誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    研修医講義

研修医講義

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 研修医講義
テーマ「研修医講義」のブログを一覧表示!「研修医講義」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ
Q:ASA-PS 分類とは?
A:米国麻酔科学会(American Society of Anesthesiologists:ASA)による術前身体状態(Physical Status:PS)の分類のことで、術前に、患者の健康状態.. » more
テーマ 研修医講義

従来の開腹手術に比べて、腹腔鏡手術は、手術侵襲が格段に少なくなったが、麻酔管理は従来と変わらず気管挿管で管理されていることが多いようだ。患者体位を頭低位(トレンデレンブルグ体位)とし、気腹を行うことが.. » more
テーマ 研修医講義

A:無呼吸許容時間(突然の無呼吸が発生して換気ができない場合に、重篤な低酸素血症が発生するまでの時間)に最も大きな影響を及ぼす因子は。 ① 機能的残気量(FRC) ② 肺胞酸素濃度 ③ 代謝率 .. » more
テーマ 研修医講義

SGA を介したファイバー挿管 【SGA 同士で比較】 挿管困難予想の麻酔患者で i-gel+Magill チューブと sILMA+ILMA チューブをファイバー挿管 挿管困難が予想される患者で.. » more
テーマ 研修医講義

当ブログでこれまでに紹介した「SAD を気管挿管用導管として使用した研究」のうち、「盲目的挿管」についての研究をまとめてレビューした。 1.気管挿管用導管としての声門上気道器具 i-gel と LM.. » more
テーマ 研修医講義

Q:NAP4 とは何か?
A:英国において手術室、救急室、集中治療室での 1 年間の麻酔中に発生した合併症を報告し検討した、これまでに行われた気道管理の主要な合併症に関する最大の包括的かつ広範なレビュー研究である。 英国.. » more
テーマ 研修医講義

現在、声門上気道器具は、少なくとも第一世代と、第二世代以上に分類されている。 第一世代とは、高度または特殊な特徴を持たない気道チューブだけを有している標準的な声門上気道器具。 第二世代とは、気道気.. » more
テーマ 研修医講義

Q:SGA とは?
A:supraglottic airway の略。SAD(Supraglottic Airway Device)と略されることもあるが、気道管理においては、素晴らしく「GLAD」である。代表格は、歴代.. » more
テーマ 研修医講義

これまで当ブログで紹介した記事から、外傷とトラネキサム酸に関連した文献をまとめて紹介する。 外傷患者でのトラネキサム酸の病院前投与の有効性:無作為化比較試験のメタ分析 著者らは、系統的レビュー.. » more
テーマ 研修医講義

気道の開存を維持しつつ、口腔内や鼻腔内に、はたまた気管内などに高流量の酸素を吹送し続けることによって、人工換気や自発呼吸がなくても肺胞の酸素化、そして、血液の酸素化を維持することができる。これは、単な.. » more
テーマ 研修医講義

これまで当ブログで紹介した記事から、人工膝関節置換術とトラネキサム酸に関連した文献をまとめて紹介する。 初めての人工膝関節置換術でのトラネキサム酸の使用: 周術期出血量に及ぼす影響 初回人工膝.. » more
テーマ 研修医講義

酸素飽和度の値が良好であることは、血中のヘモグロビンが十分に酸素化されていることを示すだけであって、今現在十分な換気ができているか、気道が開存しているか、肺内に十分に高濃度の酸素が存在するかについては.. » more
テーマ 研修医講義

 
前のページ    1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11    次のページ

テーマのトップに戻る