誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    ジョニ・ミッチェル

ジョニ・ミッチェル

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: ジョニ・ミッチェル
テーマ「ジョニ・ミッチェル」のブログを一覧表示!「ジョニ・ミッチェル」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2  3    次のページ
ジョニ・ミッチェル『For The Roses』
今月号のロッキングオンがジョニ・ミッチェルの大特集をしていた。 ジョニ・ミッチェルの大ファンかといえば、そうでもないのだが、もちろん彼女の素晴らしさは承知している。 アルバムだっていくつか持ってい.. » more

ジョニ・ミッチェル「ブルー」
ローリングストーン誌が選ぶ「歴代最高のアルバム」500選(2020年改訂版)のリストで一番意外だったのが、見事、第3位に選ばれたジョニ・ミッチェルの「ブルー」。 前回発表時の2012年版では.. » more

 これはこれまであえて避けてきたアルバム。ジョニのジャズへの傾倒は、今に始まったことではないし、ジョニの作り出す音楽にジャズは重要なファクターだということもわかっている。  ただ、それをあまりにも強.. » more

 久々に女性アーティストを・・・。72年リリースの通算5作目。 『宴』・・・ピアノのシンプルな弾き語り・・・しかし、メロディはジョニ節そのまま・・・。 『コールド・ブルー・スティール』・・・アコギ.. » more

 常に新しい分野に挑戦し続けているジョニ・ミッチェル。1970年リリースの3作目。 この頃のジョニはあくまで清楚なフォーク・シンガーという感じ。素晴らしい澄んだ歌声と知的な歌詞。そしてアコギの腕前・.. » more

 ジャケット・アートが似たタッチのアルバムをもう一枚・・・あっ、その前に今日予定していた[ファミリー]の残り三枚についてはいずれ取り上げることにして、今日はウエストコースト特集を急遽やることにした。理.. » more

 ジョニ・ミッチェルも70年代を代表するシンガー・ソングライターの一人。しかし、俺この人好きなんだけど、レビュー書くのはすごい苦手なんだよな。他にもトッドとかフランク・ザッパもなかなか適切な表現が見あ.. » more

 本当はスティーヴィー・サラスからP-ファンクを続けて聴こうかなと思っていたのだが、たまたま目についたのがこのアルバム【逃避行/ヘジラ】。76年リリースのジョニ・ミッチェルの傑作。 昨夜から天気.. » more

まずジャケット・アートが素晴らしい!! ジョニ本人が描いたものだ。画家としての才能はデビュー当初から評判だった。  ジョニ・ミッチェルは【ドンファンのじゃじゃ馬娘】【ブルー】に続いて3度目の登場。恋.. » more

 基本変則チューニングのアコギかピアノの弾き語り〔時々ダルシマーも使用〕。しかし、ジョニの頭の中ではすべてのバッキングの音がなっているのではないか。なんかそんな感じがする。  ジョニ・ミッチェルの7.. » more

9月21日はベーシスト、ジャコ・パストリアスの命日です。 1987年だったから、もう23年になるんですね。 僕は帰宅後、彼の死を新聞で知りました。 その晩遅く、大学の先輩(Mやん)に泣きながら電.. » more

 ジュディ・コリンズの『青春の光と影』を書いたジョニ・ミッチェルはカナダ出身のシンガー・ソングライター。当初フォーク色の強い音楽を指向していたが、徐々に音楽性を広げ、【レディース・オブ・キャニオン】と.. » more

 
前のページ    1  2  3    次のページ

テーマのトップに戻る