誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    尾瀬

尾瀬

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
RSSフィード RSSとは?
関連テーマはありません。テーマトップ
テーマ「尾瀬」のブログを一覧表示!「尾瀬」に関するみんなのブログを見てみよう!
» 「尾瀬」の関連商品とブログの評判・レビュー を探すなら商品ポータルで!
読みたいブログを検索
テーマ「尾瀬」の記事を新着順に表示しています。(1ページ目)

2019.06.03鳩待峠から尾瀬ケ原一周 2019.06.03鳩待峠から尾瀬ケ腹を一周しました。2週間前は峠から山の鼻まで銀世界でした。雪は気温上昇と大雨で一気に溶けたそうです。いたるところに洪水の爪跡があり、リュウキンカはほとんどみられませんでした。期待し ... » more

邂話§尾瀬初夏水芭蕉[9]尾瀬沼から大清水 [承前]今回の尾瀬行旅行記も最終回となってしまった。三平峠前後の残雪を見越して長蔵小屋を出たのは7時半。釜ッ堀湿原に咲くいい塩梅の水芭蕉を横目に三平下へと向かう。↓長蔵小屋ともお別れ↓そして小ぢんまりとし ... » more
テーマ 尾瀬 自然

邂話§尾瀬初夏水芭蕉[8]朝の尾瀬沼 [承前]一夜明ければ快晴の尾瀬沼である。目覚めたのは5時前、カーテンを開けて外を見たら雲一つない快晴だったので、朝食前の散歩と洒落こむことにした。この日朝の外気温は氷点下2度だと聞いた。↓湖面に水蒸気が薄く流れてもい ... » more

邂話§尾瀬初夏水芭蕉[7]長蔵小屋周辺逍遥 [承前]湿原を流れる小さな沢も満々と水を湛えて流れているのをあちこちで見た。茶褐色の湿原もほどなく緑へと変容していくことだろう。↓尾瀬沼北岸の沢↓尾瀬沼越しにお約束の皿伏山も大江湿原に着いたのは12時半ち ... » more
テーマ 長蔵小屋 尾瀬 自然

邂話§尾瀬初夏水芭蕉[6]白砂田代から尾瀬沼 [承前]下田代十字路から白砂乗越までのだらだら上りは……本当に苦手だ。眺望はきかないし、とにかく2時間を延々と上っていくだけである。↓せめてもの名残り至仏最近はもう諦めて、足を前に出していればいずれはたどり着くな ... » more
テーマ 尾瀬 自然 登山

邂話§尾瀬初夏水芭蕉[5]下田代で花探し [承前]雨もすっかり上がってくれたのはありがたや。朝食をしっかり済ませ玄関でのんびりモーニングコーヒーを啜る余裕もあった。身支度をして8時前には龍宮小屋を後に、まずは下田代十字路に向かうのだ。この日の歩程は3時間半ち ... » more
テーマ 水芭蕉 尾瀬 自然

邂話§尾瀬初夏水芭蕉[4]龍宮小屋へ [承前]山ノ鼻から1時間40分歩いて龍宮小屋にたどり着く。立ち止まったりしなければ、その半分くらいで歩き通せてしまうのだが、今回は意識して立ち止まり&振り返りを繰り返した。↓水が吸い込まれていく様が眺められる ... » more
テーマ 尾瀬 自然

邂話§尾瀬初夏水芭蕉[3]下の大堀水芭蕉 [承前]ヨッピ吊り橋への分岐から中田代が始まり、この日のメインイベントが近づいてきた。尾瀬ヶ原も三分の一を歩いたことになる。ここまで来ると、至仏山も燧ヶ岳も見栄えよく――インスタ映えってか?――山容を楽しめるのだ。 ... » more
テーマ 水芭蕉 尾瀬 自然

邂話§尾瀬初夏水芭蕉[2]上田代牛首 [承前]さても上田代である。自分的尾瀬行の比重において、尾瀬ヶ原の西半分の経験値は、下田代から尾瀬沼あたりの経験に比べれば、明らかに低いと言えるだろう。というわけで今回は、ルートマップ記載の歩行時間の倍近くをかけ、 ... » more
テーマ 水芭蕉 尾瀬 自然

邂話§尾瀬初夏水芭蕉[1]鳩待峠から山ノ鼻 [承前]東京の自宅を7時半過ぎに出て、片品村戸倉に着いたのが10時半前。戸倉からバスで30分ほど走れば鳩待峠に到着である。鳩待峠の標高は1591mで尾瀬ヶ原まではおよそ200mの下りである。休憩所前の広場には至仏 ... » more
テーマ 尾瀬 自然 登山

邂話§尾瀬初夏水芭蕉[0]5月28日〜30日 昨日の午後、2泊3日の尾瀬行から戻ってきた。そして、週明けから本格的に旅行記の連載を始めるが、とりあえず帰宅報告をしておく。そして2週間後には長旅が控えているので、それまでには連載が終わるよう、短期集中で臨みたい。 ... » more
テーマ 尾瀬 自然 登山

季語は・・・皐月尽ブナ林の 朝の名残りや 皐月尽付記:なお、今回の尾瀬山行記は週明けから集中連載の予定です。【去年の今日】汁話§ラーメンのスープは・・・・・・残す ... » more
テーマ 俳句 尾瀬

