誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    モラハラ

モラハラ

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「モラハラ」のブログを一覧表示!「モラハラ」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「モラハラ」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「モラハラ」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

夫からのモラルハラスメントでズタズタに傷つき、苦しさにのたうち回っていたころ、親友(と思っていた人)につらさを訴えたことがあった。もしかしたらそれは愚痴にしか聞こえず、うざったく思われたのかもしれない。彼女は「でもあなた、これま ... » more
テーマ 所感 モラハラ

嵐のあとの日々夫婦
先日、むかし通っていたお稽古事の先生を囲む会があった。先生は何年か前にパーキンソン病を発症し、いまはもうだいぶ症状が進んでいる。立ち居振る舞いも一苦労で、何をするにも奥様の手が必要になっている。奥様はとてもよくできた方で ... » more
テーマ 所感 モラハラ

嵐のあとの日々子供
前回の記事を書きながら、つらつら考えた。こういうとき、子供がいれば安心していられるんだろうな、って。「歳をとっても子供の世話にはならないよ」という人は多い。でも、その方針をほんとうに最後まで貫いたとしても、それは生きている ... » more

人間はその人の能力を超えることはできません。無理をすると身心が壊れます。肉体の病気に罹り、精神が狂います。だから、お互いに遠慮しつつ、様子を伺って生きています。乳飲み子でも放って置かれるのに慣れると、泣かなくなります。歳を経るにした ... » more
テーマ 生き方 モラハラ 御恩報謝

嵐のあとの日々さあて、どうすべえ
前に勤めていた会社から、同窓会の案内が来た。といっても全社的なものではなく、いわば有志が仲の良かった人だけを誘って開催するプチ同窓会だ。数年に1度、不定期に開催されるこのプチ同窓会には以前から誘われていたけれど、モラハラ ... » more
テーマ 今日のできごと モラハラ グレイヘア・プロジェクト  コメント(4)

嵐のあとの日々めんどくさくて
やりたいことや、やらなければならないことはいろいろあるのだけれど、なんだか何もかもめんどくさくて、何もする気になれない。PCを前に、ただぼーっと時間をすごしている。たとえば、いま書いているこのブログ。これだって本音を言えば ... » more
テーマ 所感 モラハラ

決して、幼稚園児を馬鹿にするわけではありません。幼稚園児の中にも宗教観が育つ環境にあり、真剣に人生と対峙している男の子がいることを幼稚園の教員資格を持つ私は知っています。彼らに対しては尊敬の念を持って未来に素晴らしい活躍をされることを願って ... » more
テーマ 信心決定 生き方 モラハラ

嵐のあとの日々アナログのほうが安心
戸籍謄本に同封されてきた先方の役所からの書類によると、昨秋から住民票や戸籍謄本・抄本などはコンビニでも取得できるようになったんだって。そりゃいい。いちいち書類をそろえて郵送でやりとりする必要がない。そう思って調べてみたら ... » more

今年も戸籍謄本が届いた。というか、今年もわたしが取り寄せたんだけど。目的は、別居中の夫の生死を確認すること。個人的には、あいつが生きていようと死んでいようと、どっちでもかまわないんだけどね。完全に、まったくかまわ ... » more

うそだろ、いい加減きづいたら!目を覆うような虐待を受けながらも、虐待の主を庇う発言をする人たちって何?モラハラ、DVは支配やコントロールであり、加害者を肯定したら、そこから抜けられません。何で、殴る蹴るをするけど、いいときもある ... » more
テーマ 信心決定 モラハラ 法楽

本当は大切なひとに優しくしたいのに、裏腹なことをしている人たち見ているととても胸が痛みます。怒りや無視や拗ねる心の底にあるのは淋しくて甘えたい気持ちです。それを上手く表現できなくて、本人も気が付かずに、ネガティブな表現をしてしまいます。 ... » more
テーマ 生き方 モラハラ コミュ障

モラハラ加害者と被害者は親に自分は精一杯あなたの心身の面倒はみるけれども、本当に向かうべき先は別のものであると知らされてこなかった、ある意味、気の毒な人たちです。ある程度の温かな関わりが持てはしても、これが限界だと知らせてくれるいいか悪いか ... » more
テーマ 信心決定 生き方 モラハラ

嵐のあとの日々やけ映画
やけ酒、やけ食いというものがあるのなら、やけ映画があってもいいんじゃないか。そう思って、『エリック・クラプトン〜12小節の人生』を観てきた。やけになっている原因は、新しいPCの飼い慣らしだ。セットアップや再セットアップ用 ... » more

「あんたなんか産まなきゃよかった!」この映画の予告編は、このヒステリックな罵声から始まる。冒頭のそのシーンを観て、このせりふを聞いたとたん、この映画はぜひとも観なくちゃ、と思った。なぜならそれは、わたしが子供のころ、幾度 ... » more

一度十分に味わい切らなければ、ずっと引きずります。こんな言動を私に対してする人を私は悲しく残念に感じているという気分を味わうのはとても嫌ですが、それを通り越さないと本当の意味で、さよならできません。 おそらく、嫌なことをしてくる ... » more

