誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    高千穂鉄道

高千穂鉄道

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 高千穂鉄道
テーマ「高千穂鉄道」のブログを一覧表示!「高千穂鉄道」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1  2    次のページ
アマテラスオオミカミ 「天照大神」の天孫降臨の地、 高千穂への架橋である高千穂鉄道が、 集中豪雨からまだ、復旧工事から程遠いと聞きました。 世界中から注目の集まる令和。 経済効果は、はか.. » more
テーマ 高千穂鉄道

天皇陛下は、 2019年4月30日、 アマテラスオオミカミ 「天照大神」に退位を報告されました。 大災害の多い平成でしたが、 被災者も、テレビでそれを観た国民も涙し、 励ましを受けまし.. » more
テーマ 高千穂鉄道

どんな旅    第37回目の旅で余った青春18きっぷ2回分で、3セクの甘木鉄道や高千穂鉄道(廃線)に寄り道しながら念願だった西南の役の史跡を訪ねた。  文章はほぼ妻宛のメールを転記。 初め.. » more
テーマ 高千穂鉄道

先日古本屋で、 鉄道100年記念 九州の鉄道の歩み という本を買いました。 当然、調査中の宮原線、松浦鉄道、高千穂鉄道のことが何か載ってないかと思っていたのです。 特に、先日までまとめていた論.. » more
テーマ 高千穂鉄道

今回で高千穂鉄道に関するものはいったん終わりにします。 現在、高千穂鉄道は運転を停止しています。 社員の多くは退職となって今の状況では再会することもできないようです。 しかし、今、「走れトロ.. » more
テーマ 高千穂鉄道

今回は、川木流駅の近くにある第一五ヶ瀬川橋梁を紹介します。 高千穂鉄道のことを書き始めたころに、「竹筋」?疑惑の橋脚があった場所です。 ここの橋脚もやはりコンクリートの打継ぎ部分から折れるよう.. » more
テーマ 高千穂鉄道

またまたひきつづき、第二五ヶ瀬川橋梁です。 橋脚が倒れ、落ちた鉄製の桁に銘板が確認できました。 見難いと思いますが、 鉄道省 活荷重KS12 図面?222 川崎車輌株式会社 .. » more
テーマ 高千穂鉄道

引き続き、第二五ヶ瀬川橋梁です。 倒れた橋脚は無筋コンクリートでした。(竹筋ではない!) 使用されているコンクリートの粗骨材は、40mmを超える川砂利が確認できます。 現在では砕石で20mm~2.. » more
テーマ 高千穂鉄道

前回に引き続き、第二五ヶ瀬川橋梁です。 前回は鉄製の桁に注目していましたが、今回は桁がのっていた橋脚です。 上の写真は全景ですが、手前にもう1本橋脚がありました。 奥の2本の橋脚は立っていますが.. » more
テーマ 高千穂鉄道

これは第二五ヶ瀬川橋梁の鉄製の桁です。 上の写真は橋脚が倒れたために、片側が落ちて川の流れによって少し流された状態で、レールがつながって垂れ下がっている状況がわかると思います。 下の写真は、中央部.. » more
テーマ 高千穂鉄道

また、高千穂鉄道の被害状況に戻ります。 写真は吾味駅の近くにあるコンクリートアーチ橋で、興地(くうち)橋梁です。 上は川側から見た状態で、何の変哲もない美しいコンクリートアーチ橋の姿を見せています.. » more
テーマ 高千穂鉄道

高千穂鉄道=旧国鉄高千穂線は、日豊本線延岡駅から分かれて、日之影を経て高千穂に至る延長53.5kmの鉄道ですが、日之影~高千穂間は戦後の1966年(昭和41)年に着手して、1972年(昭和47年)7月.. » more
テーマ 高千穂鉄道

 
前のページ    1  2    次のページ

テーマのトップに戻る