季語は・・・缶ビール尾瀬沼や 風吹き抜けて 缶ビール【去年の今日】唐話§ヱビス・ザ・ホップ2018の顛末 ... » more
テーマ 俳句 尾瀬 ビール

季語は・・・水芭蕉水芭蕉の芽吹きする 尾瀬中田代【去年の今日】率話§味覚のストライクゾーン ... » more
テーマ 俳句 水芭蕉 尾瀬

季語は・・・初夏拠水林 そして岩魚や 尾瀬の初夏【去年の今日】週話§日曜消息〜食パン専門店〜 ... » more
テーマ 俳句 尾瀬 自然

明日から尾瀬に行ってくる。去年は7月のニッコウキスゲだったが、今年は水芭蕉を見ておきたいので、ちょっと早めの5月下旬の尾瀬行とした。コースは去年とほとんど同じで、鳩待峠から尾瀬ヶ原泊、翌日は尾瀬沼泊の予定である。古傷 ... » more
テーマ 尾瀬 自然

尾瀬に初めて足を踏み入れたのは半世紀前、中学校2年の時だった。同級生2人と山好きだった理科の教師が付き合ってくれて総勢4人の尾瀬行である。夜行に乗って沼田へ。そこから東武バスで戸倉まで行った。鳩待峠からが楽に行けるという ... » more
テーマ 長蔵小屋 尾瀬 自然

皐話§2019年5月の予定あれこれ 月初めなので、東京一か月間の日の出&日没時刻から。4時台に入った日の出は、月末には4時半より早くなり、18時半前の日没は19時近くまで遅くなる……いよいよ、窓からの太陽光だけで入浴できる時季である。5月のお出かけ ... » more

清明の末候“虹始見(にじはじめてあらわるる)”である。尾瀬ヶ原では“白い虹”が見られるという。大学時代の夏休み2年間を尾瀬ヶ原の山小屋でアルバイトしたが、一度も白い虹を見ることはなかった。たぶんおそらく、中田代あたりでは見ら ... » more

先日、テレビで魚沼を中心に越後平野を取り上げていた。そこの主役は言うまでもなく“米”である。土地の人たちは、米の味に誇りを抱いて生きているのだ。それで思い出したのは、尾瀬の山小屋でアルバイトしていた時のことだった。197 ... » more
テーマ 尾瀬 日本

季語は・・・吾亦紅(われもこう)小屋閉めて 凍てつく帰路の 吾亦紅【去年の今日】過話§備忘録的な何か〜2017年11月7日付〜 ... » more
テーマ 俳句 尾瀬

季語は・・・晩秋晩秋の尾瀬 小屋閉めの板囲い【去年の今日】週話§日曜片々〜ウェールズ弦楽四重奏団〜 ... » more
テーマ 俳句 尾瀬

街話§神保巷塵[53]金教授とランチョン [承前]尾瀬愛が高じて病膏肓に入ってしまった金教授である。7月上旬に龍宮小屋で会って以降、8月下旬に入山したと思ったら、先々週日曜日から再び尾瀬の人となっていた。立派な“尾瀬病”である。実は9月下旬から10月にかけて ... » more

興話§一日一句〜奥の山と張りあって〜 季語は・・・竜胆(りんどう)竜胆が 精一杯の 背伸びかな【去年の今日】豚話§久々にとんかつを食した件 ... » more
テーマ 俳句 尾瀬

週話§日曜消息〜秋の空に〜 やっぱり一番好きなのは秋の空だ。雲一つない真っ青な空は、すきっとして本当に潔い。それに雲がアクセントとしてある様子は、何物にも代えがたい。鰯雲や鱗雲もいいが、秋の雲だったら何といっても巻雲だろう。上空で吹いている強い ... » more
テーマ 尾瀬

興話§一日一句〜既に晩秋〜 季語は・・・ゆく秋ゆく秋や 尾瀬裏燧 上田代【去年の今日】棲話§平屋の家がほしかった ... » more
テーマ 俳句 尾瀬

漂話§旅は徒然[2]尾瀬発見せり! [承前]ミュンヘンに向かう飛行機の座席は左窓側と決めている。その目的は羽田離陸後およそ20分後に現れる下界の風景を見たいがためなのだ。とはいえ、毎回毎回目にすることができるというわけでもなく、気象条件に左右される ... » more

[承前]尾瀬で出会った金教授は、神保町界隈好きでもあった。コーヒー好きな彼は、神保町でコーヒーを飲むことを楽しみにしていると聞いた。たぶん、学会や提携大学との交流とやらで頻繁に東京に来ている節があり、どうやらその都度 ... » more

一か月前、車で尾瀬に向かって家を出発したのが8時頃。小学校に登校する子どもたちをあちこちで見かけた。そんな“日常”の中を旅に出る自分がいて、ちょっと不思議な気持ちになった。やはり旅することは“ハレ”なのである。では、日常とは ... » more
テーマ 日常 尾瀬 私事

膝の靭帯を傷めたのは、たぶん1990年の秋の尾瀬の帰りのことと記憶している。三平峠から、その当時はまだもう少し体力もあったのと、下りには自信があったので軽快に下りていって、岩清水を過ぎたあたりから靭帯に痛みを覚えた記憶が ... » more

 

最終更新日: 2019/06/15 13:20

「尾瀬」ブログのユーザランキング

テーマのトップに戻る