳を縫うように走り、ライン眼下から五湖の絶景が見渡せる有料道路である。.. » more

 三方五湖は、福井県三方郡美浜町と同県三方上中郡若狭町に跨って位置する5つの湖の総称で国指定の名勝となっていて若狭湾国定公園に属している。  三方五湖を一覧表にすると、このような表とな.. » more

 小浜公園展望台を降りて、黄星印のホテルアーバンポート前を通り抜け、南川と北川の中洲にある黄矢印の小浜城跡を目指した。  南川を渡り北川も渡ってからようやく行き過ぎたことに気付き、北川に.. » more

 「ホテルアーバンポート」は、今回の越前と若狭の旅では一番格の高いホテルだったと感じている。  従業員を集めての夕方の集まりと朝の集まりを垣間見たが、女社長のホテル業にかける気概と気合が半端で.. » more

 若狭国分寺跡を発ち、小浜市に入った。  昼食をどこでとろうか迷ったが、黄星印のフィッシャーマンズワーク2階にある「レストラン海幸苑」に決めた。  午後1時半になっていた。 .. » more

 熊川宿から小浜を目指して鯖街道を引き続き走り、その途中で明通寺の国宝である三重塔と本堂を見学したが、ここは省略する。  その代わり、福井県立若狭歴史博物館と若狭国分寺跡を見学したので紹介する.. » more

 鯖街道を走って行くと、「御食国(みけつくに)」という言葉に出会った。  御食国とは、古代から平安時代まで、皇室・朝廷に海水産物を中心とした御食料(穀類以外の副食物)を貢いだ国のことで.. » more

 海津は西近江路と湖上交通の要衝として栄えた宿場町であり、同時に港町でもある。  この通りをこのまま進んで行くと、琵琶湖湖岸側に風や波から家を守るために造られた石積みが目に入って来た。.. » more

 西近江路を海津に向かって走っている。  この辺りは敦賀市追分で、もしかすると愛発関がこのあたりにあったのかもと思って、車を停めてしばらくあたりの風景を眺めた。  西近.. » more

 朝食前に少しの時間ではあるが、敦賀市の景勝地である気比松原を散策したので、気比の松原を紹介してから竹野旅館を出発とする。  気比の松原には朝の6時半頃に付き、ここを20分程ほど散策し.. » more

 
前のページ    1  2  3  4  5    次のページ

テーマのトップに戻る