偉人といわれる人たちが、家族や身近な人たちに冷淡だった話をよく耳にします。名利が得られるなど自分の手柄になることには必死ですが、それに忙しくて、何か話をしようとしても無視や後回しにされる例を沢山見聞きしていました。身近な人ほど大切にしなくて ... » more

嵐のあとの日々ひとまず一安心
血圧、血糖値、コレステロールと三拍子そろって高めのわたし。今回の検査でも、やはり基準値を超えていた。でも、薬を使って治療しているのは血圧だけ。高血圧は、30歳前後から降圧剤を飲んでいるんだから、いまさらどうしようもない。 ... » more

嵐のあとの日々8年半
久しぶりに、古い方のブログを更新した。といっても、脱出してからの経過年月を8年半に変えただけだけど。そう、脱出したのは2010年6月2日だったから、今日で8年半になる。なんだか大昔のような気がする。古い方のブログは、 ... » more

そんなものがないと初めから求めない人もいます。その中の多くは安寧の気持ちをペットなどに求めたりもします。一般の人と呼ばれる人たちです。自分がいい人だと思っているのがたちが悪いです。途中で世間的に上手く生きているような偽善者に魂を売り ... » more
テーマ 生き方 モラハラ コミュ障

余計な執着や比較を持つ人と、それを超え、そんなことでは安寧満足の内に生きられないことにきづいている人とでは住む世界が違うのです。だから相交わることはありません。途中で片方がきづいた場合、モラハラは逃れられますが、きづかない相手と違う世界で生 ... » more
テーマ 信心決定 生き方 モラハラ

自分自身をメタ認知できる能力があり、どうするか選べる知恵を持つ人達には、罪悪感を感じるのを拒否する生き方を選べます。そして楽に楽しく生きる方法として、他人に虐待し、責任を押し付け続ける生き方を選択します。こんなことをすると自分自身の魂を ... » more
テーマ 生き方 モラハラ コミュ障

分かり合おうとしても別の業を持っているので完全にわかり合うことはできません。歩み寄り、近づく事はできますが、それも限界があります。親や近しい人である配偶者や恋人などが話を聞いてくれたとしても、別の人間なので完全な一致をみることはでき ... » more
テーマ 信心決定 モラハラ 法楽

たぶん「黙れ!」とかいう暴言も、ストレスを晴らすどんな暴力も必要のない状況になります。ただ生きていてくれたらいい、何もしてくれなくても、言わなくてもいいから、穏やかにこの世に存在していてくれさえすればいいだけです。その人の存在そのものを ... » more
テーマ 信心決定 モラハラ 法楽

他人に対して云った悪口は、後で冗談だと言い訳されても、それは本心です。殴る素振りも同様、既に殴っています。後付けの、言い訳は絶対信じてはなりません。悪口をいう人、人に暴力を加える人は自分が悪口を言われるか、別のストレスで ... » more
テーマ モラハラ コミュ障 御恩報謝

人間は群れて生き、限られた例外を除いては、一人では生きられない生き物です。他人との関わり合いの中で、本当に価値のある物を見つけます。そこにたどり着くまで、かなり長い距離を要します。方便として、孤独を誰かといることで紛らわせよ ... » more
テーマ 信心決定 モラハラ 御恩報謝

これ、苦手。まず、ほかの人間に褒めてもらおうと思ったことが一度もない。容姿も、才能も、どこかへ行ったことも、珍しいものを食べたことも、ただ事実がそこにあるだけで、それでいい。承認もだけど、共感も、容認も、一致も要らない。みん ... » more
テーマ モラハラ コミュ障 無明

父―モラ夫 父の父―モラ夫またはモラハラ被害者 父の母―同上(モラハラ被害者の可能性大) 祖父母(先祖)−父の両親と同じ境遇母―モラハラ被害者 母の父―モラ夫またはモラハラ被害者 母の母―同上(モラハラ被害者の可能性 ... » more
テーマ モラハラ コミュ障 御恩報謝

私はいい人でも人格者でもありません。でも、極端な劣等感も罪悪感も持っていません。ありのままで好きなように生きています。中道を生きています。誰かが困ることや嫌がることはしないことにしています。誰かが泣いて悲しむのを見ているのは嫌だからです ... » more
テーマ 生き方 モラハラ 御恩報謝

真理と邂逅による自己の存在の肯定、死後も含めた未来への不安の解除を目指しましょう。これは宗教や思想がずっと言ってきたことです。それをアカデミズムなどと称して、モラハラする気の弱い、よう思い切ったこともできない奴らが腐りきってボロボロ ... » more
テーマ 生き方 モラハラ 御恩報謝

答えは簡単です。苦しんでいる人たちの救済を目的にしていないからです。だから、簡単なうつ病さえ治せません。もう少し説明します。人間同士の権力や利害関係のみを問題にし、そこ枠内を超えていないからです。 ... » more
テーマ 生き方 モラハラ 法楽

 

最終更新日: 2019/05/22 11:48

「モラハラ」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る