誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    戦記

戦記

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「戦記」のブログを一覧表示!「戦記」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「戦記」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「戦記」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

未来の素現実と、物語の狭間に
現実と、物語の狭間に 新しい年だ。始まりの年。記憶のマッピングを超えて、思考の可能性を拡大する年。新たな価値を創る芽が生まれる年。私たちが世界を創るには、科学と技術と物理的な物を造る力、それと未来の価値を正 ... » more
テーマ 戦記 未来 小説

未来の素海戦
海戦 物語の続き。セルカト・メルキト連合海軍からの砲弾は、予想外の距離から撃ち込まれた。いや、ドルビリア艦隊との距離自体が急速に近づいていたために、そう感じられたのかも知れない。セルカト主力艦の両翼に展開し ... » more
テーマ 戦記 小説

未来の素ぐるぐる
ぐるぐる 雨上がり。街が、賑やかさを取り戻し始めるときカタツムリは、再び夢の世界に。◆◇◆◇◆◇◆◇◆物語の続き。セル ... » more
テーマ 戦記 自然 小説

未来の素ディレミアの戦い2
ディレミアの戦い2 戦記のつづき◆◇◆◇◆◇◆◇◆セルムは老将の言葉に耳を疑った。『どういうことです?』ルクスフィッターは怒りに浅黒い顔を紅潮させて叫んだ。『その役立たずの鉄屑で早く奴らを ... » more
テーマ 戦記 小説

未来の素ディレミアの戦い
ディレミアの戦い つづきの話、なんと前回から1年経ってしまった。マシーモをめぐる第一次帝都大戦の期間は地球の時間では約1年半。実際の時間より遥かに長くかかっている物語っていったい・・・。◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ... » more
テーマ 戦記 小説

未来の素ふたり
ふたり 戦記の続き。バイオリンの音色、聴いてたら書きたくなった。この音は、特別なんだ。◆◇◆◇◆◇◆◇◆城壁の無いディレミアの城下の町をかすめて伸びる光の筋を、ザレン・スピナーは少しの間、見つめて ... » more
テーマ 戦記 小説

未来の素作戦会議
作戦会議 4/1限定のGoogleのぼうけんマップ見た?見てたら何だか日本全国の冒険マップを本当に作りたくなっちゃった。けど、今はその時間はないから、代わりに昨年途中で中断してしまってる戦記のマップを載せることにするよ。暖 ... » more
テーマ マップ 戦記 小説

未来の素彼方からの反撃
続きの話。二ヶ月も間が開いてしまったが。◆◇◆◇◆9式が、耳障りな金属音を上げる。その高音は次第に低い唸りに変わり、機体の中心部がぼんやりとした光を放ち始めた。ホゴシャが命じる。 ... » more
テーマ 戦記 小説

「臆病者のノーズアートに込められたもの」RAISE/新谷かおる ごめんなさい。1ヶ月以上ブログをほったらかしてしまいました。現在「お盆前進行」で目の回るような忙しさです。お盆と言えば、今年ももうすぐ終戦記念日がやってきます。かつてその戦争を描いた「戦記物」がもてはやされた時代がありました。第二次世界大戦 ... » more
テーマ 新谷かおる 漫画 戦記  コメント(2) トラックバック(1)

DN2研ハワイ真珠湾・陸軍博物館
ハワイ真珠湾・陸軍博物館 7月24日〜30日ハワイ・オアフ島に行って来ました。会社のイベントや小さな子供を連れての旅なので、自分の行きたい場所にはなかなか行けなかったのですが、それでも真珠湾と陸軍博物館に行って着ました。真珠湾は時間の関係上、アリゾナメモリア ... » more
テーマ 戦記 旅行/料理  コメント(1)

未来の素砲撃
セルカトの軍勢は、次々にルキノアを越えマシーモ国内に侵入してくる。その先陣をきってディレミア城下の街に突進して来るのは、セルカトが誇る重騎兵隊である。嘗ての戦いでレセタ軍の猛攻を防いだセルカト王直轄の部隊。選りす ... » more
テーマ 戦記 小説

未来の素セルカト軍の侵入
セルカト軍の侵入 マシーモの国章は金色に輝く太陽である。それは国内の至る所に咲く花の姿からもイメージされる。嘗て強大な力を誇りカデレナ大陸の外にまでその名を轟かせた帝国。その力は今や歴史の中に埋もれつつある。しかし、輝く芽 ... » more
テーマ 戦記 小説

未来の素エネルギーに関する鼎談
今日は、カデレナ大陸から特別に10分間だけ、お二人のゲストに来て頂きました。マシーモ帝国の軍師で在られますルティードさん、それからガッコー自治国の議長を長年務められて居られますラザノートさんです。お二人には現在の日本の状 ... » more

未来の素カデレナ大陸(東南域)
カデレナ大陸(東南域) 続きの話。あまりにも更新が遅すぎるため、人名とか地名が頭の中で混乱してきた。間違って書いてしまったりするので、これまでに登場した部分の地図を載せておこう。カデレナ大陸の東南域。マシ ... » more
テーマ マップ 戦記 小説

未来の素戦いの前夜
続きの話。ツイッターには連携せず密かに更新中。◆◇◆◇◆ルキノアから撤退したセルカト軍は、陣容を整えマシーモ国境へ再度進攻を開始した。この間、ルティードの策によって大敗を喫した将軍ルクスフィッター ... » more
テーマ 戦記 小説

「日本のいちばん長い日 運命の八月十五日 決定版」  ノンフィクション「日本のいちばん長い日運命の八月十五日決定版」1965年ー1995年半藤一利著文藝春秋1995年6月25日第1刷2011年6月23日(木)読了岡本喜八監督の映画「日本のいちばん長い日」の原作。映画は随分前に観た記 ... » more

