誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    死生観

死生観

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 写真・カメラ
テーマ「死生観」のブログを一覧表示!「死生観」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3    次のページ
先週に引き続き、映画「毎日かあさん」で共演した44歳永瀬、45歳小泉、45歳古田のほぼ同い年の3人が、“親子、家族、死生観”について語り合う。深い話しが進行する。 小泉は、子供のころ父親の会社が.. » more
テーマ 死生観

誰がサイを振る。。
日本テレビのドラマ「神はサイコロを振らない」を見てる。 妙だと思うのがマイクロブラックホールに吸い込まれ、 10年後に吐き出された設定の登場人物達の意識が 何も変化していない点です。 .. » more
テーマ 死生観

四文字熟語
元のバイト仲間が四文字熟語を3つ!とメールを打って来た。 取りあえず即意妙答  色即是空  日々良好と答えた。 答えが返って曰く 一番目は人生に対する自分の姿勢。 二番目は恋愛に対する自分.. » more
テーマ 死生観

アイルランドのケルト精神の礎はこちら。 精神的であること・・ 魂の永遠であることを知り、 その輝きを双眸に見い出そうとすること 親愛の神秘 五感の精神性 輝ける孤独 労働―成長の.. » more
テーマ 死生観

痛快な本だ。誰によいしょすることなく、歯に衣を着せない語り口がいい。 「死ぬことは生まれる前の世界に帰ること。 そこには苦しいこともナーンにもない。 生きてゆくのは結構めんどうくさいから.. » more
テーマ 死生観

『死までをどう生きるかは各人の勝手だ。 そこにその人のひととなりが現れるのは避け難いが、 自若として死のうと、泣きわめいて死のうと、死に軽重はない。 ただ生き残った者にそれをあげつら.. » more
テーマ 死生観

直前のページで引用した山田風太郎の戦時中の日記とは、まさに正反対の死生観を示す一文に遭遇した。 <「玉砕で生き残るというのは卑怯ではなく、〝人間〟として最後の抵抗ではなかったか」という独白は、.. » more
テーマ 死生観

山田風太郎『戦中派虫けら日記』の残るページで気になったのは昭和19(1944)年7月18日の日記。サイパン玉砕が報じられた日である。 <どこかのラジオが大本営発表を伝えていた。 「およそ闘.. » more
テーマ 死生観

山田風太郎『戦中派虫けら日記』の昭和18(1943)年3月3日は、まだ満21歳の若者に過ぎない山田が、いわば当時の日本人全体を代表して、インド独立運動の指導者であり、欧米列強と闘うアジア人の代表でもあ.. » more
テーマ 死生観

先日、アメリカのテレビシリーズCSI:NY(の2だったか)のDVD数枚分をまとめて見る機会があった。家人が借りていて、何日も返却日を過ぎていたのを返す前に見ておこうとして。 一話に二つの死体にま.. » more
テーマ 死生観

バリの死生観
まだバリの話の続きです (〃ー〃) バリで聞いた話ですが、バリの人は50歳くらいで仕事をやめて 隠居しちゃうことが多いそうです。 バリではヒンドゥー教が信仰されています。 ヒンドゥー.. » more
テーマ 死生観

偽善者の自省と嘆き
偽善者の自省と嘆き 自分では人は人の為に生きるのが一番良いのだと書いたり言ったりしているけれども、 実際には自分の行動を律することさえ出来ない情け無い存在なのであります、 家族からは家ではテレビ.. » more
テーマ 死生観

 
前のページ    1  2  3    次のページ

テーマのトップに戻る