誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    装飾写本

装飾写本

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 装飾写本
テーマ「装飾写本」のブログを一覧表示!「装飾写本」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1    次のページ
  「ありのまま」を「ありのままに」描くのは、Millet (その他のバルビゾン派の画家)によって始まった、と、昨日書きました。   http://en.wikipedia.org/wiki/Bar.. » more
テーマ 装飾写本

今日の話は、なぜ、Illuminated manuscript の illumination (装飾)を、Da Vinci などの「風景」に続いてとりあげたか、です。  ルネッサンス期の「絵.. » more
テーマ 装飾写本

それでは、今日は、私の Illuminated manuscript 関係の本の中から、どのように illuminated されているか、画像で紹介します。  これらの画像は、smart ph.. » more
テーマ 装飾写本

昨日、Illuminated manuscript について Wiki の記事をいくつか紹介しました。そのとき、紹介し切れなかったことがあります。  「写本は修道院で多く行われていたが、12世.. » more
テーマ 装飾写本

 昨日は、Illuminated manuscript の中でも、もっとも有名な The Book of Kells を紹介しました。今日と明日は、全般的なことについて紹介します。  昨日、「Ill.. » more
テーマ 装飾写本

Da Vinci など、イタリアルネッサンスの「画家」たちが、注文主の依頼によって描いた「絵」の中に、「風景」を、ちゃっかり?と描いていることを、私なりに説明しました。   今日は、職業「画家.. » more
テーマ 装飾写本

 このところ、こともあろうに? 「美」の典型とされている「絵画」のことを、果たしてそれが「美」なのか、と疑っています。美術史家が読んだらなんというでしょうか。   そもそも「絵画」の専門家の画家.. » more
テーマ 装飾写本

 
前のページ    1    次のページ

テーマのトップに戻る