未来の素バシュナへの反撃
続きの話。・・・続きって、いつからだ。ツイッターには連携せず密かに更新。◆◇◆◇◆ジェド・フレインの第五中隊、機甲化騎兵隊は、壊滅的な打撃を受けた西域方面軍の残兵力を少しずつ集めながら、バシュナの ... » more
テーマ 戦記 小説

悲運の戦時日本商船(83) 昭和19年(1944)11月14日以降、首都「東京」は度重なる米機による空爆を受けていたが、昭和20年(1945)に入ると、特に規模の大きかった3月10日のいわゆる東京大空襲を始めとして、敵機は毎日のように日本本土の何処かに来襲していました ... » more
テーマ 太平洋戦争と日本商船 戦記  コメント(3)

悲運の戦時日本商船(82) 昭和20年(1945)6月に沖縄が米軍により占領されて以降、それまでにも増してB−29爆撃機による大空襲が連日のごとく日本各地を見舞い、その都度いくつかの都市が灰燼に帰しました。このような状況下においても大本営はあくまで本土決戦を唱えて ... » more
テーマ 太平洋戦争と日本商船 戦記

悲運の戦時日本商船(81) 太平洋戦争が終末期に近付いた昭和20年(1945)6月になると、日本の近海や本土沿岸においても米潜水艦や機動部隊艦艇などが跳梁跋扈し、国内近距離の港湾を結ぶ航路上で多数の輸送船が撃沈されるところとなっていたが、今回はそれらについての若干例を ... » more
テーマ 太平洋戦争と日本商船 戦記

悲運の戦時日本商船(80) 昭和20年(1945)3月下旬に硫黄島の攻略を終えた米軍は、同年4月1日、沖縄本島(嘉手納)へ上陸、日本軍は徹底抗戦を遂行していたが日増しに敗色濃厚となりつつあり、更に日本本土へも東京始め主要都市へのB−29爆撃機による無差別爆撃が繰返され ... » more
テーマ 太平洋戦争と日本商船 戦記

悲運の戦時日本商船(79) 太平洋戦争が終末期に近付きつつあった昭和20年(1945)5月中旬、南部仏印・ハッチェン港からシンガポール向け航行中の日本郵船所属「鳥取丸」が消息を絶ちました。当時、これについてシンガポールの日本海軍当局より、シャム湾入口方面において敵潜水 ... » more
テーマ 太平洋戦争と日本商船 戦記  コメント(2)

悲運の戦時日本商船(78) 昭和20年(1945)4月頃になると、太平洋戦争は終末期の様相を呈するところとなりました。これより先の米軍を主体とする連合軍による沖縄上陸作戦は、米軍が慶良間諸島の座間味島などを昭和20年3月26日上陸占領、日本軍は沖縄諸島周辺の海上でも神 ... » more
テーマ 太平洋戦争と日本商船 戦記

悲運の戦時日本商船(77) 当テーマの前回(76)で述べた無謀な「特攻作戦」も確たる成果なく、昭和20年(1945)1月初旬以降、フィリピン全土とその周辺海域の制空および制海権は連合軍側に掌握されるところとなり、日本側にとってボルネオや仏印など南方方面との分断孤立を余 ... » more
テーマ 太平洋戦争と日本商船 戦記

悲運の戦時日本商船(76) 太平洋戦争<昭和16年(1941)12月8日〜昭和20年(1945)8月15日>において壮烈な日本軍による「特攻作戦」が行われたが、これが正式に軍の戦法として採用されたのはフィリピン・レイテ作戦からで、昭和19年(1944)10月21日にセ ... » more
テーマ 太平洋戦争と日本商船 戦記

悲運の戦時日本商船(75) これまで見てきたように、昭和19年(1944)秋から米軍を主体とする連合軍はフィリピン・レイテ島の日本軍との攻防戦に勝利、更に昭和20年(1945)1月初旬にはルソン島へ上陸し、着々とフィリピン全土の奪回支配作戦を展開していました。この ... » more
テーマ 太平洋戦争と日本商船 戦記

悲運の戦時日本商船(74) 当テーマの前回[こちら]で述べた沖縄防衛のための緊急輸送「カタ604」船団は、残念ながら所期の目的を果たし得ず途中で全滅しました。しかし、その後も先に当ブログの[こちら]で述べた「カナ804」船団、更には今回ご案内する「カナ304」船団を沖 ... » more
テーマ 太平洋戦争と日本商船 戦記

悲運の戦時日本商船(73) 昭和19年(1944)12月末において、フィリピン・レイテ島における米軍を主体とする連合軍と日本軍との攻防戦は、連合軍側の圧倒的勝利に終わり、昭和20年(1945)1月6日にはルソン島に米軍が上陸、その後米機動部隊も北上し各地が激しい空襲に ... » more
テーマ 太平洋戦争と日本商船 戦記

未来の素目蓋に映る景色
目蓋に映る景色 Twitter連携第八弾。今日のお題は、@muuumeさんに頂いた『まぶたからみえる世界』です。目蓋は、視界を遮る存在。そこに見える世界を見るというのは、自分の内面から発せられて目蓋で反射する景色を見るということだろうか ... » more

悲運の戦時日本商船(72) 太平洋戦争(昭和16年<1941>12月8日〜昭和20年<1945>8月15日)において、昭和19年(1944)の秋以降、フィリピン方面の海上決戦を終えた米機動部隊(第3艦隊)は昭和20年1月南シナ海に進入、日本と東南アジア方面ルートの遮断 ... » more
テーマ 太平洋戦争と日本商船 戦記

 

最終更新日: 2018/08/20 15:31

「戦記」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る