誰でも作れる機能充実のブログが無料
  1. ブログ 無料のウェブリブログ|トップ
  2. テーマ
  3. テーマ「

    梅木達郎

梅木達郎

ブックマーク はてなブックマークに追加 Google Bookmarks に追加 Yahoo!ブックマークに登録 ライブドアクリップに追加 イザ!ブックマーク Buzzurlにブックマーク
テーマ: 梅木達郎
テーマ「梅木達郎」のブログを一覧表示!「梅木達郎」に関するみんなのブログを見てみよう!
読みたいブログを検索
前のページ    1    次のページ
ジャン・ジュネ『シャティーラの四時間』(鵜飼哲/梅木達郎=訳)、インスプリプト、2010年  昔の『インパクション』51号でしか読めなかった、ジュネ、伝説のルポルタージュ。インタヴューや.. » more
テーマ 梅木達郎

梅木達郎、『支配なき公共性ーーデリダ・灰・複数性』、洛北出版、2005年、他  2005年に梅木さんが亡くなってから5年が経ちました。ミシェル・ドゥギーの来日のお知らせもありましたし、ま.. » more
テーマ 梅木達郎

ミシェル・ドゥギー『愛着――ミシェル・ドゥギー選集』、丸山誠司訳、書肆山田、2008年 ミッシェル・ドゥギー、『尽き果てることなきものへ――喪をめぐる省察』、梅木達郎訳、松籟社、2000年 .. » more
テーマ 梅木達郎

今福龍太・吉増剛造『アーキペラゴ――群島としての世界へ』、2006年 今福龍太、『群島-世界論』、岩波書店、2008年  先日、東大UTCPで「群島的思考――日本における移動する理論」.. » more
テーマ 梅木達郎

梅木達郎、『放浪文学論――ジャン・ジュネの余白に』、 東北大学出版会、1997年  また梅木さんについて。  彼は、デリダと、そしてジュネに没頭していた。ジュネのなかに、重要な主題を.. » more
テーマ 梅木達郎

◆ジャック・デリダ、『火ここになき灰』、梅木達郎訳、松籟社、2003年 ◆ミッシェル・ドゥギー、『尽き果てることなきものへ――喪をめぐる省察』、梅木達郎訳、松籟社、2000年 ◆ミシェル・ドゥギー.. » more
テーマ 梅木達郎

梅木達郎、『支配なき公共性ーーデリダ・灰・複数性』、洛北出版、2005年  宮崎裕助『判断と崇高』を取り上げたついでに、梅木さんの『支配なき公共性』を再掲。 第一部  崇高論をめ.. » more
テーマ 梅木達郎

宮崎裕助、『判断と崇高――カント美学のポリティクス』、知泉書館、2009年  本書の主題にも副題にも明示はされていないが(しかし知る人が見れば明白かもしれないが)、本書は狭義のカント研究.. » more
テーマ 梅木達郎

梅木達郎『サルトル――失われた直接性をもとめて』NHK出版、2006年  前回紹介した金泰明氏の著作を読んで、梅木さんの『サルトル』を読み返した。  というのも、NHK出版の担当編者が.. » more
テーマ 梅木達郎

梅木達郎、『支配なき公共性ーーデリダ・灰・複数性』、洛北出版、2005年  『『明るい部屋』の秘密』に収録された梅木さんの「現前という狂気」を読んで、『支配なき公共性』のほうも結局読み返.. » more
テーマ 梅木達郎

青弓社編集部(編)、『『明るい部屋』の秘密ーーロラン・バルトと写真の彼方へ』、青弓社、2008年  ロラン・バルトの『明るい部屋』(日本語訳はみすず書房)は、バルトの遺作にして、特異な写.. » more
テーマ 梅木達郎

 
前のページ    1    次のページ

テーマのトップに